--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_06
21
(Fri)15:22

デスパレートな妻たち シーズン8

第11話 「罪深き助言」 Who Can Say What's True? (5/13放送)

ブリーは、自宅ポストに投函されていた手紙をリネットとガブリエルに見せるが、私達は受け取っていないからあなた個人の問題だと突き放されてしまう。
レネとバーに出かけたブリーは、ある男性と意気投合。

電気系統の不具合を修理できないリネットは、トムの変わりに何でも自分でしなければならないと意地になる。

カルロスの変わりに契約をまとめようとするガブリエルは、リネットから手ほどきを受けるが…。

怪しげな金融業者から借金しようとしているところをマイクに止められたベンは、レネが多額の慰謝料を手にしていると知る。

オクラホマに到着したスーザンは、売りに出されていたアレハンドロの家で、探していた品だと嘘をつきレゴ(?)を買う。
アレハンドロの妻の連れ子がガブリエルと同じように虐待を受けていたのではないかと感じ取ったスーザンは、15歳の少女に、「アレハンドロは二度と戻ってこない」と告げる。


スーザン…
また余計なことを

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。