スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リリーのすべて 

2016, 04. 01 (Fri) 17:00

THE DANISH GIRL

1926年デンマーク。
風景画家のアイナー・ヴェイナー(エディ・レッドメイン)は、同じく画家の妻ゲルダ(アリシア・ヴィキャンデル)に女性モデルの代役を依頼され、自身の内面にある女性の存在を感じ取る。
それ以来、リリーという女性として生活していく比率が増していくアイナーは、心と体の不一致に悩む。
夫の様子に困惑するゲルダだったが、次第に理解を深めていくことになり…。


世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベと、その妻ゲルダとの愛を描いた伝記ドラマ。
アリシア・ヴィキャンデルは第88回アカデミー賞助演女優賞を受賞。

2016年 3/18公開 イギリス/ドイツ/アメリカ映画
監督 トム・フーパー
{★★★★4/5}
実話ベースのお話しとなっていますが、実際はかなりキツかったのだろうと想像します。
性適合手術や夫婦としての関係性なども違っているらしい。
が、映画だから、伝えたい事がちゃんと伝わればそれで良い。
当事者にしか分からないデリケートな問題が、美しくまた上品に脚色されているからこそ、彼らの苦しみや深い愛を感じ取ることができた。
愛し合う男女から夫婦や家族となり、その愛の形は変わっていくのが普通としても、このふたりの場合、愛とか絆とか、そういう域を超えた何かであるようで、人と人の結びつきに大きな意義があることを改めて思う。
罪悪感を抱えながらも互いを愛する気持ちに揺るぎはないけれど、アイナーはリリーになるにつれ自己愛が強くなり、ゲルダはアイナーが消えていってしまうことに傷つきながらも献身的に支えていこうとする。
何があっても変わらぬ愛を貫き通したゲルダに感服。
時代の風景や色彩描写が美しくもどこか寂しげで、映像を観ているだけでも心が動かされます。
エディ・レッドメインの女性化は圧巻の一言で、去年のホーキング博士に続いての“神芝居”。
ストッキングを履くシーンから、ジェンダーさん特有のより女性らしいひとつひとつの所作が見事だった。
アリシア・ヴィカンダーはとっても複雑な感情を上手く表現していて、オスカーは納得。
妻としての様々な葛藤や理解の深さに敬意を払わずにはいられませんでした。
共演にベン・ウィショーやアンバー・ハードなどカミングアウトしている俳優さんがキャスティングされているのも、自分らしく生きる、ありのまま生きることのメッセージかもしれませんし、原題の「The Danish Girl」は、リリーとゲルダ2人の女性を意味しているような気がします。
風に舞うスカーフは忘れられないラストシーンとなりました。

コメント

たいむ

美しい

内容が内容だけに上品で上質に作ってくれて嬉しいです。
内容も役者もすべてが揃っていた映画でした。
色んなものがビンビン伝わってきて、色々と考えてしまう。
久しぶりの映画らしい映画だと思います。

2016/04/05 (Tue) 13:44 | たいむ | 編集 | 返信

オリーブリー

たいむさんへ

>色んなものがビンビン伝わってきて、色々と考えてしまう。

旦那さんがどんどん女性化してくって、想像絶するわ??!(汗)
不倫の方がまだ救われる?なんて頭を過るほど(;^ω^)
これを受け止めて最後まで見守るって凄いことだよね。

でもIMDB見ると実際とは色々違う部分があるみたいなんだけど、原作が実話ベースのフィクションということだから、ひとつの映画として完成度は高いと思いました。
同じエディ君の「博士~」より、夫婦の意義や愛の意味を感じた次第です(苦笑)

2016/04/16 (Sat) 13:27 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  リリーのすべて〜芸術は変身だ
  • 公式サイト。原題:The Danish Girl。イギリス=ドイツ=アメリカ。デヴィッド・エバーショフ原作、トム・フーパー監督。エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィシ ...
  • 2016.04.01 (Fri) 17:46 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  •  リリーのすべて
  • リリーのすべて@TOHOシネマズ日劇 ジャパンプレミア
  • 2016.04.01 (Fri) 17:54 | あーうぃ だにぇっと
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  『リリーのすべて』
  • どんなに頑張っても男は女にはなれない。そして敵わない。 世界で初めて性別適合手術を受けたデンマークの画家アイナー・ヴェイナーことリリー・エルベと、彼から彼女へと変わり ...
  • 2016.04.02 (Sat) 00:51 | こねたみっくす
この記事へのトラックバック
  •  『リリーのすべて』 トランスジェンダーの先駆者とそれを支えた人
  •  『英国王のスピーチ』『レ・ミゼラブル』のトム・フーパー監督作品。  原作はリリー・エルベという実在の人物をモデルにした小説。日本語訳では『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』となっているが、原題は「The Danish Girl」となっていて、「デンマーク人の女の子」という意味。  邦題に違和感はないし、『イヴの総て』など似たような題名の作品だって多いとは思うのだけれど、...
  • 2016.04.02 (Sat) 08:50 | 映画批評的妄想覚え書き/日々是口実
この記事へのトラックバック
  •  「リリーのすべて」☆せつなさ100%
  • 妻のゲルダを演じたアリシア・ビカンダーが何しろ素晴らしい。 納得のアカデミー賞助演女優賞受賞だゎ。 せつなく唇を震わせて涙をこらえる妻の姿に、真実の愛を感じずにはいられない。
  • 2016.04.02 (Sat) 09:32 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
この記事へのトラックバック
  •  リリーのすべて ★★★.5
  • 世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、リリー・エルベの実話を基に、ふとしたきっかけから男性であることに違和感を抱き始めた主人公の苦悩と、そんな夫を献身的に支え続けた妻の葛藤と感動の愛の物語を描いたドラマ。主演は「レ・ミゼラブル」「博士と彼女のセ...
  • 2016.04.02 (Sat) 15:31 | パピとママ映画のblog
この記事へのトラックバック
  •  リリーのすべて
  • あなたの愛で、 本当の自分になれた。 夫が女性として生きたいと願った時、妻はすべてを受け入れた。 THE DANISH GIRL 上映時間 120分 映倫 R15+ 原作 デヴィッド・エバーショフ『世界で初めて女性に変身した男と、その妻の愛の物語』(講談社刊) 脚本 ルシンダ・コク...
  • 2016.04.03 (Sun) 12:23 | to Heart
この記事へのトラックバック
  •  リリーのすべて
  • わたしはリリー 公式サイト http://lili-movie.jp 実話を基にした映画 原作: リリーのすべて (デヴィッド・エバーショフ著/ハヤカワ文庫)監督: トム・フーパー  「英国王のスピー
  • 2016.04.03 (Sun) 15:26 | 風に吹かれて
この記事へのトラックバック
  •  「リリーのすべて」みた。
  • 第88回アカデミー賞では4部門にノミネートされ、アリシア・ビカンダーが見事助演女優賞を受賞した作品で、性同一性障害に苦しむ夫と夫を最後まで支え続けた妻の、夫婦を超えた愛と絆の物語。実話をもとに描かれた
  • 2016.04.05 (Tue) 13:18 | たいむのひとりごと
この記事へのトラックバック
  •  リリーのすべて
  • 【THE DANISH GIRL】 2016/03/18公開 アメリカ R15+ 120分監督:トム・フーパー出演:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィショー、セバスチャン・コッホ、アンバー・ハード、マティアス・スーナールツ あなたの愛で、本当の自分になれた。夫が女...
  • 2016.04.06 (Wed) 23:49 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
この記事へのトラックバック
  •  「リリーのすべて」
  • 〜あなたの愛で、本当の自分になれた〜 2015年  イギリス/ドイツ/アメリカ合作  R15+指定  (2016.03.18公開)配給:東宝東和      上映時間:120分監督・製作:トム・フーパー脚色:ルシンダ・コクソン原作:デヴィッド・エバーショフ     ...
  • 2016.04.13 (Wed) 14:46 | NAOのピアノレッスン日記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  リリーのすべて
  • 最初に性適合手術を受けた人のはなし。 『リリーのすべて』を観てきました。 ★★★★ 前々から女装したらジュリア・ロバーツにそっくりになりそう、と書いてきたエディ・レッドメインが、実際に女装する映画を観る日が来るとは。 やっぱり似てます。そして、似すぎないよう...
  • 2016.04.17 (Sun) 20:32 | そーれりぽーと
この記事へのトラックバック
  •  リリーの誕生は・・・
  • 28日のことですが、映画「リリーのすべて」を鑑賞しました。  1926年デンマーク 風景画家のアイナー・ヴェイナーはく画家の妻ゲルダに女性モデルの代役をきっかけに自身にある女性の存在を意識する それ以来リリーという女性として生活していく比率が増していくアイナ...
  • 2016.05.07 (Sat) 17:33 | 笑う社会人の生活
この記事へのトラックバック
  •  リリーのすべて
  • リリーのすべて '15:イギリス ドイツ アメリカ ◆原題:THE DANISH GIRL ◆監督:トム・フーパー「レ・ミゼラブル」「英国王のスピーチ」 ◆主演:エディ・レッドメイン、アリシア・ヴィキャンデル、ベン・ウィショー、アンバー・ハード、マティアス・スーナールツ ◆...
  • 2016.05.22 (Sun) 21:49 | C’est joli ここちいい毎日を♪
この記事へのトラックバック
  •  リリーのすべて
  • 『リリーのすべて』---THE DANISH GIRL---2015年(イギリス/ドイツ/アメリカ )監督: トム・フーパー出演: エディ・レッドメイン 、アリシア・ヴィカンダー、マティアス・スーナールツ 、ベン・ウィショー 、セバスチャン・コッホ 世界で初めて性別適合手術を受けたデンマーク人、リリー・エルベの実話を基に、ふとしたきっかけから男性であることに違和感を抱き始めた主人公の苦悩と、...
  • 2016.07.15 (Fri) 11:41 | こんな映画見ました~
この記事へのトラックバック
  •  引き金をひいたのは奥さんちゃうん?~リリーのすべて~
  • 今頃か~いというくらい2ヶ月以上遅れてアップしとりますどもども。 これね~。もともとアイナーの中にはリリーがいたんでしょ? 過去に封印したはずの女性の部分がはっきり表にでてくるきっかけになってしまったのが 女装して出かけたパーティだとしたら、 ほんの遊び...
  • 2016.07.21 (Thu) 17:00 | ペパーミントの魔術師
この記事へのトラックバック
  •  リリーのすべて (2015)
  • エディ・レッドメイン、しみじみとガラスの仮面! 『博士と彼女のセオリー』と、この作品の両方をこなして見せるとは!性別違和に苦悩する主人公でしたが、あくまで夫婦愛の物語でした。こんな風な実例があると、心に勇気がわきますね。     (解説)世界初の性別適合手術を受けたデンマーク人画家リリー・エルベと、その妻ゲルダとの愛を描いた伝記ドラマ。メガホンを取るのは、第83回アカデミー賞の4部門で受賞し...
  • 2018.02.13 (Tue) 11:22 | のほほん便り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。