--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2015_07
02
(Thu)15:18

まとめて(WOWOW)

「アップサイドダウン 重力の恋人」 2013年公開
UPSIDE DOWN
上下が逆転した双子惑星で繰り広げられる禁断の恋の行方を描くSFファンタジー・ラブ・サスペンス。
ジム・スタージェス  キルステン・ダンスト
*幻想的な映像でヴィジュアルは良かったけど、ご都合のいい展開でラブストーリーとしてのお話も弱い。
★2.5

「シャドー・ダンサー」2013年公開
SHADOW DANCER
イギリスとアイルランドの歴史を背景に、1990年代初頭の北アイルランドで、我が子を守るため仲間を裏切りスパイとなったIRA女性コレットの葛藤を描く。
アンドレア・ライズブロー クライヴ・オーウェン
*歴史サスペンスとしての緊迫感や真相みたいなものが見えず、シリアスで重そうな雰囲気で責めながら、やっぱりねって感じ。
二重スパイの葛藤より女の強かさを思う。
★2.7

「ビザンチウム」2013年公開
BYZANTIUM001.jpg
「インタビュー・ウィズ・ヴァンパイア」のニール・ジョーダン監督が、過酷な宿命を背負うふたりの美女の悲痛な運命をセクシーかつスタイリッシュに描き出したヴァンパイア・ストーリー。
ジェマ・アータートン シアーシャ・ローナン サム・ライリー ジョニー・リー・ミラー ケイレブ・ランドリー・ジョーンズ
*ヴァンパイア映画らしいストーリーながら、スタイリッシュな映像とキャストが嵌り、それぞれヴァンパイアとしての生き様や葛藤が潔かった(どんな身の上になっても母さんは凄い)
はかなく細く病的なシアーシャ・ローナンとケイレブ・ランドリー・ジョーンズのカップルがナイス!!
★3.7

「ある愛へと続く旅」2013年公開
TWICE BORN
90年代のボスニア紛争を背景に、かつてサラエボで青春の日々を過ごしたイタリア人女性が、亡き夫との思い出の地を忘れ形見の息子と旅する中で、ひとつの真実と向き合うさまを描く。
ペネロペ・クルス エミール・ハーシュ
*「赤いアモーレ」のセルジオ・カステリット監督、原作は、「~アモーレ」と同じく嫁マルガレート・マッツァンティーニ、監督はペネロペの夫で大佐としても出演、また息子もペネロペの子供として登場するという、セルジオ一家で作り上げた作品。
男女に限らず、家族や仲間、友情など、様々な愛がとっても濃厚に描かれ、驚愕の事実には民族紛争の負の歴史を思わずにはいられなかったが、全体的にメロドラマっぽくも感じて今ひとつ心に響くものがなかった。
ペネロペが大学生だったり白髪交じりのミドルだったり、特に老けメイクには違和感たっぷり。
★2.8

「ブラインド・フィアー」2014年公開
PENTHOUSE NORTH
盲目のヒロインが自宅に押し入ってきた犯罪者を相手に、孤立無援のサバイバルを繰り広げるを演じたサスペンス・スリラー。
ミシェル・モナハン マイケル・キートン
*オードリー・ヘップバーンの「暗くなるまで待って」みたいな、、、
★2.7

「シュガー・ラッシュ」2013年公開
WRECK-IT RALPH
ゲームの悪役キャラクターが、奇想天外な大冒険を繰り広げるディズニー製作のハートウォーミング・ファンタジー・アドベンチャー・アニメ。
*人間の知らない裏側世界「トイストーリー」のゲーム版。
カラフルでポップ、リアルなゲームの世界観映像は、アニメ映画とゲームの融合のよう。
吹き替えのジョン・C・ライリーはまんまラルフ(笑)
★3.7

「LEGO ムービー」2014年公開
The Lego Movie
ストップモーションでレゴを動かしてるようなCGアニメ。
レゴブロックで構築された世界を舞台に、ひょんなことから世界を救う羽目になってしまった主人公のドタバタぶりを描く。
*レゴ化したアメコミキャラや映画のパロディ、コネタが楽しい♪
声優も豪華。
何から何までレゴだらけで観ているだけで面白い!!
レゴの特性を活かしつつ、「トイ・ストーリー3」にも通じるものがあり、ラスト辺りから(完全実写には戸惑ったが)涙がウルっと…。
★3.6

C.O.M.M.E.N.T

「アップサイド」。世界観は、なんじゃこれで面白かったです。
「ビザンチウム」。ヴァンパイアものはもともと好みですが、これは、けっこう好き。ジェマとシアーシャも、いいです。
「LEGO」。実写を挟んだのはよかったけど全体的にはそれほどでも…。

2015/07/27 (Mon) 23:18 | ボー #0M.lfYJ. | URL | 編集 | 返信

ボーさんへ

ジェマとシアーシャは良かったですよねー。
キルさんは苦手です、あの人がいつも男子憧れの美人って設定が不思議で仕方がない(苦笑)
「LEGO」は軽い気持で観て、確かに話が面白いってわけではなかったんだけど、ラストにそういうことかとちょっと切なくなったのね。
実写のウィルは嫌だったけど(゚Д゚)

2015/08/08 (Sat) 15:46 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

「アップサイドダウン 重力の恋人」

重力が反対の世界が、画面の上下に見られる図がおもしろい。

2015.07.27 (Mon) 23:12 | 或る日の出来事

「ビザンチウム」

ヴァンパイア母娘のサバイバル&娘の青春もの。

2015.07.27 (Mon) 23:13 | 或る日の出来事

「LEGO(R)ムービー」

「ワイルドガール」って字幕に出るけど、英語では「ワイルドスタイル」って発音してるよ?

2015.07.27 (Mon) 23:13 | 或る日の出来事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。