FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

Hitchcock12.jpg

1959年。
新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作の企画探しを開始したヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説『サイコ』に心奪われ、映画化を決意する。
しかし、その陰惨な内容に映画会社は二の足を踏み、出資を拒否。
それでも諦めないヒッチコックは、ついに自宅を担保に自己資金での製作に乗り出す。
夫の熱意の前に、妻のアルマ(ヘレン・ミレン)はこれまで同様のサポートをしていくが…。


数々の傑作を世に送り出したアルフレッド・ヒッチコックの知られざる素顔に迫る伝記ドラマ。
仕事のパートナーでもあった妻アルマ・レヴィルとの愛を交え、名作『サイコ』製作の舞台裏を描く。

2013年 4/5公開 アメリカ映画
監督 サーシャ・ガヴァシ
編集ありき(★★★㊤3/5}

“サスペンスの神”アルフレッド・ヒッチコックの代表作「サイコ」の裏側を描いた作品。
記憶の中では、まだ小学生の頃だった…。
母と一緒にテレビで観た「鳥」。
ちょうど、誕生日に手のり文鳥を買ってもらったばかりで、今考えると、どんだけトラウマになりそうな映画を観せたんだよと思ってしまうが、さすがに「サイコ」を観せなかった親は、良識があったのかも(笑)
ヒッチコック
殺人鬼エド・ゲインの幻影をヒッチコックが体感するように、「サイコ」制作意欲を燃やす監督の苦悩が描かれていく作品。
どちらかと言うと撮影秘話より、ヒッチコックとその妻アルマに焦点が当たる夫婦物語。
ヒッチコックに限らず、今も昔も名作を生む監督は、所謂、凡人には到底分からないような感性や素質に恵まれたある種の変人で、理解の範疇を超える部分があるのだろうが、巨匠と言えども、普通に嫉妬するわ、酒や食に走るわ、女優との関係に悲喜するわと、人間的な部分が分かりやすくて面白い。
そんな自分をしっかりと支えてくれている妻の存在、妻もまた夫は支えるに値する人であると言う認識が、「サイコ」の成功になったのだろうと思う。
ヒッチコック13
アンソニー・ホプキンスの成りきりぶりと、ヘレン・ミレンの、こうも強くこうも女性らしい一面を覗かせる芝居が絶妙。
「パーフェクトサポート!!」の反論には、どれだけ妻が正論であるか、巨匠と同じく誰もぐうの音は出ないでしょう(笑)
ヒッチコックの人物像を知るにはあまり深みは感じないが、監督のブロンド好きや覗き癖(?)美食家(?)などが何となく微笑ましく描かれ笑いを誘う。
次回作の意欲はあると、カラスが肩に止まったのには思わず声が出てしまった(汗)
ヒッチコック11
監督アシスタントのペギー・ロバートソンにトニ・コレット、スカーレット・ヨハンソンがあのシャワーシーンで有名なジャネット・リーを演じ、ジェシカ・ビールがヴェラ・マイルズと、60年代の雰囲気がとても良かったし、フィルムが途中で焼けるだのなんだのな当時の撮影現場、配給サイドや映倫との意見の相違、シャワーシーンに挟まれる音楽の効果や宣伝など、映画製作の裏話はそれなりに興味深い。
二人の女優さん、自分のキャリアより家庭や子育て重視っていうのも驚きで、どこまで本当なのかは分からないけれど、「サイコ」始め、ヒッチコック作品を今すぐにでも観たくなる余韻を残す作品でした。
Hitchcock11.jpg
*ヒッチコックはあらゆる場面で黒スーツに黒ネクタイだったのだろうか?ラフなスタイルはパジャマだけ?(笑)
*あの影絵はやっぱりいいね♪^^

2013.04.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/1055-e4a8f2f4