FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。



19世紀末のロンドン。
ロバート・アンジャー(ヒュー・ジャックマン)が、マジックの最中に水の入った水槽に閉じこめられ溺死。
その場に居合わせたアルフレッド・ボーデン(クリスチャン・ベール)に容疑がかけられ、殺人の罪で死刑を宣告される。

過去にアンジャーとボーデンは、奇術師カッター(マイケル・ケイン)の元で修行をしていた仲間だった。
ある舞台でアンジャーの妻がトリックの失敗で亡くなった。
アンジャーは、原因はボーデンにあると復讐を誓い、
ボーデンも自分を追い詰めるアンジャーに憎しみを募らせていく。
326220view005.jpg

冒頭「ラストシーンは誰にも教えないでください」と監督のメッセージが流れるので、ネタばれはしませんけど、
まあ、正直…
とても簡単なトリックだった…
と言うかこれ、トリックなのかな?

互角の実力を持つ二人…
アンジャーは幸せな家族を持つボーデンに嫉妬したり、
ボーデンはアンジャーのマジックの裏方を利用して台無しにしたりと、見せ場はいくつかあります。
そして二人は“瞬間移動”と呼ばれる奇術をめぐって対立が激しくなります。
やられたら、やり返す…その連続なのです。

この“瞬間移動”の伏線とも思えるエピが、時間軸を前後させて散らばっているのですが、
このような流れの映画に慣れてる人には、もう早い時点でオチが解るでしょうね(苦笑)
キャストの演技に最後まで引きつけられはしましたが、
もう少し二転三転させてオチつけないと、ああヤラレターー!!とはいかないです~
特別イリュージョンも関係ないみたいですよぉ…
ラストをどう取るかによっても違うと思いますが、
私はここへ行き着くとは思ってなかったので、チョット残念です。
326220view001.jpg

『X-メン』のヒュー・ジャックマンと『バットマン ビギンズ』のクリスチャン・ベイルは熱演です。
助手オリヴィアのスカーレット・ヨハンソンも登場は多くないけど、雰囲気が合ってました。
発明家のニコラ・テスラにデヴィッド・ボウイ!
ニコラ・テスラと言えば、
実在した発明家でエジソンと競い合っていた交流電流を発明した人。
怪しい人だったみたいですね…

トリックに取りつかれてしまった人間…
ここまでやる?!
その狂気はきっちり描かれてると思いました。
326220view006.jpg

2007年 6/9公開 アメリカ映画
監督 クリストファー・ノーラン
2007.06.16 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/118-bab8936c