スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ペーパーボーイ 真夏の引力 

2013, 07. 28 (Sun) 23:17

THE PAPERBOY10

1969年、真夏のフロリダ州モート郡。
大学を中退したジャック(ザック・エフロン)は、父親が経営するローカル新聞の会社で、配達を手伝うだけの退屈な日々を送っていた。
ある日、大手新聞社に勤める兄ウォード(マシュー・マコノヒー)が、4年前に地元で起きた保安官殺害事件の死刑囚ヒラリー(ジョン・キューザーック)に冤罪の可能性があると、同僚の黒人記者ヤードリーを伴って帰省する。
運転手として取材を手伝うことになったジャックの前に、獄中のヒラリーと文通し、婚約したという依頼人のシャーロット(ニコール・キッドマン)が現れる。
セクシーで魔性的なシャーロットにすっかり魅了されてしまうジャックだったが…。


1960年代末期のアメリカ南部を舞台に、ひとつの冤罪疑惑を巡り、関係者たちの心が露わとなっていくさまを青年の目を通し描き出す異色ミステリー。
ピート・デクスターのベストセラーを映画化。

2013年 7/27公開 アメリカ映画
監督 リー・ダニエルズ
引力はあった{★★★★4/5}

「プレシャス」のリー・ダニエルズが、フロリダで起きた事件の真相と、ある青年のひと夏の経験を描いた作品。
一癖も二癖もある人物たちの人間模様が、メイドだった黒人女性の回想で語られる。
フィルム撮影された映像は、リアルな時代背景を映し出し、田舎町のじっとりねっとりした夏の暑苦しさや湿地帯のヌメっと感、人間のダークな臭いまできっちりと見せる。
様々な視点から映し出されるカメラワークも印象深かった。
ペーパーボーイ10
死刑囚ヒラリーのアリバイ探しと見せかけて、本題は、ジャックの苛酷な青春ストーリー。
ジャックの身の回りで起こっている出来事が中心なので、事件の真相に主眼を求めると何の結論もなく、どこがどう面白いか言えない作品。
本当に変態ちっくな人間と関わってしまい、余計に大きなトラウマを抱えたような成長物語だったが、ワタシはこんな雰囲気の映画が嫌いではないので、もうずっと引き込まれっぱなしだった。
ペーパーボーイ15
家を出た母親への忘れ得ぬ思い、次々と相手を代える父親(スコット・グレン)、クールでデキる兄の秘密、ムラムラさせられる年上女と、純粋で奥手のジャックは、妄想、欲望、理想、失望にかき乱される。
大半の人がジャック目線で観るのだろうが、ここまでシャーロットに固執してしまったジャックが哀れで痛々しかったな。
酸いも甘いも、これが青春初体験の苦さなのかしら。

そんなジャックを演じたザック・エフロンは、アイドル路線を完全に脱したかのような新しい一面を見せるお芝居だった。
身体も絞られてるし、白いブリーフ姿が可愛らしい(笑)
チェリーボーイ全開の悶々ぶりが良かった^^
THE PAPERBOY12
最大の見所は、怪しくオカシイ人たちに扮したキャストの演技合戦かもしれない。
どこまでが芝居なのか?(笑)豪華な俳優陣が見事にやってくれた!!
時々、異常過ぎて笑っちゃった(苦笑)

正義感溢れる記者魂で、事件を追いバーで接触したのかと思いきや、、、、、
熱血弁護士やプレイボーイより、クール変態が似合う(笑)マシュー・マコノヒー。
人物像にまさかのインパクトを加えました!!
THE PAPERBOY13
やってくれましたね、ジョン・キューザック(バンザーイ)
悩めるパパや頑張るパパ、シャンハイのスパイに推理作家ポー。
そんなのもう飽きたでしょ(笑)
やっぱり、コレでしょ!このド変態(爆)
ボサボサ頭にピョコピョコ歩き。
ニコール相手にあれやこれ…。
「ズボンなんか履いてくんじゃねェェーーーー!!」
ジョン・キューザックありがとう~と思った男性が多いかも(笑)
THE PAPERBOY11
上品なイメージが多いニコール・キッドマンのビッチは楽しみだったけど、まさかここまでやっちゃうなんてビックリ!!
度肝を抜かれてしまった。
大股開きでストッキングビリビリ、クラゲに刺されたジャックにまたがり放尿(マジでやったとか?!)~~~衝撃的!
40歳を超え、こんな役を演じきるニコールに、驚きと同時に女優魂にあっぱれ!
ペーパーボーイ12
*夜の沼地、まさかワニに襲われるんじゃ。。。とハラハラ。
ジャックが一枚上手でした。
*「この取材、幾らくれんのぉ~」と、最初はやる気がなさげな元メイドさんだったけど、気づけば普通の語り部となっていた。
*彼女とジャックの関係がいい。
*父親の後妻となる女は、フロリダ版「ヘルプ~」のブライス・ダラス・ハワードか(~ヘ~;)ウーン
*ニコールとキューザックの痴態シーンは映画史に残るかも?(苦笑)

コメント

ituka

ふたりの痴態シーン

というよりもワタシはニコールのエア○ェラの画が欲しくて探しましたがなかったです(こら!)^^;
シャーロットがジャックに言う「●ェラして友情を壊したくない」って
あれってジャックにとってどうなんでしょうね(笑)

本気の放尿だったんですね!こりゃ驚きですよ(笑)
もしあれをザックが顔で受けてたらワタシは本気で尊敬しちゃいます^^;

『ランゴ』、『ラブ・アゲイン』観ました~(笑)
CG映像の緻密さにびっくりしたのと、西部の精霊ってモロ、クリントでしたね。
『ラブアゲ』も意外にホロっとさせられ要所で笑いをとるいい映画でした。
保護者面談のマリサの演技がかなりツボだったです(笑)

2013/07/29 (Mon) 21:27 | ituka | 編集 | 返信

オリーブリー

itukaさんへ

こんばんは。

いろんなエアものあるけど、これはまさかのビックリもんでしたよ(爆)
もうね、ニコールと同じラインで座っていた面子の心地悪さが何とも言えず^^
そっと股間を隠したマコノヒー(爆)
あの黒人同様、ワタシも笑うしかない感じでした!

そうそう、「ランゴ」は色んな映画へのオマージュがあるんですよね。
無造作に詰め込んだオスカーに爆笑!
アロハ姿のランゴや最初のシーンには、「ラスベガスをやっつけろ」のハンターSトンプソンのオマージュだと思います。
「ラブアゲ」は面白かったでしょ??
登場人物のつながりが絶妙な作品でしたよね(*^-゚)vィェィ♪

2013/08/01 (Thu) 23:45 | オリーブリー | 編集 | 返信

つるばら

お久しぶりです

何だかご無沙汰してた間に2014年になってました;;すみません!
今年もどうぞよろしくお願い致します。
そして、今、めっちゃくちゃ遅れてた映画の感想をUPしてる所なんですが、
コレ、やっぱりオリーブリーさんご覧になってましたね。(やっぱり、って・・笑)
いやぁ、ニコールの頑張りぶりはアッパレでしたね。
ジョンQやエフロンもなかなかだったけど、最後らへんでもってっちゃったマコノヘ~(笑)が結構ツボでした。
・・と言う訳で、今年最初のTBさせて頂きました~よりによってこの作品・・(笑)

2014/01/12 (Sun) 17:42 | つるばら | 編集 | 返信

オリーブリー

つるばらさんへ

こんばんは~こちらこそご無沙汰しちゃってて、コメントありがとうございます。
今年もこんな感じですが(どんな感じだー笑)どうぞ宜しくお願いしますね!

あはは、観ましたよ、夏のあつーい時期に、スクリーンと同じようなあつーい汗が出そうでしたよ(^_^;)
ホント、揃いも揃って、濃いキャラでしたよねー。
マコさん、ここでは中年体型っぽいけど、エイズの役作りで、げっそりしちゃったままですね。
さっき、GG賞みて、最初、誰?これ?でしたよ(汗)

今年も変態チックで熱い映画が楽しみです(爆)

2014/01/13 (Mon) 18:16 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  ペーパーボーイ 真夏の引力 ★★★
  • 数々の映画賞を席巻した『プレシャス』のリー・ダニエルズ監督が、ピート・デクスターのベストセラー小説を映画化したクライム・サスペンス。ある殺人事件を調査する兄弟が、事件の...
  • 2013.07.29 (Mon) 14:25 | パピとママ映画のblog
この記事へのトラックバック
  •  ペーパーボーイ 真夏の引力
  • 評価:★★★★【4点】(10) 予測不能という言いかたがもっとも似合う映画。
  • 2013.07.29 (Mon) 20:46 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ペーパーボーイ/THE PAPERBOY
  • ランキングクリックしてね ←please click トロント映画祭観客賞ほか、数々の映画賞を席巻した「プレシャス」の監督、リー・ダニエルズが、 ピート・デクスターのベストセラー
  • 2013.07.30 (Tue) 01:13 | 我想一個人映画美的女人blog
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ペーパーボーイ 真夏の引力 ★★*☆☆
  • ニコール・キッドマンはアメリカではセレブたちの間でファッションリーダー的存在らしい。 そういうイメージの彼女だからこんな下衆な女を余裕もって演じることが出来るのだろう
  • 2013.08.05 (Mon) 07:31 | センタのダイアリー
この記事へのトラックバック
  •  ペーパーボーイ / 真夏の引力
  • ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒーにジョン・キューザック。 日経の評価も高く、アメリカ南部を舞台に、このメンバーで繰り広げられるサスペンスとい
  • 2013.08.08 (Thu) 22:45 | 映画の話でコーヒーブレイク
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ペーパーボーイ 真夏の引力
  • 覗いてはいけない、禁断の闇 原題 THE PAPERBOY 原作 ピート・デクスター 製作年度 2012年 上映時間 107分 映倫 R15+ 脚本 ピート・デクスター 、リー・ダニエルズ 監督 リー・ダニエルズ 出演
  • 2013.08.13 (Tue) 22:41 | to Heart
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ペーパーボーイ
  •  『ペーパーボーイ―真夏の引力』を新宿武蔵野館で見ました。 (1)印象的だった『プレシャス』の監督リー・ダニエルズの作品でもあり、ニコール・キッドマンが出演するというので、
  • 2013.08.21 (Wed) 05:51 | 映画的・絵画的・音楽的
この記事へのトラックバック
  •  ペーパーボーイ 真夏の引力
  • 壮絶で辛すぎる ひと夏の経験ニコールのビッチぶりがすごい!公式サイト http://paperboy-movie.jp原作: ペーパーボーイ (ピート・デクスター著/集英社文庫)監督: リー・ダニエル
  • 2013.08.23 (Fri) 15:34 | 風に吹かれて
この記事へのトラックバック
  •  「ペーパー・ボーイ〜真夏の引力」
  • すごく面白かったです。最近、「華麗なるギャッツビー」やこの「ペーパー・ボーイ」など、アメリカ現代文学の珠玉が映画化されていて、やはりそれはハリウッドのCG満載の荒唐無稽物
  • 2013.09.02 (Mon) 17:54 | ここなつ映画レビュー
この記事へのトラックバック
  •  時代と暗部を
  • 4日のことですが、映画「ペーパーボーイ 真夏の引力」を鑑賞しました。 青年ジャックは新聞記者の兄ウォードが以前起こった殺人事件で死刑の判決が出た人間が 実は無罪かもしれな
  • 2013.09.02 (Mon) 21:46 | 笑う社会人の生活
この記事へのトラックバック
  •  底なし沼~『ペーパーボーイ 真夏の引力』
  •  THE PAPERBOY  1969年の夏、フロリダ州モート郡。ジャック(ザック・エフロン)は水泳選手 としての将来を棒に振り、大学を中退して実家に戻っていた。父親(スコット・ グレン)の...
  • 2013.09.12 (Thu) 07:50 | 真紅のthinkingdays
この記事へのトラックバック
  •  映画『ペーパーボーイ 真夏の引力』を観て
  • 13-62.ペーパーボーイ 真夏の引力■原題:The Paperboy■製作年、国:2012年、アメリカ■上映時間:101分■料金:1,000円■観賞日:8月1日、新宿武蔵野館(新宿) □監督・脚本・製作:リー・ダニエルズ□原作・脚本:ピート・デクスター◆ニコール・キッドマン◆...
  • 2013.12.29 (Sun) 18:10 | kintyre's Diary 新館
この記事へのトラックバック
  •  ペーパーボーイ 真夏の引力
  • 69年のフロリダのある町。地方新聞の配達を手伝うだけの日々を送る青年ジャックの元に、大手新聞社に勤める兄が同僚と共にやって来た。彼らの目的は地元で起きた保安官殺害事件の再調査だったが・・
  • 2014.01.12 (Sun) 17:43 | rambling rose
この記事へのトラックバック
  •  ペーパーボーイ 真夏の引力
  • ニコール・キッドマンがけばい年増女を演じてます。そして彼女に恋するのが新聞配達のザック・エフロン。 ザック・エフロン、ニコール・キッドマン、マシュー・マコノヒー、ジョン・キューザック。 記者のウォード・ジャンセンは、黒人の同僚と、実家で新聞配達を手伝う弟のジャックとともに、白人保安官殺害事件の調査を開始する。3人は恋人の無罪を信じるシャーロットを伴い、容疑者ヒラリーと刑務所で接触を試みる...
  • 2014.03.25 (Tue) 09:32 | いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。