FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

ESCAPE PLAN10

自ら囚人として刑務所に潜入し、様々な手段で脱獄するレイ・ブレスリン(シルヴェスター・スタローン)は、警備の弱点を指摘するセキュリティ・コンサルタントの第一人者だった。
ある日、CIAから民間の極秘刑務所へ潜入する依頼を受けたブレスリンは、何者かの陰謀により、難攻不落の超ハイテク要塞「墓場」と呼ばれる監獄に入れられてしまう。
そんなブレスリンの前に、墓場の囚人たちを束ねるロットマイヤー(アーノルド・シュワルツェネッガー)が現れる…。


脱獄スペシャリストが、獄中で出会った謎の男の助けを借り、一世一代の脱獄計画に挑む姿を描くサスペンスアクション。

2014年 1/10公開 アメリカ映画
監督 ミカエル・ハフストローム
邦題に偽りなし{★★★㊤3/5}

時節柄の慌しさも手伝い、何故か予告を観る機会も少なかったみたいで、スタローンとシュワちゃん共演のアクション映画というぐらいの知識しかなく、事前情報全くなしでの観賞。
観賞後に改めてあらすじを読むと、船上監獄って、既に書いてあるんだっ?!とビックリ(汗)
この作品で、結局一番の驚きだった監獄の場所が、知っているのとそうでないのとは、印象が違うような気がするけどな…。
それが明らかになった中盤から、いくらか間延びしてしまい、ツッコミも満載で緊迫感のようなものが薄れていったけど、予想通りのオチ、2大スターという安心感が伴い、その辺りが逆にお約束どおりで、気楽に楽しめるエンタメだった。
脱獄に関しては、知識と洞察力、情報収集など、身近なアイテムにハイテクな技があったりして、なかなか面白かった。
大脱出10

*カーティス・"50セント"・ジャクソンとエイミー・ライアンって、あまり役に立ってない?!
*アラーは偉大と言われた(キリスト)ジム・カヴィーゼル、クールで神経質でサマになってた。
*あの蝶は何の意味もなし?
*絵を描いて思い出す?レイは、息子とどんな経緯になっていたの?(生き別れ?死に別れ?)
*と、バックグラウンドがイマイチ分からないけど、あまりストーリーは掘り下げない方がいいのか。
*シュワちゃんが機関銃を手にした時の目つきが最高!!(笑)
*「はい!チーズ!」に爆笑!

イオンシネマ・フリーパス3本目。
2014.01.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/1163-d81e8ab7