心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOPデスパレートな妻たち ≫ デスパレートな妻たちシーズン8

デスパレートな妻たちシーズン8

第10話 「出来すぎた偶然」 What's to Discuss, Old Friend(6/6放送)
Desperate Housewives 7154002
安いモーテルでもエレガントな死を演出するブリー。
覚悟を決めたその瞬間、ベンと一緒にいると勘違いしたレネがドアを蹴り破って入ってきた。
銃と遺書を見つけたレネは、ブリーを抱き寄せる。
自殺しないとわかるまで監視すると、レネがブリーの家に荷物を持ち込み居候を始める。
心配無用と言うブリーに、レネはチャックが亡くなったことを告げ、更に監視が必要になったと話す。

事件に関わったことをトムに責められたリネット。
カルロスの行方を知るため、施設へ向かったガブリエル。
二人は、チャックがひき逃げで亡くなったことをニュースで知る。

一人でNYへ行こうと、タクシーに乗り込もうとしていたスーザンをマイクは止める。
リネットたちがやって来て、チャックが亡くなったことを知らされた。
ガブリエルは、これで万事解決だと喜ぶが、スーザンの気持ちは晴れず、ますますふさぎこむ。

ひき逃げ犯はカルロスかもしれないと疑うガブリエルは、自宅に戻って泥酔で爆睡していたカルロスに確認するが、記憶が定かではなく、車もガレージに無かった。

チャックの葬儀。
安心したリネットは、ついつい顔がニヤケてしまう。
レネの母親が自殺したと聞いたブリーは、命を救ってくれたあなたはベストフレンドだと言う。
参列者の刑事に声をかけられたカルロス。
誰かを殴ったことを告白したいと警察を訪ねたが、チャックのひき逃げの知らせで混乱した署内から姿を消したと告げられる。
泥酔状態で何も覚えていないと答えるカルロスに、夫婦喧嘩で私を殴っただけだと、ガブリエルは何事でもなかったように話す。
車は署内の駐車場に置かれたままだった。

チャックの伯母と他愛もない会話を交わしたスーザンは、アレハンドロの家族がいるオクラホマへ行く決心をし、タクシーに乗り込んだ。
久しぶりに家族で過ごしたスカボー家。
しかし、リネットはちょっとしたことでトムに突っかかる。
リネットは、ジェーンのところへ行った方が良いとトムに言う。
ブリーは、ポストから“You're welcome”と書かれた手紙を見つけた。

Comment

大寅 結人です。
編集
初めまして。大寅 結人です。
ブログ読ませて頂きましたのでコメントを残させていただきます。
2013年06月13日(Thu) 20:03












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL