2007_02
13
(Tue)15:55

ナイロビの蜂



ナイロビでイギリス外交官として働くジャスティン(レイフ・ファインズ)のもとに、
救援活動に励んでいる妻テッサ(レイチェル・ワイズ)の突然の訃報が届く。
妻の死の真相を調べたジャスティンは、妻が追っていた製薬会社による汚職事件に辿り着く。

何事に対しても物怖じせず積極的で正義感の強いテッサに対し、
ジャスティンはどちらかと言えば事なかれ主義。
最初の出会いから結ばれる展開がいささか早かったので、
もしやテッサにその地位など利用されたのでは・・と思ってしまったけれど、
物語が進むに連れてそれは邪推だったと。
(ちょっと、彼女のようなタイプは女同士としては苦手かもしれない)
アフリカの貧困、企業の利権、見て見ぬ振りをする役人の腐敗などを背景に、
夫婦の愛の深さと人間を動かすものは何かなどを考えさせられました。

レイフ・ファインズがとても繊細に演じてます。
この俳優さんは好きなのでDVDで色々観ましたが「イングリッシュ・ペイシェント」「ことの終わり」 「レッド・ドラゴン」などが良かったかな~たくさん出演作品があるので、まだまだ未見作品が!
可愛らしい顔つきのレイチェル・ワイズが、強い信念と正義感溢れる女性を好演しています。
レイチェルは確かほんとに妊娠してたと思うけど、劇中の大きなお腹はメイクとか。
あんな事までできるんだ~凄くリアルなお腹だったからビックリ!

スクリーン一杯に広がったスラム街やどこまでも続くセピアな風景が、より一層の物悲しさを感じました。

2006年 3/16公開 イギリス映画
監督 フェルナンド・メイレレス

C.O.M.M.E.N.T

こんにちわー。
レイフ・ファインズ,繊細さと憂いをおびた品のよさが素敵です。とても,好きな英国俳優さんの一人です。
この映画も,彼が演じたから,私も夫婦愛に感動できたのでは,と思っています。
レイチェル・ワイズさんは,可愛いけど,体型はたくましいですね。ヒップがどっしりしてて。信念のある過激な女性を演じることが多いようです。TBさせていただきました。

2007/09/22 (Sat) 17:49 | なな #- | URL | 編集 | 返信

ななさんへ

TBありがとう〜

私もこの映画はとっても印象に残っています。
ラストはなんとも切ないけど、
色々と考えさせられる内容で、主演お二人の演技には引き込まれました。

レイフ・ファインズはこんな繊細な役から悪役まで何でもこなす演技派な方で大好きです(^^)/
レイチェルはこの時本当に妊娠してたので、そんな体型だったかな?それとも元々?(笑)

2007/09/25 (Tue) 14:52 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

レイフ・ファインズ

レイフ・ファインズ大使としてキルギスタン訪問中に撮影レイフ・ファインズ(本名Ralph Nathaniel Fiennes)は 1962年12月22日、イギリスのサフォークで生まれた。名前は'Ralph'(ラルフ、ラーフとも読む)と綴るが、Rafe(レイフ)と発音する。過去、ト

2007.02.22 (Thu) 10:13 | まひろの部屋

ナイロビの蜂

この映画はブラッド・ダイヤモンドや、ホテル・ルワンダのように、虐げられたアフリカの問題に鋭くメスを入れた作品ではあるがそれにもまして心に強く残ったのは やはり何と言っても切なく美しい夫婦の愛                    レイチェル・ワイズが演じ

2007.09.22 (Sat) 17:45 | 虎猫の気まぐれシネマ日記