FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

The Hangover Part III10

問題児アラン(ザック・ガリフィナーキス)の奇行は止まるところを知らず、ついに父親がショックのあまり他界。
もはや面倒を見きれなくなった家族の意向で、義兄のダグ(ジャスティン・バーサ)は、フィル(ブラッドリー・クーパー)とステュ(エド・ヘルムズ)に手伝ってもらい、精神的な治療を受けさせるためアランを施設へ収容することにした。
道中、4人はギャングのマーシャル(ジョン・グッドマン)に襲われ、チャウ(ケン・チョン)が盗んだ金塊を取り戻すよう命じられる。
人質に取られたダグを助け出すため、やむなく3人はチャウの行方を追うのだったが…。


大の大人たちがお酒で失敗した末、とんでもないトラブルを巻き起こすドタバタ騒動劇「ハングオーバー」シリーズの第3弾にして完結編。
ギャング同士のトラブルに巻き込まれたオバカ3人組が、予測不可能な展開へと追い込まれていくさまを笑いとアクションで描く。

2013年 6/28公開 アメリカ映画
監督 トッド・フィリップス
前歯→顔タトゥー→お、、、!!{★★★3/5}

酔っ払った挙句がいつ始まるのかと思いきや、本当に反省しちゃったのね…(苦笑)
ハングオーバーで失くした記憶をたぐる面白さはなかったけど、過去の失態エピソードが懐かしい笑いを誘い、アランの成長と変わらぬ友情(?笑)を原点回帰で完結させ、ただのドタバタだけでない、ちょっと良い話に仕上がってた。
2作目は微妙だったので、最終章は持ち直しました(笑)
コメディのシリーズとして、これはこれで良い結末になったと思う。
The Hangover205
元凶のアランには、分かっていてもハラハラしながら笑わされた。
いきなりのキリンちゃん、もう先が見えてるのよぉ~嫌だわ~ギョッとした顔しちゃって、可哀相に…(汗)
1作目で登場したジェイド(ヘザー・グラハム)の成長した息子と再会したアランが、ヘンな父性(?)でも芽生えたか、プレゼントしたサングラスが粋だったわ(爆)

毎度毎度、アランにキレていたフィルとステュが、彼への理解と扱いが完璧に慣れたご様子で、対応が大人になっていた(笑)
特にステュがグッと堪えてる感があって、アランを施設に入れるのが得策だとは思わない、自分達のような理解者が側にいてやらないと、、、みたいな発言に友情が深まってる感じがして良かったな。
ラスベガスに戻ったことで、シリーズのエピが全編に散りばめられていたから、思い出しながら楽しめた。
8ハング
こちらも元凶、ミスター・チャウのブッ飛んだ活躍ぶりは、今回もMAXでケタハズレ!!
こんな過激な男の指定席はやっぱりトランク?(笑)
何だかんだと巻き込まれながら、これまた変な友情みたいなものが芽生えたりしていく。
脱獄シーンから、あれやこれやな映画のワンシーンみたいで、ある意味、チャウのスピンオフ的な見方ができる作品かも(苦笑)
チャウのカラオケ、縁結びのビリー・ジョエル、ミッション終了後は、ビートルズの「アビー・ロード」みたいで、感情表現の映像が印象に残った。

アランにまさかのラブストーリーが訪れ、メリッサ・マッカーシーと晴れて結婚。
さて、その翌日は…。
やっぱり反省会なんて彼らにはないのだ(笑)
2013.07.02 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/1098-52cf8544