FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

Black Mass

1970年代、サウスボストン。
アイリッシュ・マフィアのボスとして同地一帯を牛耳るジェームズ・“ホワイティ”・バルジャー(ジョニー・デップ)は、イタリア系マフィアと激しい抗争を繰り広げていた。
一方、弟のビリー(ベネディクト・カンバーバッチ)は、州の有力政治家として活躍していた。
バルジャー兄弟の幼なじみであるFBI捜査官ジョン・コナリー(ジョエル・エドガートン)は、FBIと手を組んでイタリア系マフィアを駆逐しようとバルジャーに持ち掛け、密約を交わすことに成功するが…。


実在するギャング、ジェームズ・“ホワイティ”・バルジャーの実録犯罪ドラマ。
2016年 1/30公開 アメリカ映画
監督 スコット・クーパー
{★★★3/5}
最大の収穫は、「パブリック・エネミーズ」以来、久しぶりに硬派な芝居をするジョニーを観れてホッとしたことと、豪華なキャスト。
出番は少ないけれど、べネ様にベーコン様、うさん臭いピータ・サースガード、「フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ」でブレイクしたダコタ・ジョンソン、 殺されただけのジュノー・テンプル(💦)。
監督は「クレイジー・ハート」のスコット・クーパーで、クリスチャン・ベイル主演の「ファーナス/訣別の朝」が面白かったので期待したんですけど、今作、それなりにたくさんの人が殺されるし、逆らえば報復するバルジャーのバイオレンスさや、全く別の話し(ステーキのレシピやコナリー夫人の態度)から、殺される危険に追い込まれていくような居心地の悪さはあったものの、犯罪映画のわりには物語や展開が単調で平凡、「あっ、こいつ、ヤラレルナ、、、」と見えてしまって驚くことがあまりない。
ジョニーの演技が「怖い」との評価もあったけれど、私は特に怖いと思わなかったし、「ディパーテッド」のジャック・ニコルソンがバルジャーのモデルらしく、あれぐらい不気味でとてつもない圧力を感じるような悪でもなかった。
あと、ルーツにはアイルランド系があるジョニーですが、ネイティブアメリカンのイメージが強いので、ブルーコンタクトしてもアイリッシュ人に違和感が、、、。
豆を食べる手下の指をいきなりカットでもしたら、のっけから目が点だったかも~~逆にそんなシーンがいずれ出るのかと思ってた(;'∀')
結局、コナリーさんは最後まで絆を通したみたいですけど、そこらがガツンと来ない作品だったし、ジョエル・エドガートンひとりが必至で頑張って演技していて、後の役者は、余裕のよっちゃんって感じだった(苦笑)
2016.02.04 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/1311-ad31af58