2007_06
09
(Sat)12:16

ロング・エンゲージメント



第一次大戦下のフランス、ブルターニュ地方。
幼い頃の病気の後遺症で脚が不自由なマチルド(オドレイ・トトゥ)は、
戦場に旅立った恋人マネク(ギャスパー・ウリエル)の帰りを待ちわびていた。
ある日、マネク戦死の悲報がもたらされる。
彼を含めた5人の兵士が軍法会議で死刑を宣告され、ドイツ軍との中間地帯に置き去りにされたという。
だが、マネクの最期を見届けた者は誰もいない。
不思議な愛の直感を信じるマチルドは、マネクがまだどこかで生きていると確信。
私立探偵を雇い独自の調査を始めると共に、自らの直感を頼りにマネクの消息を尋ねる。

戦争を背景に婚約者の生存を確信し、謎を解きながら愛する人の捜索をする女性の姿を、
『アメリ』のジャン=ピエール・ジュネ監督が、再びオドレイ・トトゥを主演に描いたミステリー・ラブ・ロマンス。

マネクが生きていることを信じて疑わず、気丈な信念の持ち主で賢く可憐なマチルドと、
純粋で優しく無垢な印象のマネク。
彼らが住む村の家や灯台、海などその景色の美しい描写、
チョット愉快な叔父叔母や郵便配人が、重くなりそうなストーリーの中に笑いも与えてくれる。
この先を予感させるラストシーンも良かった。

私は『アメリ』の不思議系なストーリーがあまり好みではなかったので、
その点ではこの内容は、まあ面白かったかな。
ただ、前置きは長いし、謎解きの登場人物も多く(フランス名が覚えられない)
最初は戦争映画かと思えるような爆音や悲惨な場面は、
背景となっているので仕方がないだろうけど、もう少し減らしてもよいのでは…。
でもやはりフランス映画は苦手…
まず言葉がダメかも…睡魔がくる(苦笑)

クレジットには名前が出ていましたが、
カメオ出演の大物女優!
別に誰でも良かったんじゃあぁ…

『ハンニバル・ライジング』が初見のギャスパー君、
やはり端整な顔立ちが戦場のシーンでも一際目立ちます。
物静かな演技も雰囲気が合っていて良かったです。
できればこの二人のその後を、
もう少しラストで引っ張って見せてくれても良かったのに…と少し残念です。

2005 3/12公開 フランス映画
監督 ジャン=ピエール・ジュネ

C.O.M.M.E.N.T

私もおフランス映画は苦手ですv-358
なんか微妙なボンヤリ感がついて行けん・・・

それにしてもギャスパー君の出番が少ないよねv-403
オドレイばっかりv-363
 

2007/06/10 (Sun) 00:32 | ロク #VwWRwSIk | URL | 編集 | 返信

んん〜〜〜〜v-238純真無垢なギャスパーくん、やっぱり良いわ〜〜v-266
人物認識に滅法弱い??(汗)私・・・。
あの「ダヴィンチ・コード」の彼女とはなかなか結びつけることができませんでした。。。(苦笑)オドレイは、「ダヴィンチ・・」より、こちらのほうが数段良かったと思います^^
アメリはまだ、未見なんですよね。不思議系か。。。。私も苦手かも・・でも観てみようかな。
戦争シーンは、私もあまりの本格的な作りでちょっと、ビックリ!!個人的には、これが映画として、効果的に働いてる気がしました。
大物の登場ね〜〜〜、観ていて
・・アレ???アレ???まさか??
ってね〜〜〜。まったく予習なしで観たんで、最初はクリソツなフランス人??って思ってた〜〜(汗)

ラストシーン、好きですv-238
確か、出逢った時と同じ言葉をかけるんですよね。もう、あのギャスパーくんを抱き締めてあげたい〜〜!!

2007/06/10 (Sun) 00:33 | おまつまみぃ #- | URL | 編集 | 返信

ロクちゃんへ

>微妙なボンヤリ感

はいはい!
あれは言語の問題だけではないんでしょうねえ〜v-12
描写も“美”はハリウッドなんかよりステキなんだと思うけど、
これも好みですね(苦笑)

そりゃあ〜主役はオドレイだから仕方ないけど(爆)
ギャスパー君狙いの私たちは、不満は残ります…e-43
次回作が楽しみよね…
これ観て、彼に演技力あるの解るもんe-460

2007/06/10 (Sun) 01:17 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

おまつまみぃ・シスターへ

オドレイさん
「ダヴィンチ・コード」とは雰囲気が全く違うよねe-2
「アメリ」は更に「ダヴィンチ〜」と違うわ(笑)
観てみて♪
でも、満腹のランチ後の鑑賞は要注意(爆)

>クリソツなフランス人??
爆。爆。
私も〜〜e-2e-2
巻き戻し&停止したよぉ〜v-405
クレジットの名前出るまで半信半疑だった(苦笑)

シスター、ギャスパー熱にやられてるねえ〜〜e-266
そうそう、お持ち帰りOKなの?
いくいく〜〜、ほすいーーーe-278(爆)

2007/06/10 (Sun) 01:28 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

『アメリ』...私も、映画館で寝ましたw

わぉ『ロング・エンゲージメント』観たんですかぁ!
ギャスパー君よりオドレイのほうが、出番が多いんですか?
そりゃあ残念です...。このDVDのカバーも、ギャスパー君の顔が、よく見えませんっ。
少し、微妙なフランス映画なんでしょうか?
でも、ギャスパー君は観てみたいです、うん。

2007/06/10 (Sun) 21:10 | あん #- | URL | 編集 | 返信

あんさんへ

『アメリ』...やはり、寝ましたか(笑)
でもそれよりは普通に観れますよ〜!
謎解きな内容なので、
で、どーなのよっ??とかは引き込まれます(^^)

ギャスパー君…
登場は少ないけど、インパクトあります!
確か…
例の傷をオドレイが撫でるシーンがあるんですよぉ!!
おお〜〜♪
ゾクっ(爆)でした♪

2007/06/12 (Tue) 22:46 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

映画『ロング・エンゲージメント』

原題:A Very Long Engagementその婚約者の長い別れと愛の直感、執念の捜索が結実する。深くて暗いミステリーの闇を愛の力が解きほぐす。初めての言葉・・歩くと痛いの・・・? 第一次大戦下のフランス・ブルターニュ、婚約者マネク(ガスパール・ウリエル)が、マチルド(オ

2007.06.09 (Sat) 13:39 | 茸茶の想い ∞ 〜祇園精舎の鐘の声 諸行無常の響きあり〜