2014_01
17
(Fri)19:50

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

ONLY LOVERS LEFT ALIVE

デトロイトのアンダーグラウンドで、カリスマ的な人気を誇るミュージシャンのアダム(トム・ヒドルストン)は、人間と共存している吸血鬼だった。
ある日、モロッコのタンジールに暮らす妻イヴ(ティルダ・スウィントン)がアダムに会いに来た。
2人は吸血鬼でありながら、人を襲わず病院で高品質な血液を手に入れていたが、イヴの妹で問題児のエヴァ(ミア・ワシコウスカ)が転がり込んだことから、2人の運命は静かに狂い出す…。


何世紀も生き続けるエレガントなヴァンパイアたちが、現代を舞台に織り成す愛と葛藤の物語をユーモアと哀愁で描く異色のラブ・ストーリー。

2013年 12/20公開 アメリカ/イギリス/ドイツ映画
監督 ジム・ジャームッシュ
唯一無二{★★★★4/5}

大好きなヴァンパイアで、何よりロキ様に惹かれたけど、ジャームッシュは、「デッドマン」以外苦手な映画ばかりだから、取りあえず、気持ちが一段落する年明けまで待ってみた(笑)
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ0021
何世紀にも渡って生きるヴァンパイアの刹那と哀愁、現代社会への皮肉が、シニカルな笑い(と言っていいよね)で淡々と描かれた面白い作品だった。
歴史の生き証人のようなヴァンパイアは、豊富な知識を持つと同時に、時代の経過に、秩序を持って身を任せなければならないようだ。
ロックミュージシャンとしてお金を稼ぎ、いかにも現代社会に適応しているようなアダムだが、生来のロマンチストでアーティストである彼は、俗っぽい生活や人間(ゾンビ)に嫌気を感じ、いささか鬱状態で悲観的。
流れに逆らわずスマホまで使いこなすイヴは、そんなアダムを上手くなだめすかす。
終始、彼女の包容力と常にエレガントな佇まいがステキだった。
夜空の星から回転するレコート版、音楽、映像、目が回りそうになったオープニングだけど、2人のシーンは、どれもがスタイリッシュで美しく、ゴースト・タウンとなったデトロイトの流れるような陰影とタンジールの「夜」が美しい。
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ803
人を襲わないのに、役者たちのヴァンパイアぶりが見事だった(笑)
ティルダの青白い顔、ライオンのたてがみのようなゴワっとしたような金髪、エキゾチックな部屋着から皮のジャケットと手袋の外出スタイルがエレガント!
53歳のティルダはよく脱ぐが、奇跡の裸体だ~。
ロキトムのミュージシャンがミステリアスでドンピシャ!!
ちょっと浮世離れしたヴァンパイアで寝姿がいいっっ!!
杭代わりの弾も見つかり取り上げられ、エヴァには大事な楽器をメチャクチャにされてしまった不幸感がたまらなく笑えた(爆)
ミアは本当に上手い!
当たり前のことだけど、作品ごとにイメージが代わる。
良く言えば天真爛漫、悪く言えばトラブルメーカー。
そうだね、ヴァンパイアになった年齢って、一生(?)を左右するのか。
アントン・イェルチン、良い人だったのに…。
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ8854
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ0058
高価なワインでも嗜むかのように品良く食をする。
血に滲む唇、歯茎、チラリと見える牙が、不気味ながらも至福の時の恍惚感が甘美に思える。
食の調達にしても始末にしても、21世紀はヴァンパイアが生きにくく、高貴なスタイルを貫くことが難しくなったが、それだけヴァンパイアが長きに渡り、人間と共存(?)する運命なんだとも思うラスト。
「あの頃は良かった」と振り返るのは、ほんの数十年程度で幸せなのかも(笑)
オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ0087455
*スタイルとしたら、「デッドマン」のように静かに“その時”を知る映画だった。
*ジャームッシュで一番好きかも(笑)
*ジョン・ハートのオチが!
年末に観ていたら、去年は“シェイクスピア”で始まり“シェイクスピア”で終っていた^^

C.O.M.M.E.N.T

こんばんは♪

おっ高評価ですね。
ヴァンパイア映画としては斬新というか今までにない作品ですね。
21世紀のヴァンパイアはいろいろと大変なんだなーと(笑)

2014/01/19 (Sun) 00:24 | yukarin #- | URL | 編集 | 返信

TBありがとうです。
私はジムジャームッシュやっぱり合わないみたい。
ヴァンパイアもの好きだけどイマイチでしたー

2014/01/19 (Sun) 11:29 | mig #- | URL | 編集 | 返信

yukarinさんへ

こんばんは。

そうそう、その大変さが何だか面白おかしくて、、、。
一見、寡黙そうなアダムの巻き込まれ不幸感がたまらなかったです。



2014/01/20 (Mon) 21:34 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

migさんへ

こんばんはー。
こちらこそ、ありがとうデス!

これも好みが分かれそうですねー。
私、もっと重いのかと思ってたのね、だからクスッと笑えて軽く楽しめましたよ(笑)

2014/01/20 (Mon) 22:47 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

そうか!

「淡々」があんまり私には合わないんだー!?
研究室から血を分けてもらうとか面白いけど。

2014/02/08 (Sat) 17:51 | ボー #0M.lfYJ. | URL | 編集 | 返信

ボー さんへ

こんばんは。

これという盛り上がりがないですものね~キャストに引っ張られた感じはあります。
そうそう、現れ方とか、君が悪くて、、、(笑)

2014/02/09 (Sun) 21:45 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ジム・ジャームッシュ監督『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(Only Lovers Left Alive)』トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン、ミア・ワシコウスカ、ジョン・ハート"外出は革の手袋着用で"

『ブロークン・フラワーズ』『リミッツ・オブ・コントロール』のジム・ジャームッシュ監督約4年ぶりの新作『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ(Only Lovers Left Alive)』出演はトム

2014.01.18 (Sat) 05:00 | 映画雑記・COLOR of CINEMA

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

ヴァンパイアは量子力学を操る? 公式サイト。原題:Only Lovers Left Alive。ジム・ジャームッシュ監督、トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン、ミア・ワシコウスカ、ジョン・ハー ...

2014.01.18 (Sat) 08:53 | 佐藤秀の徒然幻視録

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ/トム・ヒドルストン

『ブロークン・フラワーズ』などのジム・ジャームッシュ監督が『リミッツ・オブ・コントロール』以来になるという最新作です。予告編は一度も目にする機会がありませんでしたが、 ...

2014.01.18 (Sat) 09:08 | カノンな日々

『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』

(原題:Only Lovers Left Alive) ----ニャんだか、舌を噛みそうなタイトルだけど、 これって、ジム・ジャームッシュ監督の新作ニャんだって? 「そう。 それもドラキュラ映画なんだ」 ----へぇ〜っ。 ドラキュラっていうと 映画では、 これまで耽美的に作られていた気が...

2014.01.18 (Sat) 13:53 | ラムの大通り

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

【ONLY LOVERS LEFT ALIVE】 2013/12/20公開 アメリカ/イギリス/ドイツ 123分監督:ジム・ジャームッシュ出演:ティルダ・スウィントン、トム・ヒドルストン、ミア・ワシコウスカ、アントン・イェルチン、ジェフリー・ライト、スリマヌ・ダジ、ジョン・ハート 世紀を越...

2014.01.19 (Sun) 00:21 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ/ ONLY LOVERS LEFT ALIVE

ランキングクリックしてね ←please click 「コーヒー&シガレッツ」「ブロークン・フラワーズ」など こだわりの楽曲と独自の世界観でジム・ジャームッシュ監督の4年ぶりの最新作は、 7年間温めていたというヴァンパイア ラヴ・ストーリー ジ...

2014.01.19 (Sun) 11:29 | 我想一個人映画美的女人blog

映画『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』を観て

14-2.オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ■原題:Only Lovers Left Alive■製作年、国:2013年、アメリカ・イギリス・ドイツ■上映時間:123分■料金:0円(1カ月FP9本目)■観賞日:1月3日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷) □監督・脚本:ジム・ジャーム...

2014.01.19 (Sun) 17:41 | kintyre's Diary 新館

アダムとイヴ~『オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ』

 ONLY LOVERS LEFT ALIVE  タンジールに暮らすヴァンパイアのイヴ(ティルダ・スウィントン)は、デトロイト に住む夫・アダム(トム・ヒドルストン)の元へ飛ぶ。何世紀もの間、愛し合って きたふたり。  ジム・ジャームッシュ。オフビートな、独特のリズム感ある映像の人。特に彼 の映画が好き、というわけではないのだけれど、いつも気になる存在で...

2014.01.19 (Sun) 17:59 | 真紅のthinkingdays

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」

こういうのって、雰囲気で観るの?

2014.02.08 (Sat) 17:46 | 或る日の出来事

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ ★★★

『ブロークン・フラワーズ』などのジム・ジャームッシュが、『リミッツ・オブ・コントロール』からおよそ4年ぶりに放つ監督作。何世紀も恋人同士として生きてきた吸血鬼の男女が、突如として現われた女の妹と対峙(たいじ)したことで生じる関係の変化を追い掛けていく。...

2014.02.10 (Mon) 19:38 | パピとママ映画のblog

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ

オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ [Blu-ray](2014/06/18)トム・ヒドルストン、ティルダ・スウィントン 他商品詳細を見る 【ONLY LOVERS LEFT ALIVE】 制作国:ドイツ  制作年:2013年 吸血鬼でありながら、どんな弦楽器でも弾くことができるミュージシャンと して活動中のアダム(トム・ヒドルストン)。アンダーグラウンドな音楽シー ンに身...

2014.12.03 (Wed) 17:00 | miaのmovie★DIARY

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ...

「オンリー・ラヴァーズ・レフト・アライヴ」(原題:OnlyLoversLeftAlive)は、2013年公開のアメリカのドラマ映画です。ジム・ジャームッシュ監督・脚本、トム・ヒドルストン、ティルダ・...

2015.11.17 (Tue) 23:54 | 楽天売れ筋お買い物ランキング