FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

SPRING BREAKERS10

退屈な日常にうんざりしている4人の女子大生は、春休みの旅行を計画する。
資金調達のためダイナーで強盗をすると、予想外に大成功。
降り注ぐ太陽と美しいビーチのフロリダへ出かけ、スプリング・ブレイクを楽しんでいたが、怪しげなドラッグ・ディーラーのエイリアン(ジェームズ・フランコ)と出会い、4人の運命が狂い始めていく…。


非日常の刺激を求める女子大生の春休みをセクシー&ポップに描く青春クライム・ムービー。

2013年 6/15公開 アメリカ映画
監督 ハーモニー・コリン
女子力{★★★3/5}

卒業入学シーズンである日本の春休みが、学生に取ってどんなポジションなのか知らないけれど、アメリカの学生たちは、学期中のお休み「スプリングブレイク」を待ちわびているのだそう。
一週間と期間は短くても、それが過ぎればまた勉強漬けの日々が戻って来るのだから、これを無駄にすることはできないらしい。
ボォ~としてるより、そりゃ、ハメを外して遊びたくなるわ(笑)

暑いフロリダで、連日バカ騒ぎするキャンディ (ヴァネッサ・ハジェンズ)、フェイス(セレーナ・ゴメス)、ブリット(アシュレイ・ベンソン)、コティ(レイチェル・コリン)。
乱痴気騒ぎする若者たちに嫌悪感を覚えながらも、無意味な事が心底楽しいと思える僅かな時期で、水着姿の賞味期限が短かかった事も思い出した(苦笑)
良いも悪いも、この年代の女子は怖いもの知らずなんだな…。
母親に「ゴメンね、安心して」と電話するのは、本心なのか世渡り上手なのか、こんなトコもどっちつかずで微妙な年頃なのよね。
SPRING BREAKERS11
さてお話は、これはもう春休みのお楽しみを越えてますね。
こんな感覚は日本人には共感しづらいでしょう。
低俗でアホかっ!としか思えないですモン。
しかも強盗や殺人の動機が短絡すぎます(怖)
救われたのは、4人全員がおバカさんでなく、脱落者(?)がいたこと。
ハメを外し無茶した分、我が身に返ってくる事の重大さに気づけば、越えてはいけない自分の領域というか、ラインみたいなものを認識できたはず。
本能だけの腐った生き方に進まないコがいて良かった。
SPRING BREAKERS12
あらすじには、「エイリアンとの出会いが4人の運命を狂わせる、、、」と書いてあるけど、これは逆ですね。
狂わされたのはエイリアンの方で、特に、キャンディとブリットは筋金入りのビッチでしたよ。
仲間のリタイアが出る度、歯止めが効かなくなっていくようで、どーしてこんな小娘に翻弄されちゃったのでしょう…。
「意気地なし」って言葉、男性心理を掴むのね(苦笑)
フランコ君の怪演があまり活きてなかったな。

お話としては惹かれるものはなく、むしろ理解不能な事ばかりですが、繰り返されるセリフやカメラカットでアートな感覚は楽しめました。
2013.06.30 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/1095-a0cec8cd