FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
PAN20150002.jpg

第二次大戦下のロンドン。
孤児院で暮らす12歳の少年ピーター(リーヴァイ・ミラー)は、いつか母(アマンダ・セイフライド)が迎えに来てくれることを夢見ていた。
ある日、地下室で“別の世界で必ず会える”と書かれた母の手紙を発見したピーターは、就寝中に空飛ぶ海賊船によってさらわれてしまう。
冷酷な海賊・黒ひげ(ヒュー・ジャックマン)が支配している不思議な世界ネバーランドへと連れ去られたピーターは、謎の若者フック(ギャレット・ヘドランド)や女戦士タイガー・リリー(ルーニー・マーラ)と出会い、自らの宿命を知ることになるが…。


冒険物語「ピーターパン」を実写映画化。
ピーター・パンが誕生するまでの物語を描く。

2015年 10/31公開 アメリカ映画
監督 ジョー・ライト
{★★★3/5}
PAN0033214.jpg
「ピーターパン」の前日譚。
主人公ピーターがピーターパンになるまでの成長と、宿敵であるフックとの出会いや海賊黒ひげとの戦いを描く物語。
美しい映像のファンタジー映画で、娯楽作品として映画館で観るには合格点だろうけど、ピーターの身の上と、フック船長との馴れ初めを知った程度で、せっかく黒ひげを別の悪キャラに置いたのに、中身が薄いというか、色々と勿体なさが残る映画だった。
ピーターを演じたリーヴァイ・ミラーのブレのない少年らしさをフック船長のギャレット・ヘドランドがクールな兄貴分のように支えていて、その後、どうしてああなってしまったのか不思議なくらい2人の関係性は微笑ましいものでしたが、ハゲからしわくちゃ老人まで多彩なコスプレを見せてくれたヒュー様の感情(恋愛事情だけ?)がいまひとつ伝わりにくく、ルーニー・マーラがタイガー・リリーって、「えっ?」て感じ(苦笑)
ヒュー様の登場シーンはインパクト大でプチ萌えましたけど(;'∀')
PAn0021.jpg
それでも綺麗な映像と活劇映画のワクワク感はあったんですけど、途中から、「空飛ぶパイレーツ・オブ・カリビアン」みたいで飽きてしまった。
黒ひげとかマーメイドとか、クライマックスの2隻のバトルは、まるで「ワールドエンド」みたいで、そういえば、タコ船長の最後も海の底深く深く沈んで行ってしまったし、音楽もなんか似てるなーと思ったら、ハンス・ジマーのお弟子さん(?)だそうで、やっぱりなって感じ。
古典以外のジョー・ライトって微妙、、、。

*ハウス世界名作劇場の「ピーターパンの冒険」を毎週見ていたの思い出した(笑)
小さかった息子はウェンディが大好きで、その息子を好いていてくれた女の子は、いっつも二つ結びのリボンをして公園に来ていた(笑)
*私はスミーがツボだった。
*フックにまつわるネタは面白かった(´▽`)

オマケ
ここの映画館へ行く度、1度は近くで見たいと思っていたMRJ。
やっとタイミングが合いました!!
securedownload0022541MRJ.jpg
2015.11.05 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/1296-c98e75c6
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。