FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

The Intern

ファッション通販サイトを起業し、急成長させたジュールズ(アン・ハサウェイ)の会社に、シニア・インターン制度によって70歳のベン(ロバート・デ・ニー)が採用される。
新たなやりがいを求め再び働きだしたベンは、若者ばかりの会社で浮いた存在になると思われたが、カルチャー・ギャップを楽しみながらいつしかオフィスの人気者となり、仕事も家庭も順調そのものだったジュールズが直面する試練を陰ながら支えることになる…。


ファッション・サイトの若い女社長が、70歳のインターンに戸惑いながらも、次第に絆が芽生えていくさまを描いたハートフル・コメディ。
ブランドからカジュアルまで洗練されたファッションも見どころ。

2015年 10/10公開 アメリカ映画
監督 ナンシー・マイヤーズ
{★★★★4/5}
THE INTERN 0052
「恋愛適齢期」や「ホリデイ」に及ばなかったのは残念だけど、ナンシー・マイヤーズらしい笑いと暖かさが心地良く、オスカー俳優ふたりの安定したお芝居が楽しめる作品。
特別な事が起こるわけではなく、それぞれの日常生活がごく自然に繰り広げられ、誰もが毎日を懸命に生きているんだと共感を得やすいお話しで、今作でも悪い人は不在、安心感があって、ほっこりとした気持ちになれた。
THE INTERN 300
ジュールスを演じるアンは、「プラダを着た悪魔」のその後を観るようで、自分の弱さを認めながらも自分らしさを見つけていく女性像がぴったり。
仕事と家庭との両立、夫婦親子関係、ママ友関係、身近な苦労が伝わってくる。
威圧感を封印(笑)したデニーロは、ゆとりがあってとってもチャーミング。
長い経験と理知的な感覚で周りの空気を見極め、それぞれが適材適所に導かれていくような不思議な魅力の持ち主で、拘りや価値観、人生スタイルが確立している。
能力があってバリバリ仕事をこなすのも働く意味があるし、今の日本は定年が伸びたり再雇用の契約が増えたりしているけれど、いつまでも仕事に追われているって感覚の方が強い気がして、ベンのように自分らしく働けている高齢者はそう多くはないのだろうな。
ハンカチとかネクタイにスーツとか、紳士なベンに感化されていくITオタクたちも愉快だった(笑)
コミカルながらもセリフのひとつひとつに重みがあると言うか、“うんうん”と肯ける。
働く女性はもちろん、あらゆる世代や立場に共通するテーマがある優しい作品でした。
THE INTERN 0065
*ジュールスママ宅への侵入、爆笑だった!!
ブラピは無理だけどマットならOKとか、ベン・アフレックの弟とか、名前思い出してあげてー(;'∀')
*クレームがあったブライズ・メイドのドレス、アンの「レイチェルの結婚」をネタにしてあるのかな。
*育メンパパの苦労もそれとなく判明(;´・ω・)
*「ピッチ・パーフェクト」の嫌な奴が出てたから用心したけど能天気な良い子のままだった。
*マッサージだけでねぇ~~。
あちらはいくつになっても現役万歳なのね、周りの反応も寛大と言うか(爆)
*CEO選びは灯台下暗しってことでしょう。
*「さよなら」の日本語、スシ、しょうゆ、何気に日本贔屓?(*‘∀‘)
2015.10.15 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/1291-25cc21b0