2017_02
01
(Wed)23:45

WOWOWで観た。

「マッド・ドライヴ」日本未公開(‘16年11月公開)
Kill Your Friends
ブリットポップが世界を席巻した1990年代イギリスの音楽シーンを背景に、業界で成り上がるために道を踏み外していく男の狂気を描いたサスペンススリラー。
ニコラス・ホルト ジェームズ・コーデン

この邦題はミスリード!!
音楽業界のシビアな舞台裏のお話しで、クレイジーでグロい。
同じイギリス映画「トレイン・スポッティング」みたいな陶酔感と似てるような、、、。
決して内容が悪いわけではないのに、「マッドマックス 怒りのデス・ロード」の音楽担当とニコラス・ホルトが主演ってだけで、こんなアクション連想させるようなタイトル付けて騙しでしょう!
★2.5

「フレンチアルプスで起きたこと」2015年公開
turist.jpg
フランスのスキーリゾートに休暇で訪れたスウェーデン人一家が、ある出来事をきっかけに一変する家族の危機を描く人間ドラマ。
第67回カンヌ国際映画祭「ある視点」部門審査員賞を受賞。

これはスゴク面白かった。
楽しいはずの旅行中、ある「不可抗力」な出来事が起こり、不信感が募った妻は、じわじわと夫を責め、なかったことにしたい夫はどんどんと追い詰められていく(爆)
雪に覆われた真っ白な美しいスキー場の景色の中、このファミリーの空気感が何とも言えず、なんでしょ、男と女の思考回路の違いですか(笑)とても真面目な映画なのに可笑しいやら怖いやら。
女性なら妻目線で、男性は家族想いの父親を理想とされているでしょうから、他人事ではないかもしれませんね。
今は年齢的にも無理ですが、わたしは若い頃からスキーが大好きで、家族揃っても夫婦だけでもシーズンになると毎週スキーに出かけていたので、せっかくこんなに素敵な所に来ているのに、責めるのは帰ってからにして存分に楽しんじゃいますけどね(笑)
それに段々とこの奥さんが執拗に思え、極め付けのラスト、奥さんも旦那さんと同類なんではないか、何事も過剰反応し過ぎて、人も自分も追い込んでるだけではないのか、なんて思いました。
★4.5

「天使が消えた街」2015年公開
The Face of an Angel
イタリアで実際に起きたイギリス人留学生殺人事件を題材に描いた社会派ドラマ。
ダニエル・ブリュール ケイト・ベッキンセール カーラ・デルビーニュ

ミステリーやサスペンス色はあるものの、未解決なので犯人にはたどり着かず、この事件取材に関わった人のドラマでした。
「デビルズ・ノット」もそうでしたが、未解決事件の映画は、結局何が言いたかったのか釈然としません。
★3

「かけがえのない人」2015年公開
The Best of Me
ある事情から離ればなれになった男女の再会と恋の行方を描くラブストーリー。
ミシェル・モナハン ジェームズ・マースデン

人の数だけ愛がある。
そんな一つを淡々と観た。
ジェームズ・マースデン演じる男の親兄弟が最悪で、そちら側でのドラマ映画が観たいかも( ;∀;)
ニコラス・スパークスの映画化は、「きみに読む物語」以上のものは出てこない。
★3

「ナイト・ビフォア 俺たちのメリーハングオーバー」2016年公開
THE NIGHT BEFORE
強い絆で結ばれた幼なじみの悪友トリオが、最高の思い出をつくろうと、ニューヨークで一番のクリスマス・パーティに繰り出すが…。
ジョセフ・ゴードン=レヴィット セス・ローゲン アンソニー・マッキー

小ネタは満載ですね。
役者狙い、それだけ。
★2.7
 
「チャイルド44森に消えた子供たち」2015年公開
CHILD 44
スターリン独裁政権下のソ連を舞台に、国家が揉み消した連続猟奇殺人事件を巡り、エリート捜査官が恐るべき不条理に立ち向かうさまをスリリングに描く。
トム・ハーディ ゲイリー・オールドマン ノオミ・ラパス ジェイソン・クラーク ヴァンサン・カッセル

面白かったけど、何か物足りない。
★3.5

「アクトレス 女たちの舞台」2015年公開
SILS MARIA
流れゆく時間の中で、いつしかキャリアの岐路に立たされた大女優の葛藤と矜持を繊細な筆致で綴る。
ジュリエット・ビノシュ クリステン・スチュワート クロエ・グレース・モレッツ

良かった!
物語は単純ながら、キャスティングがピッタリで、あまり好きではないけどビノシュはやっぱり上手い。
全てにおいて‟若さ”全開のクロエ、クリステン・スチュワートは地味ながら凄く良い芝居をしていて、世代の違う3女優の演技が光っていた。
ロケーションと演出も見事だった。
★4.5

「Dearダニー 君へのうた」2015年公開
DANNY COLLINS
すでに絶頂期を過ぎたベテランミュージシャンが、ジョン・レノンからの手紙を受け取ったことで人生を見つめ直すヒューマン・ドラマ。
アル・パチーノ アネット・ベニング ジェニファー・ガーナー ボビー・カナヴェイル クリストファー・プラマー

ほのぼのして安定ある暖かい作品だった。
★3.7

「ボーイソプラノただひとつの歌声」2015年公開
BOYCHOIR.jpg
問題児だった少年が、ひとつの出会いをきっかけに、“ボーイ・ソプラノ”としての才能を開花させ、自らの運命を切り開いていく姿を描く。
ダスティン・ホフマン キャシー・ベイツ デブラ・ウィンガー

良くも悪くもキレイにまとめた王道作品。
恵まれない環境、類いまれな才能、飴とムチな指導者、意地悪なクラスメイト、昔あった青春学園ドラマっぽい。
★3

「靴職人と魔法のミシン」2015年公開
THE COBBLER
退屈な毎日を送る靴職人が、ひょんなことから靴の持ち主に変身する不思議な力を得たことで刺激的な体験を重ね、自らの人生を見つめ直していく姿をユーモラスに綴る。
アダム・サンドラー ダスティン・ホフマン エレン・バーキン スティーヴ・ブシェミ 

いつものアダム・サンドラーは封印。
ついでにブシェミさんもアクの強さを封印。
ちょっとハラハラするほっこりファンタジー。
★3

「素敵なウソの恋まじない」日本未公開
Roald Dahls Esio Trot
ロンドンのあるアパートで暮らす内気な老人が、下階に住む老婦に一目惚れ。
ペットのカメの成長が遅いことを心配している老婦にあるウソをつくが…。
ロアルド・ダールの児童向け小説のテレビ映画。
ダスティン・ホフマン ジュディ・デンチ ジェームズ・コーデン リチャード・コーデリー

ベテラン俳優二人がとってもチャーミング。
いくつになっても人生を楽しむ前向きな生き方が素敵。
優しく癒される映画だった。
★4.5

「トレヴィの泉で二度目の恋を」2015年公開
ELSA FRED
妻を亡くし生きる気力が失せた偏屈老人と、アパートの隣室で暮らす自由奔放な老女の恋の行方を軽やかに描くハートウォーミング・コメディ。
アルゼンチン・スペイン合作映画「Elsa y Fred」のリメイク。
シャーリー・マクレーン クリストファー・プラマー マーシャ・ゲイ・ハーデン

こちらも老いらくの恋(´▽`)
フェデリコ・フェリーニの「甘い生活」を大御所の二人がコラボするって、とっても粋な作品でした。
↑のダスティン・ホフマンとジュディ・デンチもそうでしたが、シャーリー・マクレーンとクリストファー・プラマーの素が滲み出てるようだった。  
★4

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック