2014_11
23
(Sun)23:57

デビルズ・ノット

DEVILS KNOT
1993年初夏、アーカンソー州ウエスト・メンフィス。
のどかな田舎町で、3人の児童が無惨な姿で殺害される猟奇的な事件が発生。
全米が注目する中、警察はオカルト好きでヘヴィメタ・ファンのティーンエイジャー3人を容疑者として逮捕した。
警察の捜査に疑問を抱いた私立探偵ロン・ラックス(コリン・ファース)は、自ら調査に乗り出す。
アイスクリーム売りのクリス・モーガン(デイン・デハーン)や、現場近くのダイナーのトイレにいた血まみれの黒人男性など、不審な人物がいたにもかかわらず、裁判で次々と浮き上がる捜査の矛盾に、被害者の母親パム(リース・ウィザースプーン)は、真犯人は別にいるのではないかとの疑念に苛まれていくのだが…。


「ウエスト・メンフィス3事件」を映画化したサスペンス。
犯人と断定された若者たち、その逮捕に疑問を抱く探偵など、さまざまな者たちの姿を通して事件の全貌に迫っていく。

2014年 11/14公開 アメリカ映画
監督 アトム・エゴヤン
{★★★3/5}
デビルズ・ノット0012

実際に起きた未解決事件を基にした法廷劇サスペンス。
「ウェスト・メンフィス3事件」と呼ばれ、この事件を追い続けた「パラダイス・ロスト3/煉獄」(町山智浩解説)は、第84回(2011年)アカデミー賞長編ドキュメンタリー賞にノミネートされています。

1993年5月5日、自転車で遊びに出掛けた8歳の児童3人が行方不明になり、翌日、“ロビンフッドの丘”と呼ばれる森の池で遺体が発見される。
地元では変り者だった3人のティーンエイジャーが逮捕され、主犯格は精神鑑定で入院させられた経緯のある悪魔崇拝者のダミアン・エコールズ、軽犯罪の前歴があるジェイソン・ボールドウィン、知能の低いジェシー・ミスケリーJr.の裁判が始まる。
デビルズ・ノット005
事件や容疑者、裁判でのやりとり、真実なのかそうでないのか、ミステリアスに展開していく見せ方が上手い。
警察は3人の犯行と決め付け、十分な捜査をせず、無罪となるやもしれない証拠さえ紛失、判事(ブルース・グリーンウッド)は公平性のかけらもない。
キリスト教の保守的な田舎町の住人たちは、偏見と差別に満ち、保身(別件)のためでっち上げ証言をする人物も出る始末。
犠牲となった子供のうち、2人の父親が継父で、どちらも怪しさ全開。
普段から変わり者と見られていただけで、犯人に仕立て上げた冤罪ではないのかと次第に感じていき、真犯人を暴いて欲しい思いが強くなっていく。
けれど、映画だからと言って事実を曲げる訳にはいかず、結局、有罪となり、その後、アメリカ国内で様々な議論や支援が起こることに。
DNA鑑定や証言が無罪を証明することとなり、2011年、“無実を主張しつつの有罪を認める”司法取引に応じ、3人は釈放される。
“無実を主張しつつの有罪を認める”?!
なんなんだこれ?!
州は冤罪であったと、再捜査する気がないというのか、自分達の落ち度を認めたくない一心のようで、分からずじまいのもやもや感は拭いきれません。
陪審員制度も怖いです…。

2人のオスカー俳優が看板でもあり、リース・ウィザスプーンが低所得の田舎主婦を小太りで演じていますが、どう見ても体つきが妊婦なので、連れ子を喪った後に3人目が生まれるのかと思ったら、ストーリーに全く関係ないプライベートで妊娠中だったという。
ダボっとした洋服でカバーしているつもりでも、これはちょっとお粗末な印象を受けました。

C.O.M.M.E.N.T

妊婦姿は本物なのね^^

いくらなんでもストーリーに関係ない姿で出てもらいたくなかった(笑)
ワタシなんか最初の頃、キャラ作るために激太りしたのかと感心してたんで
これはアカンわ~(爆)

結局、最後まで犯人も主役の二人の関係も分からずモヤモヤしたまんま^^;

2014/11/24 (Mon) 21:36 | ituka #r4tB/SwE | URL | 編集 | 返信

itukaさんへ

もう結構お腹が膨らんでましたよね。
妊婦役じゃないのに妊婦が演じるって、実話なんですから、違和感たっぷりでしたよ。
知るにはいいきっかけですけど、正直、ドキュメンタリーがあるのに映画化しなくてもって感じはしました。

2014/11/25 (Tue) 00:35 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

デビルズ・ノット

評価:★★★★【4点】(09) 猟奇殺人事件の真犯人を知るその前に

2014.11.24 (Mon) 20:37 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

もやもや・・・TIFF デビルズノット 

25日土曜日、六本木ではなくて日本橋の東宝シネマズで ” デビルズノット ”を観ました。公式HP 1993年アーカンソー州で起こった3人の少年(8〜9歳)の殺人事件。 容疑者はティーンエイジャーの少年3人。冤罪では?と疑う調査員のロ...

2014.11.25 (Tue) 16:38 | まぜごはん

映画:デビルズ・ノット DEVIL'S KNOT  名匠エゴヤネンが描く、史上最悪級の冤罪事件。

今作の監督 エゴヤネンが過去に撮った「スウィート ヒアアフター」は当ブログ的にかなり刺さった映画。 スクールバス事故により、多くの命が凍った湖に沈み、失われる。 この事件を追う弁護士が補償金で稼ごうと街を動くが... たとえ解決に向かったとしても死者は帰...

2014.11.25 (Tue) 19:23 | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜

デビルズ・ノット/DEVIL'S KNOT

“ウェスト・メンフィス・3事件” と呼ばれ、これまでにも多くのドキュメンタリー作品がつくられるなど 冤罪を生み出した可能性が高い事件として知られるマーラ・レヴァリットの同名小説を、 アトム・エゴヤンが、2009年の「クロエ」ぶりに監督、...

2014.11.27 (Thu) 23:32 | 我想一個人映画美的女人blog

デビルズ・ノット

 アメリカ犯罪史上まれに見る謎といわれる猟奇的殺人事件を、登場人物全部実名で映画化しました。この事件は冤罪説が言われていますが、映画では、ある登場人物が真犯人ではないかと強く示唆しており、これって名誉毀損にならないのかとびっくり。  作品情報 2013年ア…

2014.11.28 (Fri) 06:38 | 映画好きパパの鑑賞日記

「デビルズ・ノット」

デビルズ・ノット…悪魔の結び目。永遠に絡まり続ける…。決して後味がいい作品ではない。冒頭からして男の子の子持ちの身として心臓がばくばく。恐れていた最悪の結末がやってくるが、実は本作の問題はそこから始まる…。1993年、アメリカのアーカンソー州ウエスト・メンフィスで、8歳の男の子が3人、自転車で出掛けて夜になっても戻って来ない。町は総出で行方を探すが、「悪魔の巣窟」と呼ばれる森の奥の沼地の底か...

2014.12.03 (Wed) 14:54 | ここなつ映画レビュー

デビルズ・ノット

 アメリカ  ドラマ&ミステリー  監督:アトム・エゴヤン  出演:コリン・ファース      リース・ウィザースプーン      デイン・デハーン      ミレイユ・ ...

2014.12.05 (Fri) 10:21 | 風情♪の不安多事な冒険 Part.5

『デビルズ・ノット』 町の空気

Devil's Knot(viewing film) 『デビルズ・ノット(原題:

2014.12.08 (Mon) 13:19 | Days of Books, Films

デビルズ・ノット ★★★

むごたらしい児童殺人と冤罪(えんざい)としか思えぬ容疑者逮捕で話題となった、ウエスト・メンフィス3事件を映画化したサスペンス。犯人と断定された若者たち、その逮捕に疑問を抱く探偵など、さまざまな者たちの姿を通して事件の全貌に迫っていく。メガホンを取るのは...

2015.02.22 (Sun) 11:44 | パピとママ映画のblog

犯人は作られ、本当は、

4日のことですが、映画「デビルズ・ノット」を鑑賞しました。 試写会にて 1993年、アーカンソー州ウエスト・メンフィスで児童たちが無残にも殺害される事件が発生 警察は16歳から18歳の若者3人を容疑者として逮捕する 私立探偵ロンは事件捜査の経過に疑問を覚え独自に...

2015.03.13 (Fri) 22:44 | 笑う社会人の生活

デビルズ・ノット

【概略】 ウエスト・メンフィスで児童の猟奇殺人事件が発生。16歳から18歳の3人を逮捕するが、私立探偵のロンは独自で調査を開始する。 サスペンス 悪魔は、だれか。 むごたらしい児童殺人と冤罪(えんざい)としか思えぬ容疑者逮捕で話題となった、ウエスト・メンフィス3事件を映画化したサスペンス。 警察の証拠紛失や自白強要、事件と何ら関係のない証人たちの作り話、さらに保守的な地...

2015.07.01 (Wed) 11:08 | いやいやえん

デビルズ・ノット (Devil's Knot)

監督 アトム・エゴヤン 主演 コリン・ファース 2013年 アメリカ映画 114分 サスペンス 採点★★ 事実の積み重ねがイコール真実になるわけではないんですよねぇ。Aにとって有利な事実の積み重ねと、Bにとって有利な事実の積み重ねが同じ結果を導き出すわけじゃな…

2015.07.13 (Mon) 07:06 | Subterranean サブタレイニアン