スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カオス 

2007, 06. 14 (Thu) 16:18



米シアトルのグローバル銀行を強盗グループが襲撃、人質を捕って立てこもった。
リーダーのローレンツ(ウェズリー・スナイプス)は、
ベテラン刑事コナーズ(ジェイソン・ステイサム)を交渉人に指名。
コナーズは、ある事件後謹慎処分の身だったが、
新米刑事デッカー(ライアン・フィリップ)とコンビを組んで現場に復帰する。

強行突破を試みるが、
その瞬間、ビルは爆破され犯人たちは騒ぎに紛れて鮮やかに逃亡した。
しかも、現金も宝石類も何も盗まれていなかった。
ローレンツは、混沌(カオス)の中にも秩序はある…
そんな言葉を捜査陣に残していた。

カオス理論とは、
一見非常に不規則で複雑な現象であっても、簡単な方程式で表現できるとする理論のこと。

でもあまりこの理論を頭に置いておかなくても、気軽に楽しめる作品です。
停職中であるながらも有能な刑事コナーズの復帰に仲間の輪も復活、
新米刑事のデッカーとの息も徐々に合い、
スピーディーな展開で二転三転、飽きさせずに進みます。

『トランス・ポーター』のジェイソン・ステイサムのアクションと、甘いマスクでクールなライアン・フィリップ。

ただのお坊ちゃま警官だと思われていたデッカー刑事が成長していく様子も含め、
捜査の動きや謎解きに注目して観るとかなり楽しめる。
ただ、早くから展開が読める方にはどうだろう~
あまり先入観を持たず、深読みしない方が良いかもしれませんね。

ライアン・フィリップ、最近どの作品も上手だと思います。
『クラッシュ』も『父親たちの星条旗』もとても良かった!!童顔な中に、力強さが感じられました。

2006年 11/4公開 カナダ、イギリス、アメリカ映画
監督トニー・ジグリオ

コメント

ロク

これこの前借りようとしたら全部レンタル中やったv-40
面白そうv-353v-353v-353

明日TSUTAYA半額やし借りて来ようv-52

ライアン可愛いよねv-351
あの嫁と別れてよかったよ(笑)

2007/06/14 (Thu) 23:59 | ロク | 編集 | 返信

オリーブリー

ロクしゃんへ

>あの嫁と別れてよかったよ
爆!爆!
同感e-460
何で彼女がオスカーなのか…
同じく候補だった女優作品観ると〜ますます???で、ぶつぶつ…(苦笑)

ライアンは母性本能をくすぐる容姿なのかなあ〜(笑)
何だかほおっておけない、
頑張れと言いたくなる雰囲気?e-251
華奢な印象だけど、
深くて熱い演技してる感じが良いなあぁとe-2

ああ〜〜また悪い病気が発症…e-286

2007/06/15 (Fri) 00:18 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。