スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランス 

2013, 10. 11 (Fri) 19:43

TRANCE.jpg

白昼のオークション会場からゴヤの傑作「魔女たちの飛翔」が盗まれ、競売人のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)は、ギャングのリーダー、フランク(ヴァンサン・カッセル)に暴行され気を失う。
強盗の協力者であったサイモンは、絵画を抜き取り隠していたが、頭に重症を負った後遺症で、絵画の隠し場所を思い出せない。
フランクは、催眠療法士エリザベス(ロザリオ・ドーソン)を雇い、サイモンの記憶を探ることにするが…。


名画盗難と催眠療法をキーワードに、潜在意識を巡って主人公3人の関係性が二転三転するスタイリッシュ・クライム・サスペンス。

2013年 10/11公開 アメリカ/イギリス映画
監督 ダニー・ボイル
操られた男(たち){★★★㊤3/5}

「ロンドンオリンピック」開会式総監督の肩書きがプラスされたダニー・ボイル監督^^
ジャンルにとらわれず、毎回タイプの違う映画で楽しませてくれますが、今回は“催眠療法”によるミステリー・サスペンス。
独特な角度のスタイリッシュな映像や色彩、ユーモアにヴァイオレンス、大人のシーンがテンポ良く構成され、ボイルらしさが盛りだくさん。

そして、そして、マカちゃんファンには、イッパイ楽しめる作品でしたァーー!!
期待を裏切らず、いつも見せてくれるカワイイお尻ぃーー♪(笑)
正義感溢れる真面目な男も良いけど、実はこんなにダメな子でしたっていうのもすごくいい!!
トランス10
名画の強盗から始まり、記憶喪失、催眠療法、そしてお話は核心に…。
サイモンと一緒に記憶の迷宮に入り込み、見えなかったピースが少しずつ埋め込まれていき、それでもますます謎めいていく過程が面白い。

ネタバレ厳禁ですが、以下、少しだけ…。
11TRANCE.jpg
記憶の潜在意識というのでしょうか、感情や心理が催眠療法で引き出されていく(またはコントロールされる)って、そこまでできるもんなの?(しかも簡単そう)と矛盾が多かった。
あまりややこしいのも難だけど、せめて「インセプション」の半分ぐらいでいいから、納得できる何かが欲しかった。
サイモン、フランク、エリザベス3人の関係性が重なり合いながら、記憶(絵画の隠し場所)を取り戻したフランクの“その先”は、なるほど、そーいうことだったのか!とはならなかったな。
エリザベスは初めから怪しく、何か魂胆があるんだろうとミステリアスだったけど、突然、主役交代劇になったかのようで、マカちゃん目線で観ていたワタシは、ちょっと面食らってしまいました(苦笑)
ネタ的には、女性に対する現代の社会問題があったわけだけど、最後になってこれはちょっと無理やり感が…。
「魔女たちの飛翔」の他にもゴヤの絵画がエリザベスに投影されているんだと思ったので、それをモチーフに彼女の深層心理を探る展開とか用意されていても良かったような。
エリザベスって人をどう理解していいのか、イマイチ分からなかったわ。
12TRANCE.jpg

*幻想的な映像のトランス状態は謎めいていて、何か答えが見えてくるのだろうか~とワクワク。
*それが現実なのか妄想なのか療法なのか、混沌とした曖昧加減は複雑で絶妙。
*こういう映画は、「騙されないぞ」と構えてしまうので、何度か観て確かめたくなる。
*結局、ヴァンサンも手玉に取られちゃって、女って、やっぱりズルいな(笑)
*「あなたの好みは知っている、準備するわ」って、、、(~ヘ~;)ウーン
*集中力が欠けずに一気に観れたけど、後半からの穴埋めは、辻褄合わせのようで雑だった。
*マカちゃんの次回作「フィルス」は11月16日から順次公開(うちは12月って、、、)
*そちらは「トレインスポッティング」原作者の最新作。

コメント

yukarin

こんばんは♪

ジェームズ・マカヴォイ堪能しましたー。
なんとも不思議なというかややこしい展開で観てるこちらがトランス状態でしたけど楽しめました(笑)

2013/10/12 (Sat) 23:25 | yukarin | 編集 | 返信

にゃむばなな

こんにちわ

私は3人と同じ目線で見ていたのですが、細かいところを突っつくとボロは出てきそうな話ですよね。
でもそれを気にならないように見せてくれたダニー・ボイル監督の演出にデビュー作の『シャロウ・グレイブ』を思い出しましたよ。

2013/10/13 (Sun) 12:30 | にゃむばなな | 編集 | 返信

マリー

こんばんは~~。
マカちゃん、よかったよね。
いい子かと思ったら~まさかの・・・
しかもそんな“好み”が?いやん~(笑)

ヴァンサン・カッセルが、めっちゃ悪いやつかと思ったら~
やはり男はちょろいのね~~~。女は怖い・・・

私はかなり楽しめちゃいました。もしかしたら催眠術にかけられていたのかもしれません・・・

2013/10/13 (Sun) 19:50 | マリー | 編集 | 返信

ituka

観てきました(笑)

過去作品すべてテイスト一貫してないよねって言われた
松本監督とはえらい違いです(爆)
映像はさすがダニー・ボイルでした。
ロンドンオリンピックの開会式の続編のような映像群に見とれて
内容は二の次(笑)

この映画、編集逆にしてラストから見たらたぶん面白くないでしょうね(おい)

あ、首は少しよくなりましたか?

2013/10/14 (Mon) 17:16 | ituka | 編集 | 返信

オリーブリー

yukarinさんへ

こんにちは~。

ホント、マカちゃんと一緒にトランス状態だった(笑)
凝っていていささかお話は複雑だったけど、雰囲気は楽しめましたね!

2013/10/17 (Thu) 12:58 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

にゃむばななさんへ

こんにちは。

あー、そうですね!
色使いやシェアルームの雰囲気とか、「シャロウ・グレイブ」を思い出しますね。
少し風呂敷が広いかなァ~とは思いましたが、スピーディで魅力的に見せられる映像美や役者の芝居を楽しめました♪

2013/10/17 (Thu) 13:05 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

マリーさんへ

こんにちは。

そうそう、ヴァンサンがそんなに悪じゃなかった(苦笑)
これって、ある意味、見えない主役だったのかな。
彼女目線で見ていったら、また違うんだろうなー。

マカちゃんは堪能できましたよねーー!!
マカちゃんの(いや、マカちゃんじゃないけど)そっちの趣味って、、、(^_^;)
で、すぐにそれやっちゃう女って、、、(怖い…苦笑)

2013/10/17 (Thu) 13:24 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

itukaさんへ

こんにちは。

観る楽しさがある作品でしたね。
マカちゃんはサービス精神旺盛で(爆)微妙なエロさがいいです^^
「127時間」が前作でしたっけ?
とすると、またガラリと変わりましたね。
これ、ロザリオさんの目線で観るとまた違うのかな、、、
優位に立つ決心したといっても、何かやり過ぎ?(苦笑)
って、催眠療法であんなに忘れられるのなら、ワタシもやってもらいたい(爆)

おかげさまで、激痛はやわらぎましたが、まだ本調子ではありません。
歳をとると治りが遅いですよねー(大泣)

2013/10/17 (Thu) 14:58 | オリーブリー | 編集 | 返信

kira

こんばんはー♪

ダメ男の成長~というパターンが定番なのに、
この作品のマカちゃんは予想を裏切ってくれちゃったわよね~(笑)
犯罪ドラマにしてはツッコミところもあるけど、
睡眠不足で行ったにもかかわらず、トランス状態にも陥らず(笑)
カレの怪しい空白を追って行けたわ(^_-)v

オリブリたんは首~?
私は手首(^^ゞひどいときは
フライパンはおろかドアにも苦しみます。。。治り、遅いよねv-17

2013/10/17 (Thu) 23:37 | kira | 編集 | 返信

オリーブリー

kiraたんへ

こんばんはー。

そうそう、マカちゃんには裏があると思っていたけど、黒幕の告白で、身から出たサビ、、、だったのねーみたいな(苦笑)
タイトル通りの作品だったわ~ボイルらしく斬新で、いつも新しいもの魅せてくれるよね!

わわ、腱鞘炎?
ちょっとした角度で激痛が走るでしょー!!
お大事に!

2013/10/21 (Mon) 23:55 | オリーブリー | 編集 | 返信

ノルウェーまだ~む

トランス状態

オリーブリーさん☆
やっと観てきました~
面白かったわぁ。
私もこれが幻想なのか実際なんか記憶なのか判らなくなっちゃって、頭ふわふわしました。
「剃ったのがお好み♪」と言いながら剃ってなかったよね?(へんな所気になる・笑)
でも私もエリザベスの行動の訳を理解しがたくて、納得できなかったけど、どうやらトランス状態にされていて観ている時は楽しめちゃいました。

2013/11/02 (Sat) 12:20 | ノルウェーまだ~む | 編集 | 返信

オリーブリー

まだむさんへ

本当に一緒にトランス状態で、映像もスタイリッシュだし、謎めいてて良かったですよね♪
もうね、マカちゃんファンには満足な作品ですよっ!!

そうそう、今そこで剃る?みたいな(大爆)
チクチクするだろーみたいな(爆)

結局、彼女が悪女という幕切れだったけど、確かに見ているときはいちいち気にはならないですね。
マカちゃんに必死だったし^^

2013/11/03 (Sun) 20:15 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  トランス
  • トランス@スペースFS汐留
  • 2013.10.12 (Sat) 12:11 | あーうぃ だにぇっと
この記事へのトラックバック
  •  劇場鑑賞「トランス」
  • 記憶の迷宮の中にあるもの… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201310110002/ 【送料無料選択可!】トランス [輸入盤] / O.S.T.価格:1,569円(税込、送料別) メール便180円♪宅配便350円♪SALE OFF!新品北米版Blu-ray!【トランス】 ...
  • 2013.10.12 (Sat) 12:21 | 日々“是”精進! ver.F
この記事へのトラックバック
  •  トランス〜魔女の宅配便
  • 公式サイト。イギリス映画。原題:Trance。ダニー・ボイル監督、ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン、タペンス・ミドルトン、ダニー・スパーニ。18世 ...
  • 2013.10.12 (Sat) 17:03 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  •  トランス
  • 原題:Trance 監督:ダニー・ボイル 出演:ジェームズ・マカボイ, ロザリオ・ドーソン, バンサン・カッセル
  • 2013.10.12 (Sat) 17:25 | ハリウッド映画 LOVE
この記事へのトラックバック
  •  トランス
  • 【TRANCE】 2013/10/11公開 アメリカ 102分監督:ダニー・ボイル出演:ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル、ロザリオ・ドーソン、ダニー・スパーニ、タペンス・ミドルトン、サイモン・クンツ、マット・クロス ここは、誰も見たことのない<記憶のその先>――。...
  • 2013.10.12 (Sat) 23:20 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
この記事へのトラックバック
  •  [映画『トランス』を観た(短評)]
  • ☆これは、観てみるとわかると思うけど、ダニー・ボイル監督が、明らかにクリストファー・ノーラン監督の『インセプション』を意識した作品だと思う。  私は、一部に評判の良かった『インセプション』を、あまり面白く感じなかったので、こちらの方が気に入ったのだが、 ...
  • 2013.10.13 (Sun) 02:40 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
この記事へのトラックバック
  •  『トランス』
  • 忘れた記憶、知識が繰り出す言葉、豊かな経験。最後に笑うのは誰か。 やはりダニー・ボイル監督にはクライムサスペンスが似合います。デビュー作『シャロウ・グレイブ』を思い出 ...
  • 2013.10.13 (Sun) 12:32 | こねたみっくす
この記事へのトラックバック
  •  『トランス』
  • (原題:Prometheus) ----ダニー・ボイルって、 去年のロンドン・オリンピックで 開会式総監督を務めた人だよね。 北京オリンピックがチャン・イーモウだったし、 映画人のフィールドも広がってきたニャあ。 「そうだね。 それだけ現代のイベントは <映像>のウェイト...
  • 2013.10.13 (Sun) 17:35 | ラムの大通り
この記事へのトラックバック
  •  トランス
  • 評価:★★★☆【3,5点】(10) 一見難解なストーリーに睡魔が襲うが映像の素晴らしさには
  • 2013.10.14 (Mon) 17:09 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
この記事へのトラックバック
  •  トランス / Trance
  • 絵画のオークション会場で強奪されたゴヤの名画。しかし、頭を強く打った事から、絵画を持ちだした強盗団の一味が、絵画を何処に隠したか忘れてしまう・・・。 どんでん返しの繰り返しです。しまいには、どれが本当の話なのかが、若干混乱してしまいます。それが、このト...
  • 2013.10.14 (Mon) 17:18 | 勝手に映画評
この記事へのトラックバック
  •  トランス
  • 観てるこっちもトランス状態に。
  • 2013.10.15 (Tue) 00:04 | だらだら無気力ブログ!
この記事へのトラックバック
  •  トランス
  • 原題 TRANCE 製作年度 2013年 製作国・地域 アメリカ/イギリス 上映時間 102分 映倫 R15+ 脚本 ジョー・アハーン/ジョン・ホッジ 監督 ダニー・ボイル 出演 ジェームズ・マカヴォイ/ヴァンサン・カッセル/ロザリオ・ドーソン/ダニー・スパーニ アート競売人のサイモン(...
  • 2013.10.15 (Tue) 02:13 | to Heart
この記事へのトラックバック
  •  「トランス」
  • ゴヤの有名な絵画「魔女たちの飛翔」の盗難を巡って、息もつかせぬ心理戦。最後に勝利するのは誰なのか? 「何も知らずに観るのが幸せである」とか何とか、評論家のレビューにあったように、予備知識ゼロで観た方が幸せかも。なので、ここから先はほんの少しネタバレ的なものもあるので、未見の方で何にも知りたくない人は絶対に読まないで下さい、 「トレインスポッティング」から始まり、「スラムドック...
  • 2013.10.15 (Tue) 12:59 | ここなつ映画レビュー
この記事へのトラックバック
  •  トランス ★★★★.5
  • さまざまな作品を世に送り出したダニー・ボイル監督が、『つぐない』などのジェームズ・マカヴォイを主演に迎えたサスペンス。『トレインスポッティング』の脚本家ジョン・ホッジとボイル監督が再びタッグを組み、ギャングと名画を略奪した競売人が絵画の隠し場所の記憶を...
  • 2013.10.15 (Tue) 17:32 | パピとママ映画のblog
この記事へのトラックバック
  •  トランス/TRANCE
  • ランキングクリックしてね ←please click 「トレインスポッティング」「普通じゃない」 「127時間」「スラムドッグ$ミリオネア」などなど 様々なタイプの作品を撮り続ける、ダニー・ボイル監督最新作 記憶を失ってしまった男の潜在意識に入り...
  • 2013.10.17 (Thu) 02:44 | 我想一個人映画美的女人blog
この記事へのトラックバック
  •  トランス
  • 2013年10月14日(月) 14:40~ TOHOシネマズ川崎1 料金:1000円(TOHOシネマズデイ) パンフレット:未確認 混乱している。 『トランス』公式サイト 騙し系の映画。 人間の欲深な話がテーマだと思うのだが、マカヴォイがストーカーだったという物語をリセットするような証言から、とてつもない混乱を起こす。 忘れるということを、劇中重要視していたと思うのだが、その通り...
  • 2013.10.17 (Thu) 15:58 | ダイターンクラッシュ!!
この記事へのトラックバック
  •  トランス/ジェームズ・マカヴォイ
  • 『トレインスポッティング』のダニー・ボイル監督と脚本家のジョン・ホッジが再タッグを組みジェームズ・マカヴォイを主演にギャングと競売人が盗み出した名画に関する記憶を巡っ ...
  • 2013.10.17 (Thu) 16:34 | カノンな日々
この記事へのトラックバック
  •  トランス
  • 真実はどこに公式サイト http://www.foxmovies.jp/trance監督: ダニー・ボイル 「トレインスポッティング」 「スラムドッグ$ミリオネア」白昼のオークション会場で、ゴヤの傑作
  • 2013.10.17 (Thu) 18:53 | 風に吹かれて
この記事へのトラックバック
  •  トランス
  • 名画強奪をめぐるサスペンスをダニー・ボイルが撮ったなんて、面白いに違いない!と、前知識0で『トランス』を観てきました。 ★★★★★ これヤバい、すげーオモロイ。 何も知らずに観て正解。 何も知らずに観て下さい。 ダニー・ボイルの映画は、ずっと目が釘付けで集中し...
  • 2013.10.17 (Thu) 19:46 | そーれりぽーと
この記事へのトラックバック
  •  『トランス』
  • この秋一番公開が待ち遠しかった『トランス』ついに観てきました〜!! もうマカヴォイ君主演というだけで観る気100% そして絵画が絡むお話ということで美術好きには更にワクワク しかも『Happy&Glorious』以来1年2ヶ月ぶりのダニー・ボイル監督の新作(!)ということで期待しない要素は無い!! ※以下感想です。  結末に触れていま...
  • 2013.10.17 (Thu) 20:13 | My Pace, My Self
この記事へのトラックバック
  •  トランス ★★★☆☆
  • 「スラムドック・ミリオネア」、「127時間」のダニー・ボイル監督最新作。 「トランス(TRANCE)」は英語のトランス状態、夢うつつ、催眠状態のこと。 映画の内容は、題名そのままで、記憶喪失に陥った主人公が催眠療法により記憶の回復を図ろうとするが、事件は二転三転の様相を見せて展開していくというもの。 サスペンス/スリラー作品だが、特に目新しいストーリーではない。 途中...
  • 2013.10.21 (Mon) 23:10 | センタのダイアリー
この記事へのトラックバック
  •  映画「トランス」奇妙に歪んだストーリーに心地よく騙される
  • 映画「トランス」★★★☆ ジェームズ・マカヴォイ、ヴァンサン・カッセル ロザリオ・ドーソン、ダニー・スパーニ マット・クロス、ワハブ・シーク出演 ダニー・ボイル監督 102分、2013年10月11日より全国公開 2013,アメリカ、イギリス,20世紀フォックス映画 (原題/原作:TRANCE )
  • 2013.10.23 (Wed) 07:33 | soramove
この記事へのトラックバック
  •  トランス
  •  『トランス』をTOHOシネマズ渋谷で見ました。 (1)予告編で見て面白そうだと思って映画館に行ってきました。  本作のはじめの方では、競売人で主人公のサイモン(ジェームズ・マカヴォイ)の口から、彼が関与するオークション会場の警備の完璧さについて語られます。 ...
  • 2013.10.23 (Wed) 21:19 | 映画的・絵画的・音楽的
この記事へのトラックバック
  •  催眠療法~『トランス』
  •  TRANCE  ロンドンでオークションを手掛ける競売人・サイモン(ジェームズ・マカヴォイ) は、裏社会のギャング・フランク(ヴァンサン・カッセル)と共謀し、ゴヤの名画 を盗もうとする。しかし犯行途中のトラブルでサイモンは記憶を失くし、名画も 行方知れずとなってしまう。催眠療法士のエリザベス(ロザリオ・ドーソン)の クリニックで、記憶と名画を取り戻すべく...
  • 2013.10.29 (Tue) 07:42 | 真紅のthinkingdays
この記事へのトラックバック
  •  「トランス」催眠術にかかれ
  • 評判も良い話題の映画「トランス」 ダニー・ボイル監督だしね☆ 監督とか俳優とか関係なく映画を観る!といいながらも、ダニー・ボイルは別♪これは観ないとね。 ロンドンの映画祭のレッドカーペットで、「あの凄い声援もらってる人、誰?」と話していたのがダニー・ボイルだったことは内緒(爆)
  • 2013.11.02 (Sat) 13:38 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
この記事へのトラックバック
  •  トランス
  • トランス '13:米・イギリス ◆原題:Trance ◆監督:ダニー・ボイル「127時間」「スラムドッグ$ミリオネア」 ◆主演:ジェームズ・マカボイ、ロザリオ・ドーソン、バンサン・カッセル、ダニー・スパーニ、マット・クロス、ワハブ・シェイク、タペンス・ミドルトン ◆STO...
  • 2013.12.11 (Wed) 21:00 | C’est joli〜ここちいい毎日を♪〜
この記事へのトラックバック
  •  記憶を思い出せ
  • 27日のことですが、映画「トランス」を鑑賞しました。 アート競売人のサイモンはギャング一味と協力し、名画を略奪したが 絵画の隠し場所の記憶を失い、ギャングらは催眠療法師を雇い 催眠療法で記憶を復活させようと画策するが・・・ これは面白かった‼&...
  • 2013.12.31 (Tue) 17:20 | 笑う社会人の生活
この記事へのトラックバック
  •  トランス
  • TRANCE 2013年 アメリカ/イギリス 102分 犯罪/サスペンス/ミステリー R15+ 劇場公開(2013/10/11) 監督: ダニー・ボイル 『127時間』 出演: ジェームズ・マカヴォイ:サイモン ヴァンサン・カッセル:フランク ロザリオ・ドーソン:エリザベス <スト...
  • 2014.03.15 (Sat) 00:35 | 銀幕大帝α
この記事へのトラックバック
  •  映画『トランス』を観て
  • 13-81.トランス■原題:Trance■製作年、国:2013年、イギリス■上映時間:101分■料金:1,800円■観賞日:10月19日、TOHOシネマズ渋谷(渋谷)□監督・製作:ダニー・ボイル◆ジェームス・マカヴォイ◆ヴァンサン・カッセル◆ロザリオ・ドーソン◆ダニー・スパーニ...
  • 2014.04.21 (Mon) 14:19 | kintyre's Diary 新館
この記事へのトラックバック
  •  『トランス』
  • トランス ギャンブル依存症の競売人が 絵画強盗に加担するが、記憶を喪失してしまい 絵の隠し場所が判らなくなる... 【個人評価:★★☆ (2.5P)】 (自宅鑑賞) 原題:Trance(催眠)
  • 2014.12.09 (Tue) 01:20 | cinema-days 映画な日々
この記事へのトラックバック
  •  トランス
  • 【概略】 オークション会場からゴヤの名画を奪った競売人・サイモンは、ギャングのリーダーに殴られた衝撃で記憶を失い…。 サスペンス 頭の中がトランス状態になるのかと思えば意外と単純なストーリーでした。無くなった絵画をめぐり 催眠状態が絡んで真実と虚構が入り混じります。 ロザリオ・ドーソンの脱ぎっぷりにはびっくりしたけれど、「好み」のシーンで大体オチはわかっちゃったよね。お話...
  • 2014.12.19 (Fri) 13:32 | いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。