スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある過去の行方 

2014, 05. 03 (Sat) 16:24

THE PAST0024

4年前に別居した妻マリー(ベレニス・ベジョ)と離婚手続きをするため、イランから彼女のいるパリへと飛んだアーマド(アリ・モサファ)。
かつて妻子と日々を過ごした家を訪れると、マリーは子連れの男サミール(タハール・ラヒム)と一緒に暮らしていた。
再婚すると聞かされたアーマドだったが、彼らの間に漂う異様な空気を感じ取る。
そんな中、マリーと確執のある長女のリュシー(ポリーヌ・ビュルレ)からある告白を聞かされ…。


子連れ再婚しようとする男女が、ある告白を機にそれぞれが抱えていた問題を知ることになる人間ドラマ。

2014年 4/19公開 フランス/イタリア映画
監督 アスガー・ファルハディ
香りの記憶{★★★3/5}
THE PAST10
「彼女が消えた浜辺」「別離」のアスガー・ファルハーディー監督最新作は、パリが舞台の人間ドラマ。
この監督、人間のエゴというものを描くのが一流のようで、今作でも登場人物それぞれの葛藤をドロドロと見せ付けられた。
年齢や性別、環境、考え方と、見る人によって好き嫌いが分かれると思うし、正直、私は好きではない作品だったけど、二転三転するストーリー構成や役者のお芝居は自然、何気ない日常の様子がリアリティーで、これも「8月の家族たち」と同じように、完成度の高いドラマなんだろうと思う。
ある過去の行方10
監督独特の手法になるのか、場面場面が唐突に変わるから、「別離」のように、その間に“何か重要な出来事”があるのかもしれないと気が置けず(今作は特にそのようなことはなかったが)、また人物相関図がなかなか見えてこない複雑さから、淡々とした物語が少しずつ明らかになるにつれ、このマリーという女に虫唾が走った(一番キライなタイプ!)
長女と次女も父親が違うのか?今また3人目?4人目の男と不倫の果て妊娠中という(しかも奥さんは植物人間)って、全ての醜悪の根源はオマエさんでしょうって感じ。
血のつながりはなくても、子供はアーマドが引き取れば良いと思った。
あと、タイトルの過去という表現から、マリーとアーマド、子供達からの何かを連想してしまうのに、結局、彼らが主軸ではなかったのではないかという(特に関係性に変化がなかった)、何となくズレてると言うのか、違うような気がしました。
ラストシーンは上手いと思いましたけどねぇ、、、。

コメント

mig

こんばんは、
結局のところ、マリーという自分勝手ではらのたつ女の一部始終みたいな話でしたよね

この監督前作が良かったから期待し過ぎちゃった。
「8月の家族たち」オリーブリーさんはダメでした?私あっちは好きです。ハッピーエンドじゃないところがね。

2014/05/04 (Sun) 22:53 | mig | 編集 | 返信

にゃむばなな

こんばんわ

そうそう、このマリーって女が全ての元凶。
なのに肝心要の「過去」はこの元凶は無関係。
ありゃりゃ~って思うしかなかったですよ。

2014/05/04 (Sun) 23:49 | にゃむばなな | 編集 | 返信

rose_chocolat

ブレる

そうそう。
主軸が違ってきてましたね。
え、それでいいの?? みたいな。新しい映画の手法かも知れんですが。

2014/05/06 (Tue) 01:33 | rose_chocolat | 編集 | 返信

オリーブリー

migさんへ

こんにちは~お返事が遅れてごめんなさい。

「8月の家族たち」ダメではなかったですよ。
ただちょっとだけ、メリルとジュリアの芝居がヒートアップしてきて、多少疲れました(笑)

そうなんですよね、前の作品が良かったから、それだけ興味をそそられたのに、なーんだこれ?とか思っちゃった。
でもこの監督、女を嫌な感じに描きますよね~「彼女が消えた浜辺」も集まった主婦たちって、何かヘンな人ばかりでしたもんね(苦笑)

2014/05/10 (Sat) 13:58 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

にゃむばななさんへ

こんにちは。

タイトルの「過去」って、つい最近の出来事だったんですね~まあ過ぎてしまえば過去ではありますけど、受ける印象としては過去というにはまだ早いわ。
マリーの人生がどんなだったかは想像できるけど、その懲りなさを見ただけなのかもしれません(苦笑)

2014/05/10 (Sat) 14:04 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

rose_chocolatさんへ

こんにちは。

なるほど、新しい手法ね(爆)
こうなるのなら、群像劇っぽく、奥さんからも描いて欲しかったかも。

2014/05/10 (Sat) 16:05 | オリーブリー | 編集 | 返信

latifa

あぢいー!

オリーブリーさん、こんにちは。
そーなんだよね、主人公のマリーが、嫌なヤツだから、どうも物語に浸れなったわ。
もうちょっと、救いのある女子だったらね・・。
でも、シナリオ作る時に、そのへんは考えなかったのかね? 何かプライベートで、監督に似たような事件とか、あったんかな?(^^ゞ

2015/07/28 (Tue) 10:41 | latifa | 編集 | 返信

オリーブリー

latifaさんへ

こんばんは。
お返事が大変遅れてしまってごめんなさい(って、毎回、言ってる気がする、、、ww)
8月に入ってすぐ、あちこち移動が多くてなかなか時間が取れなかったんです~~。

オスカー受賞「別離」の後ですからね~それなりに期待しちゃいますけど、ホント、この女、嫌な女でしたよね。

2015/08/14 (Fri) 22:39 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  ある過去の行方
  • 公式サイト。フランス=イタリア=イラン。原題:Le Passe。英題:The Past。アスガー・ファルハディ監督。ベレニス・ベジョ、タハール・ラヒム、アリ・モサファ、ポリーヌ・ビュルレ、ジ ...
  • 2014.05.04 (Sun) 18:14 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  •  ある過去の行方 (試写会)
  • 大人の事情に振り回され傷つく子供たち 公式サイト http://www.thepast-movie.jp4月19日公開 監督: アスガー・ファルハディ  「彼女が消えた浜辺」 「別離」 4年前に別れた
  • 2014.05.04 (Sun) 22:12 | 風に吹かれて
この記事へのトラックバック
  •  ある過去の行方/LE PASSE/THE PAST
  • 「彼女が消えた浜辺」「別離」の、アスガー・ファルハディ監督作 ということで、特に前作「別離」が良かったので観て来た。 主演は、アカデミー賞作品賞受賞の「アーティスト」のベレレス・ベジョ。 どこかでみたことあるようなって思ったけど 髪長くなって見終...
  • 2014.05.04 (Sun) 22:50 | 我想一個人映画美的女人blog
この記事へのトラックバック
  •  『ある過去の行方』
  • 憶測は確信にあらず。 残念ながらアスガー・ファルハディ監督の実力はイスラム教という宗教の縛りがある世界でしか存分に発揮されないようです。 着地点が徐々にズレていく脚本、 ...
  • 2014.05.04 (Sun) 23:49 | こねたみっくす
この記事へのトラックバック
  •  『ある過去の行方』 (2013) / フランス・イタリア
  • 原題: Le passe 監督・脚本: アスガー・ファルハディ 出演: ベレニス・ベジョ 、タハール・ラヒム 、アリ・モッサファ 、ポリーヌ・ビュルレ 鑑賞劇場: 新宿シネマカリテ 公式サイトはこちら。 夫と別れて4年がたつシングルマザーのマリーは、子持ちの男...
  • 2014.05.06 (Tue) 01:31 | Nice One!! @goo
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  映画・ある過去の行方
  • 原題 Le Passe英題 The Past2013年 イタリア、フランス テヘランに住むアーマド(アリ・モッサファ)正式な離婚手続きのためパリに暮らすフランス人妻・マリー=アンヌ(ベレニス・ベジョ)の元にやってくる4年ぶりにマリーと暮らしていた家に着いたアーマドは...
  • 2014.05.12 (Mon) 14:52 | 読書と映画とガーデニング
この記事へのトラックバック
  •  ある過去の行方
  •  『ある過去の行方』を渋谷のル・シネマで見てきました。 (1)本作はフランス映画で、予告編を見て映画館に行ってきました。  本作は、大層複雑な家族関係についての物語です。  主人公のマリー=アンヌ(薬剤師:ベレニス・ベジョ:注1)は、4年前にイランに帰ってし...
  • 2014.05.13 (Tue) 21:11 | 映画的・絵画的・音楽的
この記事へのトラックバック
  •  ある過去の行方 ★★★
  • 『別離』が第84回アカデミー賞外国語映画賞を受賞したイラン出身の鬼才、アスガー・ファルハディが放つ人間ドラマ。お互いの子どもを連れて再婚しようと考える男女が、女性の娘のある告白を機にそれぞれが抱えていた思いも寄らなかった秘密を知ることになる。『アーティス...
  • 2014.05.19 (Mon) 10:16 | パピとママ映画のblog
この記事へのトラックバック
  •  過去と秘密、真相は…
  • 21日のことですが、 映画「ある過去の行方」を鑑賞しました。 マリーは子持ちのサミールと再婚を予定し、離婚手続きのためイランにいる夫アーマドをパリに呼び寄せる 長女リュシーとの関係が悪いマリーから、娘と話してほしい頼まれたアーマドはリュシーの話を聞くが… ...
  • 2014.10.25 (Sat) 18:44 | 笑う社会人の生活
この記事へのトラックバック
  •  「ある過去の行方」感想
  • 「別離」のイランの監督アスガー・ファルハディさんの次の映画。3つ★半
  • 2015.07.28 (Tue) 10:24 | ポコアポコヤ 映画倉庫
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。