心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 は行 ≫ フューリー

フューリー

fury0010.jpg

1945年4月、ドイツ軍が最後の徹底抗戦を繰り広げていたヨーロッパ戦線で、戦況を優位に進める連合軍も、ドイツ軍の捨身の反転攻勢に苦しめられていた。
アメリカ製の中戦車シャーマンM4“フューリー号”を指揮する、ウォーダディーと呼ばれるベテラン兵士ドン・コリアー(ブラッド・ピット)は、戦死した仲間の代わりに、新兵ノーマン(ローガン・ラーマン)を引き受けることになる。
戦闘経験ゼロのノーマンは、ウォーダディーと3人の兵士、ボイド・スワン:バイブル(シャイア・ラブーフ)、 トリニ・ガルシア:ゴルド(マイケル・ペーニャ)、グレイディ・トラビス:クーンアス(ジョン・バーンサル)に叱咤されながら、戦場の悽惨な現実を目の当たりにしていく…。


第二次大戦末期のヨーロッパ戦線を舞台に、戦車“フューリー号”で、300人ものナチス・ドイツの大軍に立ち向かった5人の兵士の勇気と絆の物語を描く戦争アクション。

2014年 11/28公開 イギリス映画
監督 デヴィッド・エアー

{★★★★4/5}
フューリー002
戦車“フューリー”(怒り、激怒)を指揮するウォーダディーと、新人ノーマンを中心とした物語。
幾多の戦歴を重ねたベテランメンバーの中に置かれたノーマンが、観客に取っては代弁者のようで、彼の目線に添って苛酷な戦況を観て行くことになります。
戦争映画は数あれど、戦車メインの作品を観たのは初めてかな。
一台に5人が乗り込み、それぞれの役割を持ちながら戦っているから、信頼や絆といったものは強く、チームワークこそが命の鍵となるのですね。
展示されていた第2次世界大戦当時の戦車で撮影されたそうで、戦車好きにはたまらないものがあるのでしょう。
歩兵が合図と共に次々と戦車の後へ流れ込み、隊を組んで侵攻して行くシーンがカッコいい。
ドイツ軍ティーガーとのガチンコ勝負、十字路の戦いは緊張感いっぱい。
フューリー0054
経験がない上、見るからに弱々しいノーマンは、「殺さなければ殺される!それが任務だ、戦争だ!」と、頭ではわかっていても人殺しができない。
ウォーダディーに道徳的な部分をそぎ落とされ、実戦を経験して変化していくノーマンから、一般的な正義や倫理を持っていては戦場で生きていけないことを見せ付けられます。
仲間の命を守り、生きて帰るため、戦場で冷酷に戦ってきた“フューリー”の兵士たちが、最後の最後までそれを貫きながらも本来の人間らしさを見せ、また敵の良心に助けられたノーマンは、今後、この経験がどう影響していくのだろうか、良くも悪くもなんとなく物悲しく感じてしまうラストでした。
「プライベート・ライアン」のノルマンディー上陸には及びませんが、避けて通れない戦争描写は、相当、生々しくてキツイと思いました。
クビも足もふっ飛ぶし、轢かれる死体とか、ナチの居場所を聞かれたおじいさんとか、リアリティ重視のエアー監督、ドラマチックな人間模様も怖くて辛い戦争アクションも容赦がありませんでした。

*仲間の命を守る使命感の強い硬派でクールなウォーダディー、余計な事は口にせず、余計な感情もグッと堪え、たくさんの傷を負った背中(脱いでます~笑)で語るような男。
ブラピは抑えた熱い芝居が絶妙だった。
*へタレから成長(というと少し意味合いは違うけど)していくローガン・ラーマン、観客が同じ目線になる重要なキャラをしっかり果たした感じです。
とても上手だった。
*ここ(フューリー)が家だというウォーダディーとノーマンの関係は父と息子のようでもあった。
*ドイツ女性たちとの会食に嫉妬(?)したシャイア・ラブーフ、 マイケル・ペーニャ、 ジョン・バーンサルに、大人気ない不愉快さは感じたが、戦争の枠からはみ出す厳しさを見た。
*シャイア・ラブーフは、女気がない硬派な役柄の方がグッと冴えると思う。

Comment

ブラピの右足首
編集
股間の角度に対して異様に内向きですよね。
ってそんなことはともかく(爆)
新兵目線だったのがよかったです。
使えない兵士だったのが最前線で鍛え抜かれ逞しくなっていくのは
トムの映画を思い出しますが、最後にスキルアップして
殺人マシーンになるドラマじゃなくて、ホッとしました(笑)

パソコン、遂に逝く寸前です^^;
年内、なんとか持ちこたえられますように(爆)
2014年12月06日(Sat) 18:27
ブラピの名演
編集
オリーブリーさん☆
ブラピすごく良かったですよね~
ぐっと抑えた演技と背中で語る。すっかり大人の男が似合うようになりました。
実は私ボービントン戦車博物館で、この世界で唯一稼働可能な戦車のティーガーの実物を、そういえば見た事があったんです。
2014年12月08日(Mon) 10:46
今風の描写
編集
こんにちは。
これでもかって生々しい描写だったのだけど、
戦闘などは今風に盛ってある感じで、比較的見やすい戦争映画ではないかと思いました。
初々しい新兵と、すっかり染まってしまったと自覚のある隊員たちと、それを見守り守ろうとする隊長と、理想的といっては語弊があるけれど役割分担が絶妙でした。

もしこれがシャイア君の立ち位置からの視点だったらどうかな~
かなりエグイ映画になるのかな?
2014年12月10日(Wed) 09:37
itukaさんへ
編集
>ブラピの右足首

あっ、細かい(笑)
言われて気が付く。

あんな場にいたら、ああならなけばならないってことなんですね。
本国へ戻ったら、タイプの名人に戻って欲しいけど。

うちもパソコンは時間の問題。
って、スマホの方が先じゃないですかぁー?(爆)
2014年12月15日(Mon) 17:30
まだ~むさんへ
編集
わわ、本物観た経験がおありで!!
迫力ありそーー!!
このブラピ、男らしくて久々に良かったですね。
でもコメディ路線も久しく拝見してないですねーみたいなー。
2014年12月15日(Mon) 17:33
たいむさんへ
編集
戦車の中って、あんな感じなんですね。
役割分担も知らなければ、ずっと中で篭ってるのかと思ってたので、蓋から頭出して戦ってる姿にちょっとビックリ(汗)
生々しい描写はありましたけど、言われるとおり、比較的観やすい戦争映画でしたね。
シャイア君、男臭い役柄の方が私は良いと思ってて、今回、中立的で信仰も厚く、良い感じでした。
2014年12月15日(Mon) 17:38












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

フューリー/十字架の中心にある虚しい墓石
ブラッド・ピットが主演・製作総指揮を務め、『サボタージュ』のデヴィッド・エアー監督とタッグを組んで贈る戦争映画。第二次世界大戦末期にたった一両の戦車で300人のドイツ兵と戦った男たちの姿を描く。共演に『トランスフォーマー ダークサイド・ムーン』のシャイア・ラブーフ、『ノア約束の舟』のローガン・ラーマン、『グッド・ドクター 禁断のカルテ』のマイケル・ペーニャ、『オーバードライヴ』のジョン・バー...
2014年12月06日(Sat) 01:18
劇場鑑賞「フューリー」
残酷な戦場を、垣間見る… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201411280001/ 【楽天ブックスならいつでも送料無料】オリジナル・サウンドトラック フューリー [ スティーヴ...価格:2,592円(税込、送料込) 【送料無料】【smtb-u】【新品】プラモデル 1/35 ...
2014年12月06日(Sat) 06:12
フューリー / Fury
ネタバレあり。 第二次大戦終盤の、欧州戦線における戦車乗組員の戦いを描いた映画。 この手の戦争モノでは、新兵が、先輩からのシゴキ、戦場の不合理・不条理、出会いと別れを経験して、一端の兵士になって行くというストーリーが定番だったりしますが、この作品もその...
2014年12月06日(Sat) 08:08
フューリー/ブラッド・ピット
『エンド・オブ・ウォッチ』のデヴィッド・エアー監督がブラッド・ピットの主演で第2次世界大戦下のヨーロッパでたった一台の戦車"フューリー"で300人のドイツ軍部隊に戦いを挑んだ5 ...
2014年12月06日(Sat) 08:49
フューリー〜プライベート・ノーマン
公式サイト。原題:Fury。デヴィッド・エアー監督。ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、アリシア・フォン・リッ ...
2014年12月06日(Sat) 09:19
フューリー  監督/デヴィッド・エアー
【出演】  ブラッド・ピット  シャイア・ラブーフ  ローガン・ラーマン 【ストーリー】 1945年4月、ナチスがはびこるドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍に、“ウォー・ダディ”というニックネームのアメリカ人兵士がいた。カリスマ性のあるベテラン兵士である彼は、自らフ...
2014年12月06日(Sat) 10:00
フューリー
血と涙が轍となり命になる。  
2014年12月06日(Sat) 10:24
フューリー
原題:Fury監督:デビッド・エアー出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペニャ、ジョン・ペーニャ、ジョン・バーンサル
2014年12月06日(Sat) 17:47
フューリー
評価:★★★★【4点】(F) デヴィッド・エアー監督、次はロマンス映画を!(爆)
2014年12月06日(Sat) 18:05
これが戦争。『フューリー』
第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう5人の米軍兵士たちの物語です。
2014年12月06日(Sat) 18:31
フューリー ★★★★★
ブラッド・ピットと『サボタージュ』などのデヴィッド・エアー監督がタッグを組み、ナチスドイツ相手に戦車で戦いを挑む男たちの姿を描く感動の戦争ドラマ。第2次世界大戦末期、戦車を駆使して敵軍に立ち向かう5人の兵士たちの過酷なバトルを追う。『欲望のバージニア』な...
2014年12月06日(Sat) 20:06
フューリー
ティーガー、固いなぁ。
2014年12月07日(Sun) 00:25
『フューリー』
□作品オフィシャルサイト 「フューリー」 □監督・脚本 デビッド・エアー□キャスト ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフボイド・スワン、      ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャトリニ・ガルシア、      ジョン・バーンサルグレイディ・トラビ...
2014年12月08日(Mon) 08:35
フューリー ジャパン・プレミア
まともな神経じゃいられない 公式サイト http://www.fury-movie.jp11月28日公開 製作総指揮・主演: ブラッド・ピット監督: デヴィッド・エアー  「エンド・オブ・ウォッチ」 
2014年12月08日(Mon) 09:16
フューリー
【FURY】 2014/11/28公開 イギリス 135分監督:デヴィッド・エアー出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、ジェイソン・アイザックス、スコット・イーストウッド 1945年4月――たった5人で、300人のド...
2014年12月08日(Mon) 17:39
映画「フューリー」感想
「前線は何処ですか?」 新兵のノーマンの質問に、泥にまみれた男達が笑う。すでにここは戦場なのだ。今も彼らは敵の銃火の下に身を晒して来たばかりなのだ。ここでは良識も礼節も邪魔なだけ、必要なのはたったひとつ「敵を殺す」事だけなのだ。 硬派な戦争映画。 1945年4月の物語。当時の歴史を紐解くに、3月に米英軍がライン川を渡り、4月1日にはドイツの工業地帯ルール地方の包囲に...
2014年12月08日(Mon) 22:55
フューリー
ブラッド・ビットの肝いりプロデュース作『フューリー』を観てきました。 ★★★★★ ネタバレ 幾多の戦場をくぐり抜けてきたフューリーの仲間たち。 くぐり抜けてきたという事は、数多の狂気の中で自我を保ってきたわけで、戦争の恐ろしさや醜さを一番知っていて、それは自分...
2014年12月09日(Tue) 00:20
フューリー/FURY
「U-571」の脚本家で、キアヌ主演「フェイクシティ」(わたしはこれダメ)、現在公開中のシュワの「サボタージュ」 監督のデヴィッド・エアー監督&脚本×ブラピ主演、製作総指揮の戦争映画。 これまで沢山の戦争映画を若い頃から観て来たけど ここ...
2014年12月09日(Tue) 20:02
「フューリー」☆最後の聖戦
予告を見る限りでは、今までの戦争映画とさほど変わらなそうにみえるのだけど、とても深いとかアカデミー賞有力候補などと言われると、やはり気になってしまう。 さてさて、どこがそんなにに違うのかな??♪
2014年12月10日(Wed) 00:41
「フューリー」みた。
ブラッド・ピットの主演、製作総指揮による戦争映画であり、第2次世界大戦時のドイツにて、”FURY(激しい怒り)”と命名された戦車と5人の兵士たちの生き様が描かれた物語。とにかく、戦争の何たるかがかなり
2014年12月10日(Wed) 09:28
フューリー・・・・・評価額1750円
この世の、地獄の果てに。 第二次世界大戦末期、“FURY(憤怒)”と名付けられた一台のM4シャーマン戦車に乗り組んだ、5人の戦車兵を描く、デヴィッド・エアー監督の超ハードな戦争大作。 物語を引っ張るのは歴戦の車長を演じるブラッド・ピットだが、実質的な主人公は手違いで戦車隊へと配属されたローガン・ラーマンの文系新兵だ。 観客は彼と共に過酷な戦場へと送り込まれ、135分の間泥まみれにな...
2014年12月11日(Thu) 20:26
フューリー
試写会で観ました。第二次世界大戦末期、戦車"フューリー"で300人のドイツ軍に立ち向かった5人の兵士たちのお話です。ブラピの映画でとっても楽しみにしていて、てっきり1台の戦車で頑張っちゃう感動のお話なのかなと思ってたんですが、そんな生易しいもので...
2014年12月11日(Thu) 22:23
「フューリー」
第二次世界大戦物で、戦車戦にスポットを当てた作品。よく考えてみたら当然のことだけれど、戦車はチーム制になっていて、内部のメンバーや役割は定められている。そこには命を賭けた、友情を超えた絆が存在する。その中の一機フューリー号での戦いを描いた作品である。戦車戦の迫力、恐ろしい戦場の様、息を呑んでただただ見続けるしかない。ウォーダディーことドン・コリアー(ブラッド・ピット)がリーダーを務めるフュー...
2014年12月12日(Fri) 12:34
[映画『フューリー』を観た(寸評)]
☆・・・二週連続で名作に恵まれました^^(『インターステラー』に続いて。来週は『ヤマト2199』もある^^) その戦場の臨場感たるや、映画館を出たときは、身体が固くなっていました。 戦闘時の時間は、限りなく現実の時間の流れと近いです。 激闘のインターミッショ...
2014年12月13日(Sat) 00:53
戦地の父、その息子たち~『フューリー』
 FURY  1945年4月、第二次大戦末期。ヨーロッパ戦線では、連合軍がドイツ軍を追 いつめていた。戦車 「フューリー号」 には、ウォーダディー(ブラッド・ピット) を中心として兵士たちが乗り込んでいたが、副操縦士の戦死により、新兵の ノーマン(ローガン・ラーマン)が配属されて来る。  戦争映画は苦手なので、好んでは観ない。ブラッド・ピットも、特に...
2014年12月15日(Mon) 21:41
フューリー
 『フューリー』を吉祥寺オデヲンで見ました。 (1)戦争映画はあまり好みではありませんが、ポスターに「アカデミー賞最有力」とあるのにつられて映画館に行ってきました。  本作(注1)の時代設定は、1945年4月(注2)。  「フューリー」と名付けられたM4中戦車シャ...
2014年12月18日(Thu) 20:54
『フューリー』 悔しいほどの3つのこと
 悔しいなぁ。  『フューリー』を上映している135分間、私は歯軋りしたいくらいだった。  これは日本じゃ撮れない映画だ。  デヴィッド・エアー監督・脚本の『フューリー』は、ナチス・ドイツ崩壊目前の1945年4月における、戦車フューリー(憤激)号に乗り込む5人の男たちの物語である。敵地ドイツの奥深く進撃する彼らは、友軍を次々に失い孤立していく。その戦いの酷さをこれでもかと描くのが本...
2014年12月20日(Sat) 16:14
映画「フューリー」激しい戦闘シーンの間に語られる人間というもの
映画「フューリー」★★★★ ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、 ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、 ジョン・バーンサル出演 デヴィッド・エアー 監督、 135分 2014年11月28日公開 2014,アメリカ,KADOKAWA (原題/原作:FURY)
2014年12月20日(Sat) 20:45
フューリー
フューリー '14:米 ◆原題:FURY ◆監督:デヴィッド・エアー「サボタージュ」「エンド・オブ・ウォッチ」 ◆出演:ブラッド・ピット、シャイア・ラブーフ、ローガン・ラーマン、マイケル・ペーニャ、ジョン・バーンサル、スコット・イーストウッド、ゼイヴィア・サミ...
2014年12月22日(Mon) 23:02
フューリー FURY
ブラッド・ピットが主演と製作総指揮を兼任した戦争モノ。 第2次世界大戦末期、ノルマンディーから上陸した連合国軍はナチスドイツの反撃に遭いながらもベルリンへ向けて進軍していた。これまで北アフリカからノルマンディー、そしてドイツへと転戦してきたドン曹長(ブ...
2015年01月05日(Mon) 00:04
FURY / フューリー
【概略】 1945年4月、戦車“フューリー"を駆るウォーダディーのチームに、戦闘経験の一切ない新兵ノーマンが配置された。新人のノーマンは、想像をはるかに超えた戦場の凄惨な現実を目の当たりにしていく。やがて行く先々に隠れ潜むドイツ軍の奇襲を切り抜け進軍する“フューリー"の乗員たちは、世界最強の独・ティーガー戦車との死闘、さらには敵の精鋭部隊300人をたった5人で迎え撃つと...
2015年03月12日(Thu) 08:13
フューリー
FURY 2014年 イギリス 135分 戦争/アクション 劇場公開(2014/11/28) 監督: デヴィッド・エアー 『サボタージュ』 製作: デヴィッド・エアー 製作総指揮: ブラッド・ピット 脚本: デヴィッド・エアー 出演: ブラッド・ピット:ドン・コリアー(ウォーダ...
2015年03月23日(Mon) 01:37
戦車アクションを見よ!
1日のことですが、映画「フューリー」 を鑑賞しました。 1945年4月、ナチスドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍にアメリカ人のベテラン兵士 ウォーダディーがいた 彼は 自らフューリーと名付けた中戦車シャーマンM4に3人の兵士と一緒に戦っていた そんなある日 新兵ノーマ...
2015年03月25日(Wed) 07:59
戦車アクションを見よ!
1日のことですが、映画「フューリー」 を鑑賞しました。 1945年4月、ナチスドイツに総攻撃を仕掛ける連合軍にアメリカ人のベテラン兵士 ウォーダディーがいた 彼は 自らフューリーと名付けた中戦車シャーマンM4に3人の兵士と一緒に戦っていた そんなある日 新兵ノーマ...
2015年03月25日(Wed) 07:59
『フューリー』(2014) ~鋼鉄の家族、地獄を往く~
2014年/アメリカ・イギリス/135分 監督:デヴィッド・エアー 出演:ブラッド・ピット    ローガン・ラーマン    シャイア・ラブーフ    マイケル・ペーニャ    ジョン・バーンサル ■概要 原題は『Fury』。アメリカ・イギリス合作による2014年の戦争映画です。監督は『エンド・オブ・ウォッチ』のデヴィッド・エアー。主演は『ファイト・クラブ』のブラッド・ピッ...
2015年03月27日(Fri) 22:54