--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2016_04
15
(Fri)22:23

スポットライト 世紀のスクープ

SPOTLIGHT001.jpg

2001年、夏。
ボストンの地元新聞“ボストン・グローブ”の新任編集局長としてマイアミからやって来たマーティ・バロン(リーヴ・シュレイバー)は、目玉になる記事の材料を物色し、神父による子どもへの性的虐待事件に着目すると、これを追跡調査する方針を打ち出す。
リーダーのウォルター“ロビー”ロビンソン(マイケル・キートン)を中心に、特集記事欄《スポットライト》を担当する4人の記者(マーク・ラファロ レイチェル・マクアダムス ブライアン・ダーシー・ジェームズ)が調査を開始、そして地道な取材を積み重ね、次第に事件の背後に隠された巨大な疑惑の核心へと迫っていくが…。


カトリック教会が長年隠蔽してきた児童虐待スキャンダルを暴き出し、ピュリツァー賞に輝いた調査報道チームを巡る感動の実話を基に、巨大な権力に立ち向かっていった新聞記者たちのジャーナリズム魂と不屈の執念を描いた実録サスペンス。
第88回アカデミー賞作品賞、脚本賞を受賞。

2016年 4/15公開 アメリカ映画
監督 トム・マッカーシー
{★★★★4/5}
ボストン・グローブ紙の調査報道チーム“スポットライト”が、カトリック教会による児童性的虐待を組織的に隠蔽していた事実を暴く社会派ドラマ。
日本でどう報道されたのか記憶がありませんが、この大きなニュースに、当初カトリック教会は否定するものの、次々と広がる起訟の件数に、ついにバチカンがそれを認めるとことになったそうです。
世界的な問題をどうやってローカルの新聞記者たちが気づいたのか、、、。
アイルランド系が多いボストンは2人に1人がカトリック、ボストン・グローブ紙の購読も半数近くがカトリック教徒であり、タブーに切り込むことで教会や関係者の圧力、教徒の反感が立ちはだかることは予想できたが、新任編集長に着任したユダヤ人のバロンは、しがらみを意識することなく、また4人の“スポットライト”チームもカトリック教徒だったが、ジャーナリストとして怯むことなくスキャンダルにメスを入れていく決意をする。
このような経緯から世界的なスクープとなったのも興味深く、事件の被害者や当時の弁護士への取材、何冊もの年鑑書を調べたりと、地道で粘り強い努力の末、想像以上に大勢の神父が罪を犯し、しかも裏で隠蔽しているカトリック教会のおぞましい実態に辿り着く過程に目が離せない。
聖職者の立場を利用し、信仰や神を求める弱者に対し、肉体だけではなく魂まで犯してしまった大罪ですが、この映画は単なるカトリック批判ではなく、記者たちがスクープで手柄を上げた万歳な話でもない。
平凡な人間からしたら、ジャーナリストって社会的に立ち位置が賢く何となく取っつきにくい印象でしたが、9.11で中断せざる負えない現状があったり、他社に嗅ぎ付けられる焦りがあったり、そして以前、弁護士から社内に送られていたリスト(?)の重要性に気づかなかった現実があったり、普通に人間ぽい安心感もあって、誠実で地道で粘り強いジャーナリズム精神に心が動かされました。

この熱き記者たちのアンサンブル芝居が見事です。
それぞれの個性をセリフ重視の演技力だけで完璧に演じ切った作品でした。
メンバーそれぞれの取材シーンが同時進行に展開し、プライバシーもそれとなく挟み、紆余曲折を経て衝撃のスキャンダルが明らかになって過程の見せ方、そしてエンドロールに虐待があった多くの場所が示されると、デジタルの時代になって消えてしまったと言われる調査ジャーナリズムの重要性と、どんな立場でどんな苦悩や間違いがあっても、正しい側に居るという意義みたいなものを強く感じました。

ただひとつ、この映画は出来事を把握した上で観るって感じがします。
あれこれ余計な説明はないし、登場人物が多いから、弁護士だけで3人かな、スタンリー・トゥッチとビリー・クラダップは分かっても役名まですぐに認識できないし、SNAPの代表者や電話だけで登場する心理療法士(リチャード・ジェンキンス)など、記者たちの会話の中で、○○○が、、、って名前だけで何度も出てくるので、誰の事かすぐにピンとこなくて混乱しました(汗)

C.O.M.M.E.N.T

万々歳でもない

アメリカでは近年の周知の実話だから、ありきで描かれているのも仕方がないのかもしれません。
私も登場人物の把握にやや混乱。

新聞社には日々数多くのタレこみや訴えがあるのでしょうね。
それを取捨選択するってたぶん難しい。
この件でも何年も前に被害者や弁護士から情報が送られていたとのこと。
新聞社も減退気味の昨今で、時間とお金が掛かってなお売れない記事はボツになりがちなのかもしれません。
けれど放置していた事実を真摯に受け止め、今度こそ完遂した彼らを讃えたいと思うし、こうした新聞ならではの重要性を理解し、ずっと続いていって欲しいと思ってます。

2016/04/16 (Sat) 12:06 | たいむ #qdEfw9RA | URL | 編集 | 返信

たいむさんへ

>近年の周知の実話
これ、大前提ですね!
これから観られる方は、ある程度の概要を知っておいた方が分かりやすいと思いますね~。
被害者、加害者、関係者、大勢出てきて名前もややこしい(;^ω^)

日本でいうならオウムの事件なんてまさに震撼させられましたし、次々と明るみになる事実にどれだけショックを受けたことか、、、。
あの時初めてテレビでお見受けしたジャーナリストさんや弁護士さん、記者さんなど、世の知らない所で地道な努力を重ねていたのでしょうと改めて思います。

今の法王様は随分とリベラルなお方のようで、こういう事が明るみになると、保守的でい続けることはまず不可能ですものね。
そもそも、カトリックの神父が結婚禁止って、宗教的な意味合いもないようで、そこらをどうか改善したらとか思ってしまう単純なわたしですが( ;∀;)

2016/04/16 (Sat) 15:02 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんばんわ

確かに人物把握は大変。
それでも無駄のない映画であり、凄く引き締まった作品という印象が強かったですね。
新聞は真実を暴く媒体である。
それが貫かれていた作品でもあったとも思えましたよ。

2016/04/17 (Sun) 00:17 | にゃむばなな #- | URL | 編集 | 返信

にゃむばななさんへ

こんにちは。

初めしばらくは誰の事?とちょっと混乱しました(苦笑)
会話が中心だけど、まるで自分がその中に参加してるかのように、グイグイ引き込む力のある作品でしたね。

>新聞は真実を暴く媒体である。
そうですね、そして過去のミスもキッチリと認める潔さに、真実の追及と正義感の強さを感じました。

2016/04/18 (Mon) 12:36 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

聖職者とか警察とか政治家とか、へたに権力をもつと、悪いことする人はいますよねー。

2016/05/14 (Sat) 10:12 | ボー #0M.lfYJ. | URL | 編集 | 返信

ボーさんへ

>へたに権力をもつと、悪いことする人、、、。

都知事とか、、、(;´・ω・)

2016/06/05 (Sun) 20:26 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

「スポットライト 世紀のスクープ」みた。

第88回アカデミー賞で作品賞&脚本賞をW受賞した社会派作品。2002年に米国の新聞ボストン・グローブ紙の調査報道編集部”スポットライト”チームが、カトリック教会の神父らが子供たちに性的虐待を繰り返して

2016.04.16 (Sat) 12:06 | たいむのひとりごと

「スポットライト 世紀のスクープ」@スペースFS汐留

J-WAVEさん主催の試写会で、映画上映前に「PARADISO」のDJ板井麻衣子と、映画コーナー担当の大倉眞一郎氏の舞台挨拶があった。客入りは満席だ。

2016.04.16 (Sat) 12:45 | 新・辛口映画館

劇場鑑賞「スポットライト 世紀のスクープ」

教会のタブーに挑む… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201604150000/ 【送料無料】 スポットライト 世紀のスクープ / Spotlight 輸入盤 【CD】価格:2,615円(税込、送料込) スポットライト世紀のスクープ [ ボストン・グローブ紙 ]価格:1,728...

2016.04.16 (Sat) 12:48 | 日々“是”精進! ver.F

映画:スポットライト Spotlight  真実はひとつしかない、を再実感させる点で、貴重な光を放っている一作。

まず冒頭、当ブログでのアカデミー賞候補検討時の発言を撤回したい。 <去年の激戦とは全く違う次元の戦い… <2年連続の獲得でいいのか?!のイニャリトゥ。 <ところが戦いを挑む他作群に迫力がほとんどない? <期待した「スポットライト」に...

2016.04.16 (Sat) 13:04 | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜

スポットライト 世紀のスクープ

本当の主演はリーヴ・シュレイバー 公式サイト。トム・マッカーシー監督。マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、ジョン・スラ ...

2016.04.16 (Sat) 15:25 | 佐藤秀の徒然幻視録

スポットライト 世紀のスクープ / Spotlight

カトリック教会の神父達による少年少女への性的虐待と言う一大スキャンダルを暴いた、ボストン・グローブ紙の記者たちの活躍を描いた作品。第88回アカデミー賞では作品賞、脚本賞を受賞した。 そうかぁ。この作品でそのシーンを見るまで、この話が9.11を挟んでの出来事だ...

2016.04.16 (Sat) 21:41 | 勝手に映画評

『スポットライト 世紀のスクープ』

この事実を記事にしなかった場合、誰が責任を取るのか。 何と地味なオスカー作品だろうか。しかし何と渋くて格好いいオスカー作品だろうか。そして何と無駄なシーンのないオスカ ...

2016.04.17 (Sun) 00:17 | こねたみっくす

スポットライト 世紀のスクープ

評価:★★★★【4点】(11) ゾンビ神父は全体の6パーセント。さてその分母とは。

2016.04.17 (Sun) 00:52 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

[映画『スポットライト 世紀のスクープ』を観た(短評)]

映画『スポットライト 世紀のスクープ』予告篇 ☆・・・これもまた、力のこもった傑作でした。 ボストン・グローブ誌の特集記事チーム<スポットライト>が力強く巨悪に迫っていきます。 よく、この実話を作品に出来たなぁと思います。 見始めてすぐ、「神父が信徒の...

2016.04.17 (Sun) 09:27 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭

「スポットライト 世紀のスクープ」強大な権力の闇を暴く“光”

アカデミー賞 作品賞&脚本賞 W受賞!「スポットライト 世紀のスクープ」(ロングライド)。キリスト教社会の“絶対的タブー”に、果敢に挑んだ地方新聞社の実話を映画化。華は無いけど、真面目な作品です。  2001年、夏。アメリカ東部の地元新聞社“ボストン・グローブ”の新任編集局長として、マイアミからマーティ・バロン(リーヴ・シュレイバー)が赴任。最初の編集会議で目玉になる記事の材料を物...

2016.04.17 (Sun) 22:10 | シネマ親父の“日々是妄言”

スポットライト 世紀のスクープ

その数に驚いた [E:shock] 公式サイト http://www.spotlight-scoop.com 事実を基にした映画 監督: トム・マッカーシー  「扉をたたく人」 「 靴職人と魔法のミシ

2016.04.18 (Mon) 15:16 | 風に吹かれて

スポットライト 世紀のスクープ

2001年の夏、ボストン・グローブ紙の新編集局長マーティ・バロンは、あるカトリック教会神父による性的虐待事件の詳細を報道する方針を打ち出す。 その担当を命じられたのは、極秘調査に基づく特集記事欄《スポットライト》を手がける4人の記者たちだった。 デスクのウォルター“ロビー”ロビンソンをリーダーとするチームは、一丸となって教会の罪を暴いてゆく…。 実話から生まれた社会派ドラマ。

2016.04.18 (Mon) 16:44 | 象のロケット

スポットライト 世紀のスクープ★★★.5

カトリック教会が長年隠蔽してきた児童虐待スキャンダルを暴き出し、ピュリツァー賞に輝いた調査報道チームを巡る感動の実話を基に、巨大な権力に立ち向かっていった新聞記者たちのジャーナリズム魂と不屈の執念を描いた実録サスペンス。出演はマーク・ラファロ、マイケル...

2016.04.18 (Mon) 18:57 | パピとママ映画のblog

ショートレビュー「スポットライト 世紀のスクープ・・・・・評価額1700円」

スポットライトが照らし出したものは。 カソリック聖職者による、子どもたちの性的虐待事件を暴いた、ボストン・グローブ紙の“スポットライト”取材チームを描く群像劇。 情報量は膨大ながら、いかにも新聞社の話らしく、実に端正にまとまっていて観やすい。 今年のアカデミー賞は脚本賞が本作、脚色賞が「マネー・ショート 華麗なる大逆転」と共に実話ベースの作品となった。 どちらもジャーナリズム色の...

2016.04.18 (Mon) 22:30 | ノラネコの呑んで観るシネマ

スポットライト 世紀のスクープ

【SPOTLIGHT】 2016/04/15公開 アメリカ 128分監督:トム・マッカーシー出演:マーク・ラファロ、マイケル・キートン、レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、ジョン・スラッテリー、ブライアン・ダーシー・ジェームズ、ビリー・クラダップ、スタンリー・トゥ...

2016.04.19 (Tue) 12:52 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

『スポットライト 世紀のスクープ 』

『スポットライト 世紀のスクープ 』 解説等はこちら    監督・脚本・・・トム・マッカーシー 出演・・・ マイク・レゼンデス: マーク・ラファロ ウォルター“ロビー”ロビンソン: マイケル・キートン サーシャ・ファイファー: レイチェル・マクアダムス...

2016.04.20 (Wed) 22:44 | pure breath★マリーの映画館

スポットライト 世紀のスクープ/SPOTLIGHT

更新遅くなってしまった この春イチオシ。アカデミー賞作品賞と脚本賞のW受賞作品 ピューリッツァー賞も受賞したボストン・グローブ紙の調査報道の全貌と、 ジャーナリスト魂を貫いた記者たちの闘いを描いた実話に基づいた社会派ドラマ。 監督は、俳優から監督/...

2016.04.23 (Sat) 21:31 | 我想一個人映画美的女人blog

新しい風の存在。『スポットライト 世紀のスクープ』

第88回アカデミー賞で作品賞を受賞した映画。アメリカの新聞「The Boston Globe」の記者たちがカトリック教会の醜聞を暴いたという実話を基に描かれた社会派ドラマです。

2016.04.24 (Sun) 11:23 | 水曜日のシネマ日記

スポットライト 世紀のスクープ

 アメリカ  ドラマ  監督:トム・マッカーシー  出演:マイケル・キートン      マーク・ラファロ      レイチェル・マクアダムス      スタンリー・トゥッ ...

2016.04.25 (Mon) 11:47 | 風情☭の不安多事な冒険 Part.5

スポットライト 世紀のスクープ

 『スポットライト 世紀のスクープ』を渋谷Humaxで見ました。 (1)本年のアカデミー賞の作品賞と脚本賞を受賞した作品というので、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「事実に基づく物語」(based on actual events)との字幕が出て、まずは1976年の...

2016.04.26 (Tue) 06:38 | 映画的・絵画的・音楽的

「スポットライト 世紀のスクープ」☆誠実さが突き動かす感動

ドラマチックに主人公をヒーローに仕立てることもできたでしょう。 かつてアメコミヒーローも演じた役者たちは、己のオーラを完璧に消し、「真実を暴くヒーロー」としてではなく、地道な努力で力を合わせ積み上げていく記者の一人となりきっていた。 その真摯な態度が、何よりこの映画の評価をアカデミー賞作品賞に押し上げたと言えるのでは?

2016.04.27 (Wed) 21:31 | ノルウェー暮らし・イン・原宿

スポットライト 世紀のスクープ  監督/トム・マッカーシー

【出演】  マーク・ラファロ  マイケル・キートン  レイチェル・マクアダムス  リーヴ・シュレイバー 【ストーリー】 2002年、ウォルターやマイクたちのチームは、「The Boston Globe」で連載コーナー「Spotlight」を担当していた。ある日、彼らはこれまでうやむやに...

2016.04.27 (Wed) 22:19 | 西京極 紫の館

闇にさす光~『スポットライト 世紀のスクープ』

 SPOTLIGHT  2001年。ウォルター・ロビー(マイケル・キートン)をリーダーとするボストン ・グローブ紙の調査報道特集「スポットライト」チームは、新任の編集局長マ ーティ・バロン(リーヴ・シュレイバー)から、カソリック神父による少年らへの 性的虐待事件を追うよう命ぜられる。  第88回アカデミー賞において、作品賞と脚本賞を受賞した実話ドラマ...

2016.05.11 (Wed) 13:02 | 真紅のthinkingdays

「スポットライト 世紀のスクープ」

そのままでは知りようがなかった事実を人々に知らせることができるとき、報道の意味は大きい。

2016.05.14 (Sat) 10:01 | 或る日の出来事

スポットライト 世紀のスクープ SPOTLIGHT

今年のアカデミー賞で作品賞と脚本賞を受賞した作品。ボストンの地元紙「ボストン・グローブ」が、神父による性的虐待とカソリック教会が組織を挙げてこの事実を隠蔽してきたことを告発した実話を描く。 大手全国紙「タイムズ」に買収された「ボストン・グローブ」に新...

2016.05.15 (Sun) 01:15 | まてぃの徒然映画+雑記

映画「スポットライト 世紀のスクープ」

映画「スポットライト 世紀のスクープ」を鑑賞しました。

2016.05.17 (Tue) 05:56 | FREE TIME

映画「スポットライト 世紀のスクープ」骨格のしっかりした良作、でも日本人にはピンとこない

映画「スポットライト 世紀のスクープ」★★★★ マーク・ラファロ、マイケル・キートン、 レイチェル・マクアダムス、リーヴ・シュレイバー、 スタンリー・トゥッチ 出演 トム・マッカーシー 監督、 128分、2016年4月15日公開 2015,アメリカ,ロングライド (原題/原作:SPOTLIGHT)

2016.05.18 (Wed) 00:05 | soramove

記者たちが知る、その真相の大きさ

5日のことですが、映画「スポットライト 世紀のスクープ」を鑑賞しました。 アメリカの新聞「The Boston Globe」 2002年 新たな編集長の指示の元 スポットライトチームは 彼らがこれまでうやむやにされてきた 神父による児童への性的虐待の真相について調査を開始する...

2016.05.27 (Fri) 22:17 | 笑う社会人の生活

「スポットライトー世紀のスクープー」

人が人を殺す事は、ある。しかし、組織が人を殺す、それを暴いたのがこの作品である。実際に刃物や銃器で殺される訳ではない。だが、被害者達は一度精神的に殺されている。そして被害者達が後に自殺をしてしまうケースも多い。世紀のスキャンダル。聖職者が教会の地位を利用して、信徒の子供達に性的虐待を行う。それも一件や二件ではない。…マサチューセッツ州ボストンの新聞、グローブ紙は、「スポットライト」という長期...

2016.05.31 (Tue) 16:46 | ここなつ映画レビュー

映画『スポットライト~世紀のスクープ』…世界を揺るがすカトリック・スキャンダルとジャーナリスト魂

本作は、アメリカ人の(欧米人の)心の中に深く根付いているカトリック教会と、それが長年にわたって犯してきた犯罪をテーマに、そこに鋭く切り込んで行こうとする地方新聞の記者たちの勇気ある取材活動を、セミ・ドキュメンタリー風に描いた社会派ドラマの傑作だ。 いわ…

2016.06.08 (Wed) 11:20 | 六日の菖蒲

「スポットライト 世紀のスクープ」 溢れる情報にスポットライトを

観終わって、内容を的確に表現をしたタイトルにしているなと思いました。 もちろんタ

2016.06.22 (Wed) 22:41 | はらやんの映画徒然草
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。