FC2ブログ

ビッグ・アイズ 

2015, 01. 23 (Fri) 23:33

BIG EYES 001

1958年。
離婚を決意したマーガレット(エイミー・アダムス)は、娘ジェーンを連れて家出。
サンフランシスコで似顔絵描きを始めたマーガレットは、パリで画を学んだという社交的なウォルター・キーン(クリストフ・ヴァルツ)と出会い、結婚する。
2人の画を売ろうと躍起になるウォルターだったが、ひょんなことからマーガレットが描く“ビッグ・アイズ”が注目を集め、作者は自分だと嘘をつく。
口八丁手八丁のウォルターに、内気なマーガレットは言いくるめられ、ただひたすら制作の日々に追われるが…。


60年代にモダン・アート界で大きなブームを巻き起こし、その後思わぬ一大スキャンダルへと発展した絵画“ビッグ・アイズ”を巡る画家夫婦の実話を映画化。

2015年 1/23公開 アメリカ映画
監督 ティム・バートン
{★★★㊦3/5}
ビッグアイズ2264001
逆三角形の輪郭に大きな眼のアニメーションを思うと、ティム・バートンは、“ビッグ・アイズ”に思い入れがあるのでしょうね。
伝記映画は1994年の「エド・ウッド」以来だそうです。

“ビッグ・アイズ”と呼ばれる絵で、一世風靡した夫婦の真実。
一度明らかになると、大きなスキャンダルとなるゴースト問題ですが、それが夫婦間で行なわれていたということです。
どこまでが事実なのか分からないこともあるのですが、この映画を観る限り、個人的には、どっちもどっちじゃないのって感じでした。
全体的に登場人物の感情描写が薄くて、メインであるマーガレットの本当の気持ちが、あまり伝わって来なかった。
女性に制約が多い時代、マーガレットも内向的で、確かにウォルターは画を描くことを強要していましたが、それを踏まえてみても、自分の作品が世に出れば出るほど、ゴースト化した自身の苦悩はつのっただろうし、「自分の分身、魂だ」という“ビッグ・アイズ”が、大量にコピーされ、商業化されていく事に、それ以上の辛さや葛藤はなかったのだろうか。
事実が知れたら同罪だと脅されたとしても、作者として作品に真の愛着はなかったのでしょうか。
ビッグアイズ2033510
マーガレットがひとつガツンとやってくれるのかと思っていたけど、クライマックスへ向けては、雑さばかりで拍子抜け。
逃げるようにハワイへ家出したマーガレットは、1年後、離婚承諾の条件で、ゴーストのまま作品を描くことを了解。
ある宗教がきっかけとなり、ラジオ番組で真実を告白、訴訟を起こす流れが唐突ならば、裁判はウォルターの一人芝居からのまるで茶番劇。
そんなん、イラストでも描かせてみれば一発だわと、のっけに思ったのは私だけではないだろうな(笑)
ビッグアイズ8021004
人の興味を惹くバックグラウンドが用意され、優秀なプロモーションがないと素晴らしい絵画として売れないのだと、実際、ウォルターはその辺りの直感が天才肌で、“ビッグアイズ”はバカ売れ、巨万の富を稼ぎ出しました。
もしもの過程話として、ウォルターにそんな才能がなければ、マーガレットの画は埋もれたままで、大金を稼ぐことはなかったのかもしれません。

映画全体の印象として、クリストフ・ヴァルツの独壇場みたいだったので、どちらかというと、 山師のようなウォルターの伝記を観たくなった(笑)
最初から怪しげではあったけど、マーガレットが金ずると思って結婚したわけではなく、画商に画を見せた時には「妻の作品」と言っていたのに、どこからどう変化していったのだろう。
画家に憧れながらも夢は達成できなかったのが本当なら、最後まで作者は自分だと言い張り、一文無しになってこの世を去ったウォルターの人生の方が興味あると思ってしまうほど、主人公であるマーガレットに魅力を感じない作品でした。

コメント

ituka

作る人売る人

これ絶対条件と思うし、この夫婦も夫の嘘さえなければ
ワタシ的にアリだと思いましたよ。

でも、ペテン師はいつまでたってもペテンのままで子供の教育に良くないね(笑)

2015/01/24 (Sat) 19:59 | ituka | 編集 | 返信

yukarin

こんばんは♪

ヴァルツさんはこういう役がハマりますね。
本当ならドロドロな感じなんでしょうけど、裁判のシーンでは笑ってしまいました。
観終わってみるとウォルターの物語のようにも思えました^^;

2015/01/24 (Sat) 23:20 | yukarin | 編集 | 返信

にゃむばなな

こんばんわ

そうそう、この話はウォルター目線で見たかったですよね。
ティム・バートンならそっちの方がお得意路線だと思うんですけどね。

2015/01/25 (Sun) 23:07 | にゃむばなな | 編集 | 返信

オリーブリー

itukaさんへ

こんばんは。

>夫の嘘さえなければ

普通に頼れる夫で、良いプロデューサーになったんじゃないですか。
時代とはいえ、どこかで待ったをかけるべきと思うのですがねー。
自分の作品なんだし、描かないとハンストしてもいい(笑)

2015/01/27 (Tue) 23:52 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

yukarinさんへ

こんばんは。

ホント、ヴァルツはこんな役がはまりますよねー!!
裁判のシーンは、描けないのは分かっていたけど、瞑想(爆)後、突然のイタタタタには、そうきたかでした(笑)

2015/01/28 (Wed) 00:05 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

にゃむばななさんへ

こんばんは。

ですよね、ティムらしい毒気でウォルターって人物を観たかったと思いましたよ。
それもこれも、マーガレットの苦悩っていうものが、サッパリ伝わらないからでしょうか。

2015/01/28 (Wed) 00:27 | オリーブリー | 編集 | 返信

ボー

そうなんです。

ヴァルツ夫のアクの強さだけ出てて、エイミーちゃん妻の見せ場的なものが…。
しかもティム・バートンにしては、なんでもないフツーな映画に思えて。今後こんなふうで行くんでしょうかねー。

2015/02/07 (Sat) 20:58 | ボー | 編集 | 返信

オリーブリー

ボーさんへ

こんばんは。

分身だと言うこの画のタッチ、何となくエイミーとダブって、キャスティングは正解とは思うのですが、お話の流れでは、ヴァルツの人格に興味がわいてきますよねー。
今回、中心核がティムらしくなかったですが、ジョニーとヘレナなしで作り上げたのは拍手です(笑)


2015/02/13 (Fri) 23:40 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  ビッグ・アイズ/エイミーの素晴らしい眼力
  • 1960年代に大きな目が特徴少女の絵が世界中で大人気となった。本作はその絵の作者マーガレット・キーンと、夫ウォルターが妻の絵を自分のものだと偽った事件の裏側を描いた伝記映画だ。主演は『ザ・ファイター』などのエイミー・アダムスと『イングロリアス・バスターズ』のクリストフ・ヴァルツ。監督は『アリス・イン・ワンダーランド』などのティム・バートンが務める。※1月23日よりTOHOシネマズ有楽座ほかで公開
  • 2015.01.24 (Sat) 01:23 | MOVIE BOYS
この記事へのトラックバック
  •  劇場鑑賞「ビッグ・アイズ」
  • 私が、描いた… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201501230000/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】【ライブアクション】【BD2枚3000円2倍】【 】アリス・イ...価格:1,500円(税込、送料込)
  • 2015.01.24 (Sat) 06:16 | 日々“是”精進! ver.F
この記事へのトラックバック
  •  ビッグ・アイズ〜はBig Liesを知っている
  • 公式サイト。原題:Big Eyes。ティム・バートン監督。エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ、デラニー・レイ、マデレーン・アーサー、ダニー・ヒューストン、ジェイソン・シュ ...
  • 2015.01.24 (Sat) 08:54 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  •  ビッグ・アイズ
  • 評価:★★★☆【3.5点】(P) “ビッグ・アイズ”シリーズ全般と楳図かずおの描くキャラクターが
  • 2015.01.24 (Sat) 19:43 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
この記事へのトラックバック
  •  ビッグ・アイズ
  • 【BIG EYES】 2015/01/23公開 アメリカ 106分監督:ティム・バートン出演:エイミー・アダムス、クリストフ・ヴァルツ、ダニー・ヒューストン、ジョン・ポリト、クリステン・リッター、ジェイソン・シュワルツマン、テレンス・スタンプ 大きな瞳だけが知っている。 Stor...
  • 2015.01.24 (Sat) 23:04 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
この記事へのトラックバック
  •  ビッグ・アイズ/BIG EYES
  • ティム・バートンが珍しくジョニーも出さず、実話の映画化に挑む 実在の画家マーガレット・キーンとその夫ウォルター。 60年代のポップアート全盛期に衝撃を与えた"ビッグ・アイズ"シリーズをめぐる秘密が明かされる。 自身もBIG EYESシリーズのファ...
  • 2015.01.24 (Sat) 23:38 | 我想一個人映画美的女人blog
この記事へのトラックバック
  •  『ビッグ・アイズ』
  • ティム・バートンならウォルター・キーン目線で描くべきでしょう。 1960年代にアメリカで実際に起きた、ウォルター&マーガレット・キーン夫妻間のゴーストライター事件ならぬゴー ...
  • 2015.01.25 (Sun) 23:13 | こねたみっくす
この記事へのトラックバック
  •  ビッグ・アイズ
  • ファンタジーのティム・バートン監督が、実話を基に映画化なんて、どう言う映画になるんだろうと気になっていた『ビッグ・アイズ』を観てきました。 ★★★★ ティム・バートン監督の新境地。 最近、彼の映画が大人の感性になってきたと、新作ごとに感じていたのが、今回は...
  • 2015.01.30 (Fri) 00:25 | そーれりぽーと
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  いつもと違うティムバートン作品。(;´∀`)〜「ビッグ・アイズ」〜
  • このときにもっと食ってかかってたらここまでいかなかったろうか。 いやそもそも出会ったとっからして、マーガレットは騙されていたわけで。 私には娘と絵しかなかった。・・・それが ウォルターという「共犯者」を得てマーガレットの書いた「ビッグアイズ」は売れた...
  • 2015.02.01 (Sun) 00:49 | ペパーミントの魔術師
この記事へのトラックバック
  •  ゴーストペインター~『ビッグ・アイズ』
  •  BIG EYES  1958年。専業主婦のマーガレット(エイミー・アダムス)は横暴な夫の下から 逃げ出し、一人娘ジェーンとサンフランシスコで暮らし始める。似顔絵描きを 始めたマーガレットは、ウォルター・キーン(クリストフ・ヴァルツ)という画家と 出逢い、結婚するのだが・・・。  1960年代のアメリカで、アンディ・ウォーホールもその才能を認めていた...
  • 2015.02.02 (Mon) 18:45 | 真紅のthinkingdays
この記事へのトラックバック
  •  ビッグ・アイズ
  •  『ビッグ・アイズ』をTOHOシネマズで見ました。 (1)昨年の佐村河内事件が未だ記憶に生々しかったり、丁度TBSTVで『ゴーストラーター』が放映されたりしていることもあって、映画館に行ってきました。  本作(注1)の冒頭では、「based on the true event」の字幕が映...
  • 2015.02.03 (Tue) 21:22 | 映画的・絵画的・音楽的
この記事へのトラックバック
  •  「ビッグ・アイズ」
  • ティム・バートン監督にしたら、ずいぶん普通の映画だなあと思った。
  • 2015.02.07 (Sat) 20:54 | 或る日の出来事
この記事へのトラックバック
  •  映画ビッグ・アイズと、本「良心をもたない人たち」
  • 実話に基づくティム・バートン監督の作品です。 「ビッグ・アイズ」と呼ばれた大きな目と悲しげな表情の少女の絵。 1960年代この絵を巡ってアメリカでこんな事件が起こったことを知らなかったし、 昨年から映画館に貼られたポスターから本作がこんなストーリーだったは想...
  • 2015.02.11 (Wed) 01:10 | 映画の話でコーヒーブレイク
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ビッグ・アイズ ★★★.5
  • 世界中でブームとなった絵画シリーズをめぐり、実在の画家マーガレット&ウォルター・キーン夫妻が引き起こした事件の行方を描く伝記作品。妻が描いた絵を夫が自分名義で販売し名声を手にしていたことから、アート界を揺るがす大スキャンダルへと発展していく。監督は、自...
  • 2015.03.07 (Sat) 19:49 | パピとママ映画のblog
この記事へのトラックバック
  •  ゴーストペインターもいたんです!
  • 28日のことですが、映画「ビッグ・アイズ」を鑑賞しました。 1960年代、哀愁漂う大きな目の子供を描いた絵画「BIG EYES」シリーズが世界中で人気を博す 作者のウォルター・キーンは一躍アート界で有名になるが何と実際に制作していたのは内気な性格の妻マーガレットで・...
  • 2015.04.20 (Mon) 07:45 | 笑う社会人の生活