2013_10
05
(Sat)00:32

WOWOWで

「青い塩」2012年
青い塩
レストランを開業するため料理教室に通い始めた元ヤクザの男。
そこで出会った少女と距離を縮めていくが、彼女は男を殺すよう命じられた暗殺者だった。

ソン・ガンホに期待したけど、ストーリーはありがちでアテが外れた。
飄々としていているガンホさんはイイ!
★2.7

「孤島の王」2012年
Kongen av Bastoy10
ノルウェーの孤島“バストイ”に実在した少年矯正施設を舞台にしたサスペンス・ドラマ。
1915年に実際に起こった少年たちの大規模な反乱事件を題材に、大人たちによる矯正という名の非人道的な虐待の実態と少年たちの心の葛藤や脱走計画の顛末を描く。
「ミレニアム ドラゴン・タトゥーの女」ステラン・スカルスガルド、クリストッフェル・ヨーネル。

大人がとらえる矯正の意味、どこの国も疑問ばかり。
★3

「キラーエリート」2012年
Killer Elite
かつての師匠が人質に取られ、極めて困難なミッションを引き継がねばならなくなった男の死闘を描くアクション・サスペンス。
ロバート・デ・ニーロ、ジェイソン・ステイサム、クライヴ・オーウェン。

デニーロの登場は少ないが、キャストが揃っているから普通に楽しめた。
★3

「キリング・ショット」2012年
CATCH .44
寂れたダイナーで起こった銃撃事件の顛末をミステリアスに描き出す。
ブルース・ウィリス、フォレスト・ウィッテカー、マリン・アッカーマン。

回想と会話劇で若干退屈だったけど普通。
ウィティカーさんはマンネリ…。
★2.5

「少年と自転車」2012年
少年と自転車
愛する父親に拒絶された現実を受け入れられず、心を閉ざした少年が、偶然出会った女性の献身的な愛により、壊れかけた心を回復させていく。
監督・脚本・制作は「息子のまなざし」「ある子供」の名匠ダルデンヌ兄弟。
「ヒアアフター」のセシル・ドゥ・フランス、ジェレミー・レニエ。

ダルデンヌ兄弟の作品はやっぱり苦手。
登場人物の心情は分かるけど、今作も12歳にしてはウブ過ぎる男子に美容師の母性など、感情がついていかず、腑に落ちないポイントが多かった。
ダルデンヌ兄弟は、ジェレミー・レニエに不甲斐無い男ばかり演じさせる?(苦笑)
★2.5 

「ブレイクアウト」2012年
ブレイクアウト
セキュリティー対策万全の自宅で起こる密室強盗劇。
ニコラス・ケイジ、ニコール・キッドマン。

怯えるニコールは綺麗。
★2

「ハングリー・ラビット」2012年
ブレイクアウト10
平凡な高校教師が思いもよらぬ窮地に陥るさまをスリリングに描く。
ニコラス・ケイジ、ガイ・ピアース。

ツルツル頭のガイ・ピアース。
★2

「ミッシング ID」2012年
ミッシング
幼いころ誘拐されたのではないかという疑いを抱いた高校生が、その真実を追い掛けるうちに国家規模の陰謀と対峙する姿を描くアクション・サスペンス。
「トワイライト」のテイラー・ロートナー、「白雪姫と鏡の女王」のリリー・コリンズ、アルフレッド・モリナ、マリア・ベロ、シガーニー・ウィーヴァー、ジェイソン・アイザックス。

青春の迷いとラブやアクション。
★3
WOWOWで   
«  HOME  »

C.O.M.M.E.N.T

結構見てた

オリーブリーさん☆
結構、見ているのありましたっ
「青い塩」はおじさん好みの映画で、都合よすぎてちょっと・・・だったなー
「孤島の王」は私的には大好きでした。
ノルウェーの過酷な気候を思い出して、よりいっそう震え上がっていました。
「自転車と少年」は当時見逃してしまって、ずっと気になっていたのですが、それほどでもなかったのですねぇ。
「ハングリー・ラビット」も未見ですが、一言感想笑える~
「ミッシングID」はヒロインの眉毛が濃すぎて、物語に集中できませんでした(爆)

2013/10/09 (Wed) 09:23 | ノルウェーまだ~む #gVQMq6Z2 | URL | 編集 | 返信

まだ~むさんへ

そうそう!
おじさんのご都合主義みたいだったね(笑)
北欧の映画は良作が多い!
「孤島の王」の閉塞感と極寒が物語に一層の深みを与えてました。
まだむさんは肌でも感じることができるんでしょうね!

ニコラスはねぇ~お金払って見るのが勿体ないな(^_^;)

2013/10/12 (Sat) 03:04 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック