心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 ら行 ≫ 6才のボクが、大人になるまで。

6才のボクが、大人になるまで。

BOYHOOD0025.jpg

6歳の少年メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(パトリシア・アークエット)と姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とテキサス州の小さな町で生活していた。
キャリアアップを目指した母は、大学への入学を決意し、メイソンとサマンサを連れ、祖母が住むヒューストンへと引っ越しを決める。
離婚してアラスカに行っていた父(イーサン・ホーク)との再会、母の再婚、多感な思春期、メイソンは様々な経験を重ね、成長していく…。


6歳の少年とその家族の12年にわたる軌跡をつづった人間ドラマ。
主要人物4人を同じ俳優が12年間演じ、それぞれの変遷の歴史を映し出す。

2014年 11/14公開 アメリカ映画
監督 リチャード・リンクレイター

{★★★★4/5}
6才のボクが、大人になるまで0066
“ビフォア”三部作のリチャード・リンクレイター監督が、少年の成長と家族の物語を、実際に同じ役者たちで12年をかけて撮影したという、画期的な作品。
この正月にやっと公開され、劇場のアナウンスでは、ゴールデン・グローブ賞の作品賞受賞と紹介されていました。
アカデミー賞にも6部門でノミネートされました。
アメリカンな映画だし、本国の賞レースを賑わす作品のひとつとなるのは当然なんでしょうね。
観終わって感じたのは、積み重ねの映画って真実味があるし、こういう挑戦(?)はスゴイとは思うけれど、作品賞とかってなると、何か違うような気がするのが正直なところ。
6才のボクが、大人になるまで001
シングルマザーとして安定した収入を得る目的はあるが、元々、向上心や学び欲が高く、男運が悪い母オリヴィアの事情で、家庭環境が度々変わり、週末は、自由人のような父親メイソンsr.と過ごす姉弟。
大きな出来事や重大な事件など起こることもなく、その時々の家族の日常が淡々と繰り返される。
良い時もあれば悪い時もある、、、。
ただそれだけのファミリードラマ。
リアルだと感じる映画は多々あっても、幼い登場人物は、年齢を追うごと大人の階段を登り、大人たちはどんどん老けていく(苦笑)。
時の流れに嘘偽りがなく、メイソンとその家族が特別ではないからこそ、経過を共有でき、子を持つ親の気持ちに寄り添えた。
メイソンが大学へと旅立つ日、「もっと長いと思っていた」という母親に大きく共感。
子育てに追われ、自由な時間が早く欲しいと嘆いたりもしたのに、県外の大学へ進学し、ガランとした息子の部屋で泣きじゃくってしまった自分を思い出す。
メイソンの成長物語と同時に、母親、父親の物語でもあり、メイソンが今の一瞬を大切にしたいと思えるようになったのは、親2人の質の違う子育ての成果なんだろう。
親の世代によって、子供との接し方や家族感が変ってきているのも感じ、親と子、2つの世代間をとても上手く表現した作品だった。
ただ、ストーリー重視には、このワンカットが何かに繋がっていくのか?と観てしまいがちで、特に中盤以降は、起伏がなく、映画としての面白味は欠けてしまった。
「北の国から」のようにドラマチックではないし、ビフォア・シリーズのように会話劇に重みを感じなかったかな。
でもこういう映画を体感できたのは良かったと思います。
6才のボクが、大人になるまで008
*時代を反映する流行モノ、父親との音楽や映画ネタ、昔の我が家を思い出した^^
*オープニング、メイソンのことで先生に呼ばれたのか、特別怒ることなく、まずは子供の話を聞いて、それなりに納得できる母親が偉いっ!!と思った。
*姉サマンサ、女の子独特の小生意気さにイラッ(爆)
成長するに従って、それなりに可愛くなっていたけど、基本的なトコはそのままって感じ(笑)
サマンサを演じたローレライ・リンクレイターは、監督のお嬢さんだそう。
まさに成長記録ですね。
*ビフォア・シリーズでも思うけど、どんどん劣化していくのを観るのは、女には酷だ(汗)
*段々と素性(笑)が分かり、渋く老けたイーサン・ホーク。
男は家庭を持って、初めて落ち着くものなんだろう。(車にも象徴されて~笑)
*父と息子の会話が良い。
何気ないけど、母とはできない会話。
男同士にしか分からないもの、時に母は羨ましく思うものです。
*メイソン君、最初は可愛いボクだったけど、だんだん、微妙になっていって、、、
もう最後は、「ペネロピ」や「映画 X-MEN: フューチャー&パスト」のピーター・ディンクレイジさんに見えて仕方なかったです(苦笑)
ピーター・ディンクレイジ

Comment

編集
「ただそれだけのファミリードラマ。」
そう、それ思いましたね。普通なのがドラマチックかというと、そう言えるのかどうか。

「女には酷」確かに。「ピーター・ディンクレイジ」納得(笑)。
2015年01月17日(Sat) 19:14
編集
「作品賞」は違和感ありますね。ただ、どこにも入れるものがないから「作品賞」になっちゃうんでしょうけど。「ナイス企画賞」みたいなのがあればいいんですけどね。
2015年01月17日(Sat) 22:36
こんばんわ
編集
映画だけを見ればオスカーを獲るのはどうかな?と思うのですが、見終わって時間が経てば経つほど心に広がっていくこの温かさを考えるとオスカー獲りもありかなと思えてくるんですよね。

こういう作品は歴史に残すのもいいことですしね。
2015年01月17日(Sat) 23:17
息子のその後
編集
オリーブリーさん☆
母親にとって息子は特に可愛かったりするけれど、泣いてしまったオリーブリーさん可愛い☆
「毛が生えたら終わり」とよく話題にでますが、キレイになっていく娘に反して、息子ってどんどんムサくおっさんになっていくのは、主役の彼だけじゃないと思うと、また虚しいです(爆)
2015年01月17日(Sat) 23:53
ボーさんへ
編集
こんばんは。

例えば転勤で環境が変わるってのは普通としても、日本では、母親が3度結婚離婚って、あまり普通って気はしませんけどねー(苦笑)
思春期でしょう、よくちゃんと育ったなと思いました。

>ピーター・ディンクレイジ
ホント、まだ18歳なのに、ゴメンナサイですが、、、(汗)
2015年01月19日(Mon) 00:05
ふじき78さんへ
編集
こんばんは。

ですね、特別枠ないですもんね(笑)
でも相当な苦労もあったろうし、12年というプランの間に、状況が変ることも含めて、完成品になったのはやっぱり凄いことですね。
2015年01月19日(Mon) 00:15
にゃむばななさんへ
編集
確かに、私も感想を書き始めると、観た後よりは、また違う余韻みたいなものを感じました。
いずれにしても評価されるべき作品には違いないですよね。
2015年01月19日(Mon) 00:22
まだ~むさんへ
編集
こんばんは。

アハハー、声変わりと毛ですね(爆)
すね毛とか、うえぇ~となっちゃいました(爆)

ストーリーはともかく、子役の成長とベテランの加齢に関しては、率直な意見になっちゃいますね。
2015年01月23日(Fri) 00:32
そうですよね・・・
編集
オリーブリーさん、こんにちは☆
そうっか・・・。息子さん、自宅以外の大学に行っていたのね・・・。
18才くらいで、親もとを離れるって、ちょっとまだ早いというかね、寂しい気持ちにお互いなってしまうよね。
でも、その反面、子供は親のありがたみを知るわけで。
早々に、それに気がつけるんだよね。
家なんて(娘一人だけど)、自宅から大学に通っているからなあ・・・。
そろそろ、一人暮らしをして、そういうのに気がついてもらいたいぞ。

*ビフォア・シリーズでも思うけど、どんどん劣化していくのを観るのは、女には酷だ(汗)
アウアウ・・・・('Д')
最近は、御直し技術も進んで、全然変わってない(逆に怖い)女優さんもいらっしゃったりするけども。

最後の写真が、ウギャー!だわ。
2015年08月20日(Thu) 14:05
latifaさんへ
編集
うちの娘も親元離れてないの(笑)
やっぱ、女の子は心配だから親も外へ出す気がなかったし、本人もよそへ行く気がなかった。
地元の短大出て地元で就職して、身の回りのことは、ぜーーーーーんぶ、わたしがやらさせてもらってます(爆)

3作目の「ビフォア・ミッドナイト」、ジュリー・デルピーのスッポンポンがね(笑)なんか、女の歴史って感じで分かるのよ(爆)
若い頃は隠すのに、平気で出しっぱなしという、恐ろしい現実!!
これ、3作立て続けに見たらすごいだろうね~~会話劇は疲れるけど(;'∀')
このママの変化はリアルだったけど、あんなに可愛かったボクのおっさん化はちょっとショック、、、。
2015年08月29日(Sat) 13:07












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

6才のボクが、大人になるまで。
一瞬の時間の意味を描くためにかけた12年 公式サイト。原題:Boyhood。リチャード・リンクレイター監督。エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレイター、イーサン・ホーク、パ ...
2015年01月17日(Sat) 19:06
「6才のボクが、大人になるまで。」
「ボク」より、ラスト近くの母親の言葉に胸を突かれた。
2015年01月17日(Sat) 19:09
「6才のボクが、大人になるまで。」
リチャード・リンクレイター監督の「6歳のボクが、大人になるまで。」(Boyhoo
2015年01月17日(Sat) 19:19
6才のボクが、大人になるまで。  監督/リチャード・リンクレイター
【出演】  エラー・コルトレーン  パトリシア・アークレット  イーサン・ホーク  ローレライ・リンクレイター 【ストーリー】 メイソンは、母・オリヴィアと姉・サマンサとテキサス州の小さな町で生活していた。彼が6歳のとき、母は子供たちの反対を押し切って祖母...
2015年01月17日(Sat) 20:02
6才のボクが、大人になるまで。
6才のボクが、大人になるまで。
2015年01月17日(Sat) 20:44
6才のボクが、大人になるまで。/パトリシア・アークエット
日本公開のだいぶ前からメディアで話題になってましたが、6歳の少年メイソンの成長とその家族の変遷を主人公や両親を演じた俳優など同じキャストで12年にもわたって撮り続けたとい ...
2015年01月17日(Sat) 20:56
6才のボクが、大人になるまで。
 『6才のボクが、大人になるまで。』を日比谷のTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)評判につられて映画館に行ってきました。  本作の舞台はテキサス州のある町。  初めの方では、6歳のメイスンは、ベッドで母親のオリヴィアにハリーポッターの本を読んでもらったり...
2015年01月17日(Sat) 21:54
6才のボクが、大人になるまで。
 少年の成長をテーマに、4人の俳優が12年かけて家族を演じた前代未聞の作品。日本だと「北の国から」がありますが、ドラマと違い、2時間台の映画に12年分を濃縮するというのはすごい。しかも、どこにでもいそうな少年の物語で、難病だの殺人だの映画をもり立てる要素は…
2015年01月17日(Sat) 22:43
『6才のボクが、大人になるまで。』
6才のボクが大人になるまでに必要なこと。それはたくさんの人たちからたくさんの愛を受けること。 劇的な展開がある訳でも、クライマックスに向けて何か大きな感動がある訳でも ...
2015年01月17日(Sat) 23:17
6才のボクが、大人になるまで。/BOYHOOD
「ビフォア」シリーズや「スクール・オブ・ロック」「テープ」など様々な作品で いつも楽しませてくれる、リチャード・リンクレイター監督の、待望の最新作は オーディションで選ばれた6歳の少年エラー・コルトレーンを主演に、 彼の12年間の成長と家族の変遷の...
2015年01月17日(Sat) 23:24
「6才のぼくが、大人になるまで」☆人をつくるもの
まるでドキュメンタリーを観ているかのような、自然体な演技。 4人の役者が同じ家族の12年間を演じるだけでも凄いのに、本物の家族のようで微塵も違和感を感じさせないのは、やはり子役の姉弟の魅力あってこそでは?
2015年01月17日(Sat) 23:47
少年時代~『6才のボクが、大人になるまで。』
 BOYHOOD  テキサスに住むメイソン(エラー・コルトレーン)は、口数が少なく内向的な 少年。姉サマンサ(ローレライ・リンクレイター)とは、喧嘩しながらも仲がい い。ミュージシャン志望だった父メイソンSr(イーサン・ホーク)は家族と離れ てアラスカで放浪し、たまにしか会えない。母オリヴィア(パトリシア・アーク エット)はシングルマザーとして自立す...
2015年01月18日(Sun) 13:26
6才のボクが、大人になるまで。
撮影期間12年 公式サイト http://6sainoboku.jp 製作・監督・脚本: リチャード・リンクレイター テキサスの田舎町に住む6歳の少年メイソン(エラー・コルトレーン)は、母オリヴィア(
2015年01月18日(Sun) 14:46
6才のボクが、大人になるまで。
2014年11月15日(土) 14:35~ TOHOシネマズ川崎3 料金:0円(シネマイレージカードポイント利用) パンフレット:未確認 大学生を大人とは言わない 『6才のボクが、大人になるまで。』公式サイト 原題は、’Boy Hood'であるし、日本語タイトルには違和感あり。 6歳からの12年間を語った話なのだが、大学入学で終了となった。 まあ、大学生のフレッシュマンとしては、妙に...
2015年01月20日(Tue) 21:37
6才のボクが、大人になるまで。・・・・・評価額1800円
12年の、家族のエポック。 映画史に残る、驚くべき青春映画だ。 リチャード・リンクレイター監督と4人の俳優たちが、実に12年の長きにわたって撮影を続けた、現実よりも現実らしいリアリティ・ムービー。 6歳の少年の成長を軸に描かれる人生の軌跡は、出会いと別れ、達成と挫折、成長と老い。 生身の俳優が、自らの肉体の時間をスクリーンに刻み付ける事で生まれる説得力は、唯一無二と言って良いので...
2015年01月20日(Tue) 21:48
映画:6才のボクが、大人になるまで。 あっと驚きの企画が生む、異次元の感動。今年のベスト1級!
昨日に紹介した映画、100歳の華麗なる冒険 とは全く方向性が真逆! 100才が吹く大ボラ、に対し、こちらは 6才(笑) 何と! 12年間、毎年数日ずつ集合して撮影する「人生」の映画。 原題は そのものズバリ、Boyhood。 ドキュメンタリーでなく制作されたこの企...
2015年01月28日(Wed) 06:59
6才のボクが、大人になるまで   BOYHOOD
タイトル通り、12年間という長い時間をかけて一つの家族を追うドキュメンタリーのような ドラマです。同じキャストで、主人公メイソンとメイソンの姉を演じる役者たちが 徐々に成長していく姿を、近所で見守るおばちゃんのような感覚で鑑賞。 子どもから大人へ。この頃の1...
2015年01月30日(Fri) 00:56
6才のボクが、大人になるまで。★★★★★
『ビフォア』シリーズなどのリチャード・リンクレイター監督がメガホンを取り、6歳の少年とその家族の12年にわたる軌跡をつづった人間ドラマ。主人公を演じた新星エラー・コルトレーンをはじめ、主要人物4人を同じ俳優が12年間演じ、それぞれの変遷の歴史を映し出す。主人...
2015年01月30日(Fri) 12:03
6才のボクが、大人になるまで。 BOYHOOD
一つの家族の12年間を追った物語。同じキャストが年齢を重ねていく過程を撮る、といって思い浮かぶのは日本の名作ドラマ「北の国から」シリーズ。父や母になっているであろう純と蛍を見てみたい。この作品は、ゴールデングローブ賞作品賞を受賞しました。 6才のメイソン...
2015年02月16日(Mon) 23:40
6才のボクが、大人になるまで。
6才のボクが、大人になるまで。 '14:米 ◆原題:BOYHOOD ◆監督:リチャード・リンクレイター「恋人までの距離(ディスタンス)」「ビフォア・サンセット」 ◆出演:パトリシア・アークエット、エラー・コルトレーン、ローレライ・リンクレーター、イーサン・ホーク、イ...
2015年03月11日(Wed) 22:05
18年の時
20日のことですが、映画「6才のボクが、大人になるまで。」を鑑賞しました。 6歳のメイソンは母オリヴィアと姉サマンサとテキサス州の小さな町で生活していた 大学に入学した母のためヒューストンに転居しその地で多感な思春期を過ごす。父との再会や母の再婚、義父の暴...
2015年03月19日(Thu) 17:21
「6才のボクが、大人になるまで。」感想
2002年から2013年の12年間撮影された作品。同じキャストって凄いです。4つ★~4つ★半
2015年08月20日(Thu) 14:06