--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_10
07
(Mon)15:12

WOWOWで

「今日、きみに会えたら」日本未公開
LIKE CRAZY
すべてキャノンのデジタル一眼レフカメラで撮影され、演技と台詞は即興。
サンダンス映画祭で審査員特別賞を受賞した遠距離恋愛ストーリー。
「スター・トレック」のアントン・イェルチン、フェリシティ・ジョーンズ、ジェニファー・ローレンス。

技術的なことはともかく、ストーリーが入り込めなかった。
そもそも、分かっていながら強制送還されるようなことをした二人がダメでしょ。
同情、共感、全くなし。
ジェニファーを選べば良いのに^^
★2

「ミスター・アーサー」日本未公開
ARTHUR.jpg
クリストファー・クロスの「ニューヨーク・シティ・セレナーデ」がアカデミー歌曲賞を受賞した1981年の「ミスター・アーサー」をリメイク。
大富豪の御曹司が、結婚を巡ってドタバタ騒動を繰り広げるコメディ。
ラッセル・ブランド、ヘレン・ミレン、ジェニファー・ガーナー。

オリジナルは未見。
ラッセル・ブランドのキャラが気にならなければ、ヘレン・ミレンのばあやさんと、ジェニファー・ガーナーの怪演(笑)、散りばめられた映画ネタでザックリ観れる。
★3

「フィッシュ・タンク」日本未公開(「三大映画祭週間2012」で公開)
フィッシュ・タンク
第62回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞した青春ドラマ。(第66回は「そして父になる」)
誰にも相手にされない15歳の孤独な少女が、母親の新しい恋人に心をときめかせ、生まれ変わっていく姿を、イギリスの階級社会を織り交ぜながら描く。
ケイティ・ジャーヴィス、レベッカ・グリフィス、マイケル・ファスベンダー。

劣悪な家庭環境に唖然としながら、どんどん引き込まれていった。
理解者のようなマイケル・ファスベンダーが、決してそれだけではないのがミエミエなんだけど、表面上しか見ることができない勝気な少女は、本能でしか行動できず痛々しい。
勘違いやとんでもない言動には、イライラハラハラさせられっぱなしだったが、最後は清々しく、評判どおりの秀作だった。
★3.8

「マーガレット」日本未公開
MARGARET.jpg
走り始めたバスを追いかけ話しかける女子高校生に気を取られた運転手が、横断中の女性をはねて死なせてしまう。
警察の聴取に対し、歩行者の信号無視だったと嘘の供述をした女子高校生の罪悪感が次第にエスカレートしていく。
「イングリッシュ・ペイシェント」のアンソニー・ミンゲラが製作総指揮を務めたヒューマンドラマ。
2005年に撮影されたにもかかわらず、様々なトラブルから製作が遅れ、公開はミンゲラが亡くなった後だった。
監督は「ギャング・オブ・ニューヨーク」で脚本を担当したケネス・ロナーガン。
「X-メン」のアンナ・パキン、ジャン・レノ、マーク・ラファロ、マット・デイモン。

途中まではまだ良かったが、本当にイラつく女子高生だった。
勉強はできるらしいが、人間的に頭が悪い(汗)
これは罪悪感ではなく、責任転換でしょ。
2時間半を越える意欲作ではあるが、高校教師のマット、運転手のマーク(確かに悪い)が、女子高生ごときの偽善にここまで翻弄されて気の毒だ(苦笑)
この押し付けがましさ、ますます煙たがられるだけの存在になるのだろう~将来、どんな大人になるのか逆に心配。
★2

「ターゲット」日本未公開
19446192_jpg-r_640_600-b_1_D6D6D6-f_jpg-q_x-xxyxx.jpg
フランス映画「めぐり逢ったが運のつき」をリメイク。
知的な殺し屋と詐欺師の女性、たまたま居合せた一般人の青年の攻防戦を描く。
ビル・ナイ、エミリー・ブラント、「ハリー・ポッター」のルパート・グリント。

普通。
赤毛のロン君、頑張れ(^-^)/
★2.6

「憧れのウェディング・ベル」日本未公開
The Five-Year Engagement
恋人のキャリアの為、一緒に転勤先へ引っ越した腕の良いシェフの悲喜こもごもと、二人の間に生じる心のズレをコミカルに描く。
ジェイソン・シーゲル、エミリー・ブラント、リス・エヴァンス、ジャッキー・ウィーヴァー。

迷い悩みながらも良い結果にたどり着こうとするお互いの気持ちに好感が持てる。
佳作!
★3.5

「21ジャンプストリート」日本未公開
21 JUMP STREET
ジョニー・デップの同名テレビシリーズを映画化。
高校への潜入捜査を開始した凸凹警察官コンビが、高校生活をエンジョイしながら、はびこる凶悪犯罪を目の当たりにしていくさまをコミカルに描く。
全米で1億ドルを超える興行収入で大ヒットしたそう。
チャニング・テイタム、ジョナ・ヒル。

痛快おバカポリス(爆)
チャニングのコメディ好き^^
先輩ジョニー・デップも潜入捜査で数分登場♪
★3

「ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて」日本未公開
LOVE CRIME
パリの一流多国籍企業で働く2人の女性。
悪辣な上司を憎む部下は、次第に殺意を抱くようになる。
「スイミング・プール」のリュディヴィーヌ・サニエと、「サラの鍵」のクリスティン・スコット・トーマス。
ブライアン・デ・パルマ監督がレイチェル・マクアダムとノオミ・ラパスでリメイクした「パッション」が公開中!

全体的にサスペンスとして平凡だったけど、女の嫌らしいねちねちさは見事だった(苦笑)
★2.8
«  HOME  »
  WOWOWで

C.O.M.M.E.N.T

ラブ・クライム

やってたのねん。
「パッション」観たから、これ見てみたい。この主演2人は好きですし。

2013/10/11 (Fri) 20:50 | ボー #0M.lfYJ. | URL | 編集 | 返信

ボーさんへ

こんにちは。

「パッション」良かったですか?
次回のレディースに行こうかと思ってます。

WOWOWで観たの6月頃だったと。。。(^_^;)
サニエさんは、フランス人らしい女性という感じがして、妖艶で小悪魔、いいですよね。
声もなかなかセクシーです(笑)

2013/10/12 (Sat) 12:47 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

ラブ・クライム

あの時点で映画が終わったので、ちょっと、びっくり。
「パッション」は、その後にデ・パルマらしさが弾けてましたから~。

2013/11/03 (Sun) 18:54 | ボー #0M.lfYJ. | URL | 編集 | 返信

ボーさんへ

えーそうなんですか?
遠方のTOHO1館上映なので、見逃してしまいましたが、では、WOWOWをまた待つことにします(~ヘ~;)

2013/11/04 (Mon) 00:46 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

「ラブ・クライム 偽りの愛に溺れて」

ブライアン・デ・パルマ監督の「パッション」は、この作品のリメイク。

2013.11.03 (Sun) 18:47 | 或る日の出来事
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。