FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

The Wolverine10

カナダで人目を避けるように暮らすウルヴァリンことローガン(ヒュー・ジャックマン)は、以前命を救った日本人実業家・矢志田の願いで、彼の部下ユキオ(福島リラ)と日本へ向かう。
ローガンと再会した病床の矢志田は、謎めいた言葉を告げ、息を引き取った。
葬儀に参列したローガンは、謎の武装集団に狙われた矢志田の孫娘マリコ(TAO)を救い出し、執拗な追っ手から逃げ出すが…。


「X-MEN」シリーズの人気キャラクター“ウルヴァリン”の死闘を日本舞台で描く。

2013年 9/13公開 アメリカ映画
監督 ジェームズ・マンゴールド
「お・お・は・ず・し」{★★2/5}

「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」の公開後、日本舞台の続編話にずっと不安だったけど、まさに的中。
日本の扱いについては失笑の連続で、まあ架空世界だし、ハリウッドの演出に今更あれこれ言うのはご法度としても、予想以上につっまらないお話でいいトコなしだった。
しかも「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」の直接的な続編ではないらしい!
「X-MEN」の映画シリーズしか知らないから、ウルヴァリンの記憶は?デッドプールは?ストライカー大佐は?と謎を残したスピンオフが、ジーンの幻覚(?)で「はあぁ?これはいつの話?」となってしまった。
ウルヴァリン
「ウルヴァリン: X-MEN ZERO」は、人間ドラマな部分でも面白かったのに、続編のスタンスではなく、この程度のことなら制作の必要があったのかな(苦笑)
ウルヴァリンの認識票さえ出てこなかった(よね?)
エンドのオマケ、時系列がますます分からなくなってしまった~もう考えるのはやめよう^^笑。
he Wolverine11
親日家のヒューさまが、公私で日本を満喫してくれたのが一番良かったということで!
あとは、あれやこれやのツッコミを笑いながら語れる楽しみはあり(笑)


*「~ZERO」では、ノルマンディー上陸してたウルヴァリンが、その後、長崎で捕らわれていた!
*ベトナム戦争後にアダマンチウム注入したから、この時はまだ骨の爪だった?(未確認)
*どーしても「~ZERO」を切り離せない脳内(^_^;)
*ヒューさまの入浴シーン!(大爆)
*安全性の高い新幹線は、即、停車するんじゃないのぉ~ルーフの戦いは無理でしょ~しかも相手がショボくて楽しくなーい(爆)
*日本列島は、思う以上に長いのですよ…。
*モーテルの説明通訳は海外向けか~いらん(^_^;)
*漢字やカナの看板をついつい読んで見る。
*日本人同士の日本語会話はまだしも、突然、日本人同士で英語になるからヘン(苦笑)
*鍋料理、浴衣、マリコの「おもてなし」に嵌ったか(?)ウルヴァリン(爆)
*矢志田って、助けた意味なし(ロボット爺さん)
*日本人富豪一族、良いとこなし(汗)
*たった一人のミュータント女優もショボイ。
*好きな作品が多いジェームズ・マンゴールド監督なのに、これはワースト。(多分、監督の責任ではないと思う)
*洋画を観た気がしない、、、とにかくノレなかった。これに尽きる。
*やはりミュータント同士の戦いじゃないと…。
2013.09.14 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/1126-77976c85