FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

ANNIE001.jpg

ニューヨークのマンハッタン。
10歳の少女アニー(クヮヴェンジャネ・ウォレス)は、4歳の頃にレストランで両親に置き去りにされ、養育費目当ての強欲な里親ハニガン(キャメロン・ディアス)が営む施設で暮らしていた。
ある日、車にはねられそうになったアニーは、携帯電話会社のCEOスタックス(ジェイミー・フォックス)に助けられる。
市長選当選を目指すスタックスに、キャンペーンスタッフは、しばらくの間アニーを引き取れば、イメージアップにつながると提案、しっかり者のアニーも、有名になれば両親が見つかるかも知れないと計画に便乗するが…。


ブロードウェイ・ミュージカル「アニー」を現代風にアレンジし映画化。
両親に再会できる日を信じる少女と、市長選に立候補する富豪の男の奇妙な心の交流を描く。

2015年 1/24公開 アメリカ映画
監督 ウィル・グラック
{★★★㊤3/5}
アニー558
ウィル・スミスとビヨンセの夫、ジェイ・Zのプロデュースによる現代版「アニー」。
元々は、ウィルの娘主演だったそうですが、「ハッシュパピー ~バスタブ島の少女~」で、最年少アカデミー賞主演女優賞にノミネートされた、クヮヴェンジャネ・ウォレスがアニーに決定、新たにオリジナル楽曲も加わえ、アレンジされたリメイク作品。
ベタなストーリー、コミカルな笑い、ノリの良い楽曲の数々と、ミュージカル映画の中ではごく軽めな仕上がりなので、低年齢層向けの印象はありますが、有名な楽曲「TOMORROW」と、アニーの演説(?)がニューディール政策のきっかけとなったことぐらいしか知らず、当然、ミュージカルも観たことがない初アニーの自分には、普通に楽しめる作品でした。
ANNIE8022.jpg
前向きで明るいアニーがNYを駆け巡り、元気一杯のパフォーマンスが盛りだくさん。
ジェイミー・フォックスは安定感があって、ヘリで歌う「The City's Yours 」が素敵な楽曲でした。
意外だったのはローズ・バーン。
最近は、TVドラマ「ダメージ」のイメージが強かったので、歌って踊ってるなんて新鮮(笑)
キャメロン・ディアスも、まあ、楽しそうだったから良しでしょ!!

*最近はディズニーも描かない王道のシンデレラ物語。
*ヅラの必要性はあったのか?
*ちょっとしたトラベル気分になれる(嬉)
*クヮヴェンジャネ・ウォレスがあっという間に大きくなっていた^^
*「トワイライト」+「アバター」のような劇中の映画が笑える。
*ミラ・クニス、アシュトン・カッチャー、マイケル・J・フォックス、パトリシア・クラークソン、リアーナなどなど、カメオ出演者がたくさん。
*ウィル・スミスはこういう楽しませ方を心得ているんだろうな、親子共演の映画にならなくてつくづく良かったと思う。
2015.01.27 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/1245-3936a3c2