2013_05
24
(Fri)19:52

デスパレートな妻たち シーズン8

第7話 「高い代償」 Always in Control (5/16放送)
Always in Control11
アレハンドロの遺体は、掘り起こされ消えていた。
スーザンの仕業ではないかとブリーが探りにいくと、ベンのプロジェクトに予定外の出来事が起こり、建設が中止になるかもしれないとマイクから聞かされた。
ブリーはランチ持参でベンを訪ねる。
地質調査の作業員が死体を発見し、別の場所に移動させたが、警察に届けるとプロジェクト中止で多大な損害が出てしまうと困り果てていた。
ブリーは、自分が遺体を埋めたことをベンに告白するが、警察に届けない訳には行かないだろうとベンは言う。

ペニーがトムの恋人ジェーンと仲良くなっているのに危機を感じたリネットは、「ジェーンは良い人だけれど、ママとペニーを引き離そうとしている」とペニーに不安を抱かせ、味方につける。
トムは、自分を避け始めたペニーをキャッチボールに誘う。

夫婦揃って逮捕される可能性が強くなったと感じたガブリエルは、ホワニータとセリアの後見人をボブとリーに頼む。
躾ができていない娘たちに難色を示すボブとリーは、夕食会で彼女たちの様子を見てみたいと提案する。
Always in Control10
行方不明者(アレハンドロ)の写真を持って、チャックがブリーを訪ねてきた。
パーティの夜、この男とここですれ違った、何か隠しているだろうと、ブリーはチャックに執拗に迫られるが、ベンが現れてチャックを追い返してくれた。
怯えるブリーに、死体は始末したからもう大丈夫だとベンは告げる。

これで心配することはないとブリー、ガブリエル、リネットはキッチンで乾杯しようとしていた。
ベンがマイクに死体の始末を依頼し、事の経緯を知ったスーザンが皆に報告に現れるが、自分だけが何も知らなかったと知り、怒り出す。
そんな不安定な状態の人間に話せるわけがないだろうとガブリエルは言い、うっかり脅迫状の事を口にすると、それを知らされていなかったリネットも腹を立てて出て行ってしまう。

アンドレにコケにされ、キャンバスを前に何日も描くことができなかったスーザンは、怒りをぶつけるようにキャンパスに絵の具を塗り始めた。
そこに描かれていたものは――
マイクが埋めた死体の上には、コンクリートが流し込まれ、ベンのプロジェクトが予定通りに開始された。


スーザン、、、余計なことを……

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック