--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2014_02
28
(Fri)16:46

WOWOW で(2014年)

「フリーランサー NY捜査線」2013年公開
FREELANCERS.jpg
父親の死の真実を知ったニューヨーク市警の新人警官が、腐敗した警察と巨悪にリベンジするクライム・アクション。
カーティス・“50Cent”・ジャクソン ロバート・デ・ニーロ フォレスト・ウィッテカー
オスカー俳優を従えた50Cent★2

「レッド・ライト」2013年公開
RED LIGHTS
超常現象の科学的解明に没頭する科学者が、超能力者の嘘に挑む推理サスペンス。
ロバート・デ・ニーロ キリアン・マーフィ シガーニー・ウィーヴァー
映像がスタイリッシュでテンポ良く、前半はとても面白かったが後半失速。
伏線がイッパイで張り方も上手いが、その分、ツッコミも多くなったのが残念。
キリアン好きにはそれなりに満足★3

「スカイライン 征服」 2011年公開
Skyline.jpg
ロサンゼルス上空に突如現れた巨大宇宙船が地球を征服していく3日間を描くSFアクション。
VFXアーティスト兄弟の映像はクオリティが高いけど、ストーリーは陳腐★2.1

「エンド・オブ・ザ・ワールド」2013年公開
SEEKING A FRIEND FOR THE END OF THE WORLD 11
小惑星衝突による地球滅亡が迫っている中、真面目でさえなかった男が、人生を実りあるものに変えようと、イギリスへ帰国できなかった隣人の女性を連れ、愛を探る旅に出る異色ロマンス。
スティーブ・カレル キーラ・ナイトレイ
盛り上がりには欠けるけれど、何だかんだと行き着く先は納得で、できればこう終りたいかもと思う。
「メランコリア」みたいに根暗で面倒臭い人はいないから、人それぞれの終息観とか言いたいことが分かる。
奔放なキーラ、微かな笑いを誘う不器用なカレル、2人とも魅力的。
流れる音楽も名曲ばかり★3.7

「東ベルリンから来た女」 2013年公開
BARBARA.jpg
ベルリンの壁崩壊前、西ドイツへの移住申請を却下され、バルト海沿岸にある小さな町へ左遷された女性医師の姿を描く。
社会派ドラマで静かな展開ながら、頑な女医さんが何を考え何を目的としてるのか、エンタテイメントとして良く出来ていてる。
ラストの予想はつくが、常に感情を露にしない彼女の結論は、新たな先へ進んだと思う。
自転車を走らす田舎町のロケーションも印象的★3.7

「マリー・アントワネットに別れをつげて」2012公開
FAREWELL, MY QUEEN
マリー・アントワネットの朗読係の視点で、フランス革命の裏側を描いた歴史劇。
レア・セドゥー ダイアン・クルーガー ヴィルジニー・ルドワイヤン
ヴェルサイユ宮殿、調度品、衣装、時代へタイムトリップしたように豪華絢爛な映像が楽しめる。
様々な人間、立場、宮廷内のドロドロとした嫉妬や秘め事も興味深い。
身寄りのない王妃の朗読係、世の中そんなに甘くないと分かったろうが、この後、どうなったのだろう…★3

「ある殺人に関するテーゼ」 日本未公開
Tesis sobre un homicidio
教鞭をとる大学構内で起きた女性レイプ殺人事件の犯人が、知人の息子である教え子ではないかと疑う男の犯罪サスペンス。
アカデミー賞外国語作品賞「瞳の奥の秘密」のリカルド・ダリン
少しずつ犯人や真相に辿り着くのかと思いきや、またも「瞳の奥の秘密」のように観る者に委ねられた。
1度では分からないのか?と思ったりしたけど、リピートしたい気にもならず。
元弁護士がかなりの女好きであるのだけはハッキリ分かった^^★3  

「サハラ、熱砂の愛 」 日本未公開
Le dernier
実在の飛行士ビル・ランカスターと恋人ジェシー・ミラーをモデルにした原作小説の映画化。
1933年にサハラ砂漠で消息を絶った恋人を探す女性飛行士の愛の運命を描く。
マリオン・コティヤール ギョーム・カネ
共感できないお話。
愛のためなら何でもあり?人間は勝手だな。
公私共に仲良く2人でやっててください(苦笑)
モロッコの砂漠とラクダはやっぱりスゴイと思った★2

「ヘンゼル&グレーテル」 日本未公開
HANSEL GRETEL WITCH HUNTERS
グリム童話「ヘンゼルとグレーテル」の後日談。
魔女を退治し生還してから15年、魔女ハンターとして賞金稼ぎの日々を送っていた兄妹が、誘拐事件の解決を依頼される冒険ファンタジー。
ジェレミー・レナー ジェマ・アータートン ファムケ・ヤンセン ピーター・ストーメア
100%大人向け、子供は泣くかも(;^_^A ★3.7

「最高の人生の選び方」 日本未公開
The Open Road
人生に不器用な親子の和解とそれぞれの岐路を綴るヒューマンロードムービー。
ジェフ・ブリッジズ ジャスティン・ティンバーレイク
殿堂入りするほどの元野球スター選手の父と、それを継いだスランプの息子。
父親と比べると何もかも劣るっていうのはピッタリだったけど、とにかくティンバーレイクが野球選手には見えない。
ロードムービーとしてのエピソードがどれも詰まらなかった★2.5

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。