FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
Mad Max001

石油も水も尽きかけ荒廃した世界。
愛する家族を守れなかったトラウマを抱え、本能だけで生き長らえている元警官、マックス(トム・ハーディ)は、砂漠一帯を支配する独裁者イモータン・ジョー(ヒュー・キース・バーン)の一団に捕らわれ、彼らの“輸血袋”として利用される。
そんな中、ジョーの右腕だった女戦士フュリオサ(シャーリーズ・セロン)が反旗を翻し、ジョーに囚われていた5人の妻を引き連れ逃亡を企てた。
裏切りに怒り狂うジョーは、大量の車両と武器を従え、容赦ない追跡を開始するが…。


メル・ギブソンの出世作「マッドマックス」シリーズの第4弾。
ジョージ・ミラー監督が30年ぶりにメガホンを取ったハイテンション・バトル・アクション大作。
荒廃した近未来を舞台に、殺戮暴走軍団と、マックスが助太刀する反逆の女戦士フュリオサの攻防をノンストップで描く。

2015年 6/20公開 オーストラリア映画
監督 ジョージ・ミラー
{★★★★★㊤㊤4/5}
再上映されたので観てきました。
去年公開された時、「ストーリー性が少なくほとんどセリフもない、ただカーアクションが続くカーチェイス好きの映画、それでも泣ける」とラジオで紹介されているのを聞いて、カーチェイスが延々と続くなんて苦手かもと見送った。
今回、アカデミー賞に10部門もノミネートされたってことで、興味津々。
いやぁ~~~~~~~~~~~~!!!
ホント、凄い映画だった。
すっごく面白かったし、すっごく楽しかったーーー!!!
確かに、追いつ追われつのカーチェイスが延々と続き、しかも行った道をまた戻るという展開ながら、あの手この手の見せ場の連続で、乾いた砂漠に息苦しさを覚えながら、まるでお祭り騒ぎのようなハイテンションでロックな世界観にハラハラワクワクさせられた。
基本、カーチェイスばかりの映画なんて苦手な私だけど、その最中に色んなドラマがあり、必要最小限の少ないセリフから人物の背景や環境が見えてきて、例えばウォー・ボーイズの生死感とかスッと入り込んでくるし、単純なストーリーでもきちんとした積み重ねがあり、自分や守りたい者のために戦う勇気、人としての尊厳など体験できた。
種とかね、なんか心に響く。
ニュークス(ニコラス・ホルト)の変化には涙ウルっです。
とにかく、斬新で初体験のアクションだった。
ロックテイストにシルク・ドゥ・ソレイユのようなパフォーマンス、まるでコンサートの後のような、耳ボォーーーンが続いたわぁ(;'∀')
だらだらとした説明口調のセリフがどんなに無意味なものか感じるなー。

*主役はタイトルロールのマックスではなく、セロン姉さん!
カッコええぇーー!
*多くのブロガーさんが年間ベスト上位だったのが納得!(^^)!
2016.02.24 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/1315-451e7b84
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。