FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

HERO 0012

コンパニオンの女性が、ネウストリア公国大使館付近の路上で交通事故に遭い死亡する事故が発生。
被害女性は、大阪地検灘支部の検事雨宮舞子(松たか子)が調べていた広域暴力団絡みの重要な証人だった。
事務次官一ノ瀬隆史(大倉孝二)と東京地検城西支部へやってきた雨宮は、捜査担当の検事久利生公平(木村拓哉)と8年ぶりに再会、 合同捜査をすることになる。
交通事故が大使館と何らかの関係があるのではないかと考えた久利生は、治外法権の壁を越えるため、麻木千佳(北川景子)と独自の捜査をすすめるが…。


テレビドラマ「HERO」の劇場版第2弾。
交通事故の真相を巡り、大使館という捜査権の及ばない大きな壁にぶち当たった久利生公平と東京地検城西支部の面々の奮闘を描く。

2015年 7/18公開 日本映画
監督 鈴木雅之
{★★★㊤3/5}
HERO 745
松たか子が再登場する劇場版。
久利生と雨宮のやりとりを観ると、やっぱり「HERO」ってこの2人が居てこそなんだと思うし、メンバーの個性とさり気無い(笑)団結力が前面に出ていて、まとまりのある安定した作品だった。
個人的には、前作のように当時人気の韓国はハズせない客寄せシーンがなくて良かったけど、その分、アクションや緊迫する裁判劇などドラマチックな盛り上がりに欠けるので、映画的にはどうでしょ(苦笑)
また、外交に関わる超難題にもかかわらず、(ネウストリア公国に)物分りの良い人が多く、わりとスムーズに事が運んでしまうので、治外法権の壁と言いながらもあまりそれを感じることはできず、ヤクザの妨害だけでなく、国家組織各所からの圧力や八方塞に悩む久利生の姿があったら観客に一体感があったかも。
あくまでも彼らしいスタンスで乗り切るには、ちょっとご都合が良すぎる感じは受けましたが、新しい城西支部メンバーと雨宮の微妙な緊張感とか、それぞれのやりとりとか、テンポの良さとか、隅々まで楽しめました。
HERO 862
関西支部のイッセー緒方や大倉孝二も面白かったし、ドラマでも最終回に出るのか?と思った「角野卓造じゃねーよ!」の待ち受けについに出たっ!!って爆笑でした。
とにもかくにも、「好き」という思考だけで行動せず、つかず離れずの2人の関係がいい。
ラブモードにならない美学を貫いて欲しい^^
2015.07.23 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/1279-8eedf5fa