--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_05
26
(Sun)19:05

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命

THE PLACE BEYOND THE PINES10

移動遊園地のバイク曲芸ライダー、ルーク(ライアン・ゴズリング)は、元恋人のロミーナ(エヴァ・メンデス)と再会する。
彼女がルークの子供を生んでいたと知り、その日暮らしの気ままな生活から抜け出すことにした。
思うように稼げないルークは、修理工のロビン(ベン・メンデルソーン)に誘われ、バイクテクニックを活かして銀行強盗で荒稼ぎをする。
ある日、新米警官のエイヴリー(ブラッドリー・クーパー)に追跡されたルークは、民家へ逃げ込むが…


犯罪に手を染めたバイクレーサーと彼を追い詰めた警官の因果が、15年後、彼らの息子たちへと引き継がれていくクライム・ドラマ。

2013年 5/25公開 アメリカ映画
監督 デレク・シアンフランス
父と息子の物語{★★★㊤3/5}

「ブルーバレンタイン」のデレク・シアンフランス監督と、ライアン・ゴズリングが再びタッグを組んだ人間ドラマ。
3つに分かれた群像劇は、ライアン・ゴズリング演じる曲芸バイク乗りが、銀行強盗へと走ってしまう過程、その事件と関わったブラッドリー・クーパー演じる正義感あふれる警察官の苦悩、15年後、同じ高校で出会った思春期特有の悩みを持つふたりの息子たちへと、バトンがリレーされていく。
THE PLACE BEYOND THE PINES12
群像劇だとは知りませんでした…。
ブラッドリーファンはイライラするんじゃない?ぐらい、ライアン出ずっぱりの1時間が納得。
「ドライヴ」と重なる役ですが、こちらは、我が子への思いと言うか、殆ど妄想みたいな見当違いの行動をしてしまう男です(苦笑)
でも、求めているものは分かるんですよね。
バイクテクニック以外、デキルようでデキナイ人でしたが、暴走する危うさや脆さをライアンは好演でした!
セリフが少なく、仕草や眼差しで内面を伝えるお芝居は彼の技なのでしょう!!
THE PLACE BEYOND THE PINES13
次のパートは、ライアンの事件を解決し、一躍ヒーローとなった新米警官ブラッドリーのお話。
正義感あるものの、野心もあり、当然、恐怖や保身もあるわけで、、、
複雑な内面をブラッドリーも好演でした。
レイ・リオッタが出て来るとキナ臭くてタダで済むわけがなく、林に導かれた時は、誰もが逃げ出してしまうでしょう(笑)
腐敗した警察や内部告発などスリリングな流れはあるけれど、ライアンがブラッドリーに執拗に追われるのかと勝手な予想をしていたので、少々トーンダウンしてしまった。
プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ宿命
15年後には、更なるトーンダウンを誘われてしまった(苦笑)
ジェイソン(デイン・デハーン)とAJ(エモリー・コーエン)の成長した急展開についていけなかった。
偶然出会うにしても、ご都合良過ぎだし、ブラッドリーの息子AJがオッサンみたいで可愛くない、、、(汗)
カットも荒くて、銃やバイクを買いに行ったところが、どこ?だった。
新米って設定だったブラッドリーは、妻(ローズ・バーン)と離婚し、生まれ変わったように若々しく自信に満ち溢れているのに、いくらなんでもエヴァは老け過ぎ。
THE PLACE BEYOND THE PINES11
オープニングからガッツリ掴まれたライアンの後姿やバイク走行を追い続けるカメラワーク、濃淡や陰陽ある映像など、センスの良さが感じられる。
全体的に雰囲気は好みだったし、ステキなライアンには満足だったけど、ちょっと長かったな。

ジェイソンにアイスを初体験させたルークは、今後それを見れば、初めて覚えさせたという記憶が自分に残ると話す。
ジェイソンがバイクで走行していくラストシーンは、その“初体験”の思いが通じるかのようでとても良かったわ!


*↑漫画かイタズラ書きのようなタトゥー(笑)
*ボロなTシャツも着こなすライアン♪(笑)
*チラシによれば、「立身出世に野心を燃やし、ルークを追い詰めるエイヴリー。いざ、二人が対峠したとき、エイヴリーは重大なミスを犯す」とあるけど、ちょっとニュアンスが違う。
*「妻子を養うため犯罪に手を染めるバイクレーサー」っていうのもちょっと違う(^_^;)大体、ロミーナは恋人(優しい黒人)と一緒に暮らしていて、別れるつもりもないのに、何をしたくて、ルークに会いに行ったのだろう。子守してくれる母親もいて、シングルマザーの大変さは感じられないし、ルークに災難をもたらしただけじゃない。(って、それを言っちゃ、話にならないか)
*初強盗後、抱いたワンコにダンスさせるシーンがカワイイ^^
*初アイスを口にした赤ん坊の反応が笑える
どこのコも同じなのね(笑)
*キーアイテムになる1枚の写真の撮影風景がほのぼのとして、何気ない小さい幸せが溢れていた。

C.O.M.M.E.N.T

今日は休み

主人公を背面から延々と撮る映像で印象に残っているのは
『ザ・バンク 堕ちた巨像』や『ドラゴン・タトゥーの女』でありましたが
あれって大人っぽい雰囲気で好きなんですよ(笑)
今回も冒頭のライアンくんや森のバイク走行シーン、強盗逃走シーン良かったです。
お気に入りのバイクを切断されちゃって、2台目のバイクがいとも簡単にパンクだなんて
あの状態で逃走する姿に胸が詰まりそうでした^^;

>*初アイスを口にした赤ん坊の反応が笑える

あそこがジョナ・ヒルでしたし、ついでに顔に息なんか吹きかけてたら虐待もんでしょうかね(爆)

2013/05/27 (Mon) 19:05 | ituka #r4tB/SwE | URL | 編集 | 返信

イケメンで演技派

ブルーバレンタインの監督なので、万人受けする娯楽作ではないだろうし、暗めの人間ドラマだろうと予想していました。
ライアンとブラッドリーの演技力が感じられたので満足。

2013/05/28 (Tue) 11:59 | 風子 #z8283xuI | URL | 編集 | 返信

こんにちは

ライアンくんよりブラッドリーをもっと見たかった(笑)

観てみれば内容の説明が難しいというのは分かるのだけど、映画サイトやチラシのあらすじとか解説とか、予告編も含めてちょっと違ってましたよね。
「え?死んじゃった?」な感じだったし(笑)

それにしても、3人の写真があそこまで重要アイテムになるとは。
「バイクを入れる」に拘ったところが効いてましたね。

アイスのお預けはホント可愛かった♪
マジ笑ってたし、アドリブなんじゃないかしら?

2013/05/28 (Tue) 19:16 | たいむ #qdEfw9RA | URL | 編集 | 返信

itukaさんへ

こんばんは。

週明けからバタバタと忙しかったです。
気がつけば、もう週末(汗)
本日は、久しぶりに名演でハシゴしてきました!

映像センスが良かったですよねぇ~♪
そうそう、コーガン(笑)は、これ以上強盗させないために解体したんだろうけど、とんだことになっちゃいましたよね。
銃を加えさせたとき、まさかの「ドライヴ」状態かとハラハラしました^^

>ついでに顔に息なんか吹きかけてたら

itukaさん、そんなことして楽しんでいたんですね(爆)
うちの旦那さん、わずかに生えてきた髪の毛によく息を吹きかけてました(笑)

2013/05/30 (Thu) 18:15 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

風子さんへ

こんばんは。

「ブルーバレンタイン」と同じく、刹那な色が濃い感じでしたが、2大イケ男だけで、女性客が入るでしょうね(笑)
外見だけでなく、実力あるブラッドリーとライアンのお芝居にワタシも満足でした。

2013/06/01 (Sat) 00:23 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

たいむさんへ

こんばんは。

赤ん坊相手で、アドリブたくさんあるんでしょうね~メイキングが観てみたいな♪

>「え?死んじゃった?」

だよね、だよね!!
いよいよこれからかっ!と思ったら、あれれれ~~~だったわん(爆)

このストーリーを文章にすると複雑になっちゃうのかもしれないけど、「群像劇」って前面に出すと、嫌煙されたりするのかな?
アクションサスペンスなノリな宣伝だったような気がする…(苦笑)

>ライアンくんよりブラッドリーをもっと見たかった(笑)

来月、ハングオーバーで満喫して^^

2013/06/01 (Sat) 00:32 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんばんわ

この監督の作品って毎回最後は切ない思いになるんですよね。
今回も最後にバイクで走り去っていくシーンも希望が見え隠れするのですが、同時に何とも言えない淋しさも心に残りましたよ。

2013/07/04 (Thu) 22:50 | にゃむばなな #- | URL | 編集 | 返信

にゃむばななさんへ

こんばんは。

こちらの監督さん、色彩感覚での感情表現が上手ですよね。青色って爽やかなイメージがあるけど、どこか切なさが残る色だし、またブルーバレンタインの時、二人のやり取りはアドリブが多かったそうですが、今回もそんな風に思える場面がありました。

2013/07/10 (Wed) 00:13 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

どんどんと

尻つぼみ作品でしたねえ。
ライアンが最後の方で締めてくれると、もうちょっと違うような。。。
惜しい!って感じでしたわ。

2013/08/20 (Tue) 21:17 | sakurai #8zie0QSw | URL | 編集 | 返信

sakuraiさんへ

こんばんは。

予告から、ガチンコな話だと思っていたから、オムニバス系だったので、ちょっとビックリしました(苦笑)
それぞれのファンが楽しむには良いのかもしれないけど、お話としたら、その子供の頃には、もう気分が半分以下に萎えちゃったわ(笑)
ラストシーンは良かったんだけど、そこへ行くまでが、ダラけたかな~と(^_^;)

2013/08/20 (Tue) 23:29 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 (試写会)

息子よ公式サイト http://finefilms.co.jp/pines5月25日公開上映時間141分監督: デレク・シアンフランス  「ブルーバレンタイン」移動遊園地で曲芸バイクショーをしながら各

2013.05.27 (Mon) 11:20 | 風に吹かれて

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命@ヒューマントラストシネマ有楽町

2013.05.27 (Mon) 12:09 | あーうぃ だにぇっと

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命

評価:★★★★【4点】(10) これって『ドライヴ』の続編じゃないよね^^;

2013.05.27 (Mon) 18:04 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜

映画:プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 The Place Beyond the Pines 不幸のループ増殖に戦慄。

チェーンスモーキングするかのように、主人公と思っていた人物がするっと入れ替わるという、斬新な構造。 下手打つと、とんでもなくバラバラな映画になってしまいそうだが、今作は

2013.05.27 (Mon) 19:46 | 日々 是 変化ナリ 〜 DAYS OF STRUGGLE 〜

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命

原題 THE PLACE BEYOND THE PINES 製作年度 2012年 上映時間 141分 監督 デレク・シアンフランス 出演 ライアン・ゴズリング/ブラッドリー・クーパー/エヴァ・メンデス/レイ・リオッタ/ベン・メン

2013.05.27 (Mon) 21:43 | to Heart

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命 /THE PLACE BEYOND THE PINES

ランキングクリックしてね ←please click トロント映画祭で上映されてから評価を受け、楽しみにしてました〜 ライアンとブラッドリーの初共演作。試写にて。 「ブルーバレン

2013.05.27 (Mon) 23:13 | 我想一個人映画美的女人blog

「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ 宿命」みた。

2時間越えの141分という長めの尺だと思ったら、3つの物語がリレー形式で描かれているものだった。それぞれ視点が違うのだけど、3つの物語は密接にリンクしていて、邦題ではわざわざ「...

2013.05.28 (Tue) 19:08 | たいむのひとりごと

それは因果、宿命として

27日のことですが、映画「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」を鑑賞しました。 元恋人が自分の子を産んでいるとわかり 2人を養うため銀座強盗に手を染めるライダー ルーク ある...

2013.05.31 (Fri) 21:31 | 笑う社会人の生活

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命・・・・・評価額1650円

稲妻の様に走り、雷鳴の様に死す。 「ブルーバレンタイン」のデレク・シアンフランス監督が、主演のライアン・ゴズリングと再びタッグを組んだ異色のクライム・ムービーだ。 ゴズ...

2013.05.31 (Fri) 21:51 | ノラネコの呑んで観るシネマ

父の背中を~『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』

 THE PLACE BEYOND THE PINES  天才的なバイクのドライビング・テクニックを持つルーク(ライアン・ゴズリング) は、サーカスの曲乗りで生計を立てる流れ者。ある日、かつての恋人ロミ

2013.07.02 (Tue) 21:31 | 真紅のthinkingdays

『プレイス・ビヨンド・ザ・パイン/宿命』

格差社会において、蛙の子は蛙にしかなれないのか。 モホーク語で「松林の向こう側」という意味を持つニューヨーク州スケネクタディで銀行強盗と新米警官として出会ってしまった ...

2013.07.04 (Thu) 22:50 | こねたみっくす

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命★★★★

数々の映画祭で高い評価を得た『ブルーバレンタイン』のデレク・シアンフランス監督とライアン・ゴズリングが再タッグを果たした人間ドラマ。妻子を養うため犯罪に手を染めるバイク...

2013.07.30 (Tue) 13:33 | パピとママ映画のblog

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命

輪廻転生?因果応報???

2013.08.20 (Tue) 21:17 | 迷宮映画館

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命

『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』---THE PLACE BEYOND THE PINES---2012年(アメリカ)監督:デレク・シアンフランス出演:ライアン・ゴズリング 、ブラッドリー・クーパー、エヴァ

2013.09.05 (Thu) 22:50 | こんな映画見ました〜

「プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命」

ライアン・コズリングを観たくて鑑賞。私の中でライアン・コズリングは「君に読む物語」の人ではなくて、「ドライヴ」で強烈な犯罪者役者としてのデビューを飾り、「L.A.ギャングストーリー」でそのポジションを不動のものとした、とにかくイケてる犯罪者。そして女を守る男。色んな意味で女好き。車やバイクを手足のように操り乗り回し、華麗なガン捌き。とまあ、色んなものが混じってる訳ですが。 でも今回のラ...

2013.10.04 (Fri) 11:20 | ここなつ映画レビュー

『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』 これはパスティーシュ?

 【ネタバレ注意】  公開前に何度も予告編を観ていたけれど、予告編はわざと劇中の時系列をぼかしていたので、てっきり銀行強盗と警察官が対決する話だと思ってしまった。まずは物語の構造が判らないように予告編を編集してくれたことに感謝したい。『プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命』は構造こそが一番面白いところだから。  ここではアッサリ書いてしまうが、本作は親子二世代の歴史を描いた年代...

2014.01.05 (Sun) 11:52 | 映画のブログ

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命

ライアン・ゴズリング、ブラッドリー・クーパー、エヴァ・メンデス、デイン・デハーン共演。「ブルーバレンタイン」の監督さん。 逃れられない「宿命」に取り込まれていくような、親の罪が子の世代にまで引き継がれるという血の因果を巡る運命の物語。 バイクスタントの男と一人の警官、そして彼らの息子たち。父親たちのドラマのほうが濃密だからこそ、歳月を経た息子たちの運命がまた活きてくるんですね。 ルーク...

2014.01.13 (Mon) 09:24 | いやいやえん

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命

【THE PLACE BEYOND THE PINES】 2013/05/25公開 アメリカ PG12 141分監督:デレク・シアンフランス出演:ライアン・ゴズリング、ブラッドリー・クーパー、エヴァ・メンデス、レイ・リオッタ、ベン・メンデルソーン、マハーシャラ・アリ、デイン・デハーン、エモリー・コ...

2014.05.28 (Wed) 11:34 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

プレイス・ビヨンド・ザ・パインズ/宿命 (The Place Beyond the Pines)

監督 デレク・シアンフランス 主演 ライアン・ゴズリング 2012年 アメリカ映画 140分 ドラマ 採点★★★ そんな所が特に目に付いてしまうだけなんでしょうけど、子供ってのはホント似て欲しくない所ばかり似てきますよねぇ。似て欲しい所はさっぱり似ない。自分を…

2016.04.22 (Fri) 15:09 | Subterranean サブタレイニアン
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。