FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

BURNT.jpg

パリの一流レストランでミシュランの二ツ星を獲得した伝説のシェフ、アダム・ジョーンズ(ブラッドリー・クーパー )は、私生活に難があり、突然姿を消して店を潰してしまう。
3年後、アダムは再起を図るため、かつて散々迷惑をかけた友人のトニー(ダニエル・ブリュール)を訪ね、自分を雇い入れる約束を半ば強引に取り付ける。
才能ある女性シェフのエレーヌ(シエナ・ミラー)や、かつての同僚ら最高のスタッフを集め、ロンドンで新しい店をオープンさせるが、過去のトラブルの代償が大きくたちはだかる…。


傲慢な性格が災いし、全てを失った元二ツ星シェフが、三ツ星を目指し成長していく姿を描く。

2016年 6/11公開 アメリカ映画
監督 ジョン・ウェルズ
{★★★㊦3/5}
腕は一流だが、トラブルや人間性の問題で何もかも失ったシェフ が再起を目指す料理ドラマ。
最近のブラッドリー・クーパーは病んでる役が続き、性格的な問題を抱える「世界にひとつのプレイブック」とどことなく被りましたが、コックコート姿はガッチリとしていて素敵でした(笑)
「アメリカン・スナイパー」で嫁を演じたシエナ・ミラー、「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」のダニエル・ブリュール、「最強のふたり」のオマール・シー、オスカー女優となったアリシア・ビカンダー、「シンデレラ」のリリー・ジェームズ、ベテランのエマ・トンプソン、ワンシーンだけでしたがユマ・サーマンと豪華なキャスト。

「マダム・マロリーと魔法のスパイス」と同じ脚本家だそうで、主人公の代償を強調したいのか、特に掘り下げもしない借金やアリシア・ビカンダーとの背景が余計な気がしたし、軽いテイストは散りばめられてるけど、素直に笑って良いのかどうか何となく戸惑ってしまった。
でも美しくて繊細な料理の数々が、まるでスポ根映画のような厨房から作られ、一皿一皿が料理人の真剣勝負、上下関係など厳しい中にも信頼や連帯、チームワークの良さが美味しい料理に繋がるんだと改めて思う。
バラの花束のようなケーキや高級感たっぷりの上品なフランス料理は目で楽しめたが、「シェフ 三ツ星フードトラック始めました」のキューバサンドやカリカリ焼きチーズトーストのように、食べたーい‼と思うメニューがあまりなかったのは残念。
2016.06.11 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/1335-3a4bc902