FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
THE BIG SHORT

2005年、アメリカ。
風変りな金融トレーダーのマイケル(クリスチャン・ベイル)は、格付けの高い不動産抵当証券に、信用力が低いはずのサブプライム・ローンが組み込まれていることに気づき、破綻は時間の問題だと見抜く。
しかし、好景気に沸くウォール街で彼の予測に耳を傾ける者など一人もいなかった。
そこでマイケルは、“クレジット・デフォルト・スワップ(CDS)”という金融取引で、バブル崩壊の際に巨額の保険金が入る契約を投資銀行と結ぶ。
同じ頃、若き銀行家ジャレド(ライアン・ゴズリング)やヘッジファンド・マネージャーのマーク(スティーヴ・カレル)、引退した伝説のベン(ブラット・ピット)もまた、バブル崩壊の足音を敏感に察知し、ウォール街を出し抜くべく行動を開始するが…。


 「マネーボール」の原作者マイケル・ルイスのベストセラー・ノンフィクション「世紀の空売り 世界経済の破綻に賭けた男たち」を映画化した社会派金融群像ドラマ。
サブプライム・ローンの破綻を引き金としたリーマンショックの舞台裏で繰り広げられた驚きの実話を基に、巨万の富を手にした男達の行方をスリリングに描く。
第88回アカデミー賞脚色賞受賞。

2016年 3/4公開 アメリカ映画
監督 アダム・マッケイ
{★★★㊤3/5}
サブプライムローンに端を発したアメリカのバブル崩壊、その危機にいち早く気づき、大博打に打って出た4人(正確には6人)のお話し。
着たきり雀でヘビメタオタクのベイル、失敗パーマみたいなゴズリング、クールなブラピはFBIに盗聴されてるとか、腸内洗浄に行くとか、それぞれの個性で笑えるネタが散りばめられていて、「俺たち」シリーズの監督らしい演出の数々。
登場人物が突然カメラ目線で話しかけてきたり、難しい金融用語は、マーゴット・ロビーやセレーナ・ゴメスが実名で登場、喩えを交えて分かりやすく説明(マーゴットがセクシーで分かったような分からないような)、寡黙で真面目なスティーヴ・カレルを2年続きで観れたのも収穫(笑)
テンポは軽妙、シリアスとコミカルの融合で興味深かったけど、カレルとゴズリング以外は絡むことがないし、タイトルのように華麗なる大逆転などと小気味の好い作品ではない。
フロリダでのローンの現状、いい加減な格付け会社、ラスベガスで聞いた不良債権の騙しなど、結果は分かっていても段々と恐ろしくなるし、浮かれる若者トレーダーに、「もし自分たちが勝利したら、失業、預金、年金破産、人々は路頭に迷う、簡単に喜ぶな!」とブラピの一喝に、勝ち組となった彼らも心に傷を残す実情が痛い。
政府の救済で懲りないウォール街が、“新しい魚と古い魚を混ぜ合わせるシチュー”のようなモラルの低さで、また金融危機を起こす余波が残る映画だった。

*CDO{住宅ローンに関する債券(モーゲージ債)と他の債券の合わせ技}と、CDS{CDOが暴落した時の保険}が劇中何度も繰り返されるのでややこしい( ;∀;)
*親切な解説付きだったけど、なんとなく程度の理解しかできなかった。
歌舞伎のイヤホンガイドみたいに、池上さんに解説してもらいながら観たい(;^ω^)
2016.03.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/1319-c16fff6f
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。