スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒッチコック 

2013, 04. 10 (Wed) 00:20

Hitchcock12.jpg

1959年。
新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作の企画探しを開始したヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、実在の殺人鬼エド・ゲインをモデルにした小説『サイコ』に心奪われ、映画化を決意する。
しかし、その陰惨な内容に映画会社は二の足を踏み、出資を拒否。
それでも諦めないヒッチコックは、ついに自宅を担保に自己資金での製作に乗り出す。
夫の熱意の前に、妻のアルマ(ヘレン・ミレン)はこれまで同様のサポートをしていくが…。


数々の傑作を世に送り出したアルフレッド・ヒッチコックの知られざる素顔に迫る伝記ドラマ。
仕事のパートナーでもあった妻アルマ・レヴィルとの愛を交え、名作『サイコ』製作の舞台裏を描く。

2013年 4/5公開 アメリカ映画
監督 サーシャ・ガヴァシ
編集ありき(★★★㊤3/5}

“サスペンスの神”アルフレッド・ヒッチコックの代表作「サイコ」の裏側を描いた作品。
記憶の中では、まだ小学生の頃だった…。
母と一緒にテレビで観た「鳥」。
ちょうど、誕生日に手のり文鳥を買ってもらったばかりで、今考えると、どんだけトラウマになりそうな映画を観せたんだよと思ってしまうが、さすがに「サイコ」を観せなかった親は、良識があったのかも(笑)
ヒッチコック
殺人鬼エド・ゲインの幻影をヒッチコックが体感するように、「サイコ」制作意欲を燃やす監督の苦悩が描かれていく作品。
どちらかと言うと撮影秘話より、ヒッチコックとその妻アルマに焦点が当たる夫婦物語。
ヒッチコックに限らず、今も昔も名作を生む監督は、所謂、凡人には到底分からないような感性や素質に恵まれたある種の変人で、理解の範疇を超える部分があるのだろうが、巨匠と言えども、普通に嫉妬するわ、酒や食に走るわ、女優との関係に悲喜するわと、人間的な部分が分かりやすくて面白い。
そんな自分をしっかりと支えてくれている妻の存在、妻もまた夫は支えるに値する人であると言う認識が、「サイコ」の成功になったのだろうと思う。
ヒッチコック13
アンソニー・ホプキンスの成りきりぶりと、ヘレン・ミレンの、こうも強くこうも女性らしい一面を覗かせる芝居が絶妙。
「パーフェクトサポート!!」の反論には、どれだけ妻が正論であるか、巨匠と同じく誰もぐうの音は出ないでしょう(笑)
ヒッチコックの人物像を知るにはあまり深みは感じないが、監督のブロンド好きや覗き癖(?)美食家(?)などが何となく微笑ましく描かれ笑いを誘う。
次回作の意欲はあると、カラスが肩に止まったのには思わず声が出てしまった(汗)
ヒッチコック11
監督アシスタントのペギー・ロバートソンにトニ・コレット、スカーレット・ヨハンソンがあのシャワーシーンで有名なジャネット・リーを演じ、ジェシカ・ビールがヴェラ・マイルズと、60年代の雰囲気がとても良かったし、フィルムが途中で焼けるだのなんだのな当時の撮影現場、配給サイドや映倫との意見の相違、シャワーシーンに挟まれる音楽の効果や宣伝など、映画製作の裏話はそれなりに興味深い。
二人の女優さん、自分のキャリアより家庭や子育て重視っていうのも驚きで、どこまで本当なのかは分からないけれど、「サイコ」始め、ヒッチコック作品を今すぐにでも観たくなる余韻を残す作品でした。
Hitchcock11.jpg
*ヒッチコックはあらゆる場面で黒スーツに黒ネクタイだったのだろうか?ラフなスタイルはパジャマだけ?(笑)
*あの影絵はやっぱりいいね♪^^

コメント

ボー

編集の妙

編集しなおして、印象がそんなに変わるものなんですね~。
「サイコ」裏話と夫婦関係、けっこう楽しませてもらいました。
この監督、誰だよ?と思っていましたが、あの、あれ(私は見てない)を監督した人でしたか。

スカヨハが出ていたとは知らず、目の保養!

2013/04/11 (Thu) 09:29 | ボー | 編集 | 返信

たいむ

久々にTBがとんでる~

基本的に、監督自身と作品とを結び付けて映画は見ないのだけど、裏話的なものはやっぱり興味がわきます。
ましてやヒッチコック作品好きだったし。

で、やっぱりかじ取りのうまい奥さんがいると、天才の才能もいかんなく発揮されることが多い気がしました。
それにしても、ヒッチがぐぅの根も出ない、夫婦喧嘩は最高でした(笑)

>あの影絵はやっぱりいいね♪^^
そしてBGMにあの音楽♪

2013/04/11 (Thu) 19:25 | たいむ | 編集 | 返信

ituka

1ヶ月ぶりです

こんなにも作品が被らなかったの過去になかったですよね!(笑)
そもそも、先月17日にミリオン行くの忘れてたのが痛かったわ~(爆)

ヒッチコックの変人ぶりは、まんま『サイコ』のノーマンと同じでしたね。
しかも、それを演じるアンソニー・パーキンスもノーマンと似たような生い立ちだったとは^^;

映倫検閲官との駆け引き、映画宣伝方法などみると、やっぱり相当な切れ者だったんでしょうね。
ワタシは『サイコ』よりも『鳥』派かな~(笑)

2013/04/11 (Thu) 21:53 | ituka | 編集 | 返信

ノルウェーまだ~む

夫婦愛

オリーブリーさん☆
私も思いました!
ヒッチコックはパジャマと裸以外は黒スーツなの??って。
確かに昔のお父さんは、日曜日でもスラックス履いて居る人多かったけど・・・(笑)

妻に「妻として、母として、同士として」依存していた様子がよく判りましたね。
案外、「サイコ」や「鳥」にも出てくる『強くて支配する母』のイメージは、ヒッチコック自身が感じているマザコンの部分なのかな。

2013/04/12 (Fri) 10:05 | ノルウェーまだ~む | 編集 | 返信

オリーブリー

ボーさんへ

こんにちは。

スカちゃん、ボンキュボンな肉体美(笑)
お尻のアップとか、おお~~でしょ?^^

脚本家さん出身なんでしょうか?
「ターミナル」は面白かったな~「フェイク・クライム」は微妙でしたが。
編集賞獲れば大体が作品賞獲ると言われているから、編集や脚色は重要なんでしょうね。
どんなに興味深いお話でも、観客の心を捕らえるような見せ方やセンスが、映画を面白くする重要ポイントだと改めて思いましたよ。

2013/04/12 (Fri) 16:06 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

たいむさんへ

TB、記事によってなのかな~?!
久々にとぶと何か嬉しい^^

そうそう、「ヒッチコック劇場」のテーマ曲。
わたし、ずっとオリジナルだと思ってた~クラッシック音楽だったのね…(汗)

どうせやるならあーいう喧嘩がいいね(笑)
やっぱり女の方が普段から冷静に物事を見ているのかな。
舵取りの良さで女房家業に差が出るのかも(反省~笑)
あのヘレン・ミレンには、私も胸がズキっとさせられたわ~。

2013/04/12 (Fri) 22:45 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

itukaさんへ

そうですよ、何してたんですかァ~?
アニメやホラーって、あまり観ないジャンルですもん、残念ながらかぶりませんでしたわ(笑)
日曜のミリオンデーなんて避けたいけど、せっかくだからハシゴしましたよ~てっきり表のベンチでタバコふかしてるのかと思ってたのに(笑)
どちらも凄く良かったので大満足でしたが、めちゃ、混んでました。
うーん、是非、マッツさんだけは観て頂きたいな…。

>『サイコ』のノーマンと同じでしたね。

監督って、作品中で代弁者のように、自分の投影をおきたいもんなんですかね。
物造りに携わる人は、感性豊かなんだろうし、そんなものなのかもしれませんね。

そうそう、映倫ってやっぱ頭が固いのね(苦笑)
ぼかしの定義(?)なんかもそんなもんか~と思うけど^^

「鳥」の衝撃度は強かったです。
物語は「裏窓」「めまい」が好き。

2013/04/12 (Fri) 23:22 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

まだ~むさんへ

こんばんは。

いわゆる、普段着ってないのよね(笑)
あの体型だと、楽なスタイルするとトコトンまでいっちゃうのかしら^^

世の旦那さんって、あからさまではなくても妻依存が多いのでしょうね。
何かあると、「お前がやると思ってたから」とか言いませんか?(苦笑)
天才の影に、賢い女性がいるからこそ成立するのでしょうね。

2013/04/13 (Sat) 00:17 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック/Hitchcock
  • ランキングクリックしてね ←please click サスペンスの帝王アルフレッド・ヒッチコックと、 その妻で裏で支えた編集者・脚本家のアルマ・レビル。 神と、その神を創った妻によ...
  • 2013.04.11 (Thu) 02:21 | 我想一個人映画美的女人blog
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック/HITCHCOCK
  • 作品は、あまりじっくりとは観たことはないような気もするけど・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 『北北西に進路を取れ』が大反響を呼んだあと、アルフレッド・ヒッチ
  • 2013.04.11 (Thu) 05:34 | いい加減社長の映画日記
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック
  • ヒッチコック@有楽町朝日ホール。
  • 2013.04.11 (Thu) 05:49 | あーうぃ だにぇっと
この記事へのトラックバック
  •  劇場鑑賞「ヒッチコック」
  • 「ヒッチコック」を鑑賞してきました巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督によるスリラー映画の金字塔「サイコ」の波乱に富んだ誕生秘話を名優アンソニー・ホプキンスとヘレン・ミレ...
  • 2013.04.11 (Thu) 06:55 | 日々“是”精進!
この記事へのトラックバック
  •  『ヒッチコック』
  • □作品オフィシャルサイト 「ヒッチコック」□監督 サーシャ・ガバシ□脚本 ジョン・J・マクローリン□キャスト アンソニー・ホプキンス、ヘレン・ミレン、スカーレット・ヨハ...
  • 2013.04.11 (Thu) 08:37 | 京の昼寝〜♪
この記事へのトラックバック
  •  「ヒッチコック」
  • この映画を見ると、「サイコ」の驚くべき大きな、大事なネタが、ひとつ分かってしまう。 だから「サイコ」を未見の方は、「サイコ」を見てから「ヒッチコック」を見る、という順番
  • 2013.04.11 (Thu) 09:22 | 或る日の出来事
この記事へのトラックバック
  •  映画「ヒッチコック」 感想と採点
  • 映画『ヒッチコック』(公式)を昨日、劇場鑑賞。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら70点にします。 ざっくりストーリー 1959年、映画『北北西に進路を取れ
  • 2013.04.11 (Thu) 09:58 | ディレクターの目線blog@FC2
この記事へのトラックバック
  •  『ヒッチコック』
  • サスペンスの巨匠アルフレッド・ヒッチコック改めアルマ・ヒッチコック。 アルフレッド・ヒッチコック監督の代表作『サイコ』の製作裏話というよりは、製作過程での亀裂が入りつ ...
  • 2013.04.11 (Thu) 10:55 | こねたみっくす
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック/アンソニー・ホプキンス
  • サスペンスの帝王と呼ばれた巨匠アルフレッド・ヒッチコックとヒッチコックを支え続けた妻で優れた映画編集者・脚本家でもあったアルマ・レヴィルの姿を描くヒューマン・ドラマで ...
  • 2013.04.11 (Thu) 10:58 | カノンな日々
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック〜本人がサイコぽい
  • ピーピング・トムの神様 公式サイト。原題:Hitchcock。スティーヴン・レベロ「ヒッチコック&メイキング・オブ・サイコ 」が原作。サーシャ・ガヴァシ監督、アンソニー・ホプキンス(ア ...
  • 2013.04.11 (Thu) 11:02 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  •  映画レビュー「ヒッチコック」
  • Hitchcock [CD]◆プチレビュー◆サスペンスの神様の知られざる素顔を描く「ヒッチコック」。名匠のコンプレックスと映画の裏話に興味津々。 【65点】 映画監督として大成功を収めた ...
  • 2013.04.11 (Thu) 11:51 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック
  • 夫の才能を信じて支え続けた賢妻に感謝を [E:wine]公式サイト http://www.foxmovies.jp/hitchcock1959年、新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回
  • 2013.04.11 (Thu) 13:05 | 風に吹かれて
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック
  • ※「新・映画鑑賞★日記・・・」からタイトル変更しました※1959年。新作「北北西に進路を取れ」が評判となる中、さっそく次回作へ向け誰もが驚く映画の企画探しを開始したヒッチコ
  • 2013.04.11 (Thu) 13:36 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック
  •  アメリカ  ドラマ&伝記  監督:サーシャ・ガヴァシ  出演:アンソニー・ホプキンス      ヘレン・ミレン      スカーレット・ヨハンソン      トニ・コレ ...
  • 2013.04.11 (Thu) 15:03 | 風情♪の不安多事な冒険 Part.5
この記事へのトラックバック
  •  「ヒッチコック」みた。
  • 今から25年くらい前だろうか、地元にもレンタルビデオショップというもの登場して、初めて借りたビデオが『鳥』だった。また『サイコ』はもちろんだが有名なヒッチコック作品はテレ
  • 2013.04.11 (Thu) 19:15 | たいむのひとりごと
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック
  • 評価:★★★★☆【4,5点】(P) ヒッチコック映画の金字塔『サイコ』の舞台裏は必見
  • 2013.04.11 (Thu) 21:29 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック ★★★
  • 「レベッカ」「白い恐怖」などサスペンス映画の神と言われる監督アルフレッド・ヒッチコック。 代表作のひとつ「サイコ」製作に挑むヒッチコックと、彼を支えた妻のアルマ・レヴィ
  • 2013.04.11 (Thu) 22:27 | パピとママ映画のblog
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック / Hitchcock
  • サスペンスの神様アルフレッド・ヒッチコック。そのヒッチコック最高の傑作『サイコ』の制作の舞台裏を描いた作品。 ヒッチコックを描いた映画ということで、ヒッチコックの作品を
  • 2013.04.11 (Thu) 22:33 | 勝手に映画評
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック
  • ヒッチコックとブロンド 【Story】 1959年、作品の高評価とは裏腹に監督としてはアカデミー賞に縁遠かったアルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、後にサスペン...
  • 2013.04.12 (Fri) 07:14 | Memoirs_of_dai
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック
  • ヒッチコックとブロンド 【Story】 1959年、作品の高評価とは裏腹に監督としてはアカデミー賞に縁遠かったアルフレッド・ヒッチコック(アンソニー・ホプキンス)は、後にサスペン...
  • 2013.04.12 (Fri) 07:14 | Memoirs_of_dai
この記事へのトラックバック
  •  「ヒッチコック」☆愛あればこそ
  • サスペンス映画の巨匠アルフレッド・ヒッチコックの、あまりにも有名な最大のヒット作「サイコ」ができるまでを追った物語。 「サイコ」の血なまぐさい事件と、一度見たら忘れられ
  • 2013.04.12 (Fri) 09:56 | ノルウェー暮らし・イン・原宿
この記事へのトラックバック
  •  [映画『ヒッチコック』を観た]
  • ☆いまいち、その製作意図が不明瞭なのだが、ヒッチコック作品は大好きなので、そのバックボーンを知りたい気持ちもあり、観に行った(なんか、クリスティの「アガサ 愛の失踪」を
  • 2013.04.12 (Fri) 10:08 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック ★★★★☆
  • アンソニー・ホプキンスのヒッチコックは特殊メイクというよりもほとんどカブリ物だけど、本人に全然似てないよね。 ここまでの分厚いメイクだと微妙な表情はわかりづらいし、ア
  • 2013.04.13 (Sat) 08:27 | センタのダイアリー
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック・・・・・評価額1600円
  • メイキング・オブ・ヒッチコック。 サスペンス映画の神と呼ばれ、映画史に燦然と輝く数多くの傑作を残しながら、華やかな映画賞とは無縁だった無冠の天才、アルフレッド・ヒッチ
  • 2013.04.15 (Mon) 22:36 | ノラネコの呑んで観るシネマ
この記事へのトラックバック
  •  「ヒッチコック(HITCHCOCK)」 と 「The Girl」
  • 帰りの飛行機の中で鑑賞した2作品です。 共に「サスペンス映画の神様」アルフレッド・ヒッチコックの知られざる一面を描いています。 「サスペンス映画の神様」「サスペンスの巨匠
  • 2013.04.17 (Wed) 01:22 | 映画の話でコーヒーブレイク
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック
  •  『ヒッチコック』をTOHOシネマズ六本木ヒルズで見ました。 (1)本作は、60歳のヒッチコック監督が『サイコ』を制作した際の経緯を描き出しています。  映画では、まず、映画『サイ
  • 2013.04.18 (Thu) 06:06 | 映画的・絵画的・音楽的
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  あらためて ヒッチコックを! 
  • 8日のことですが、映画「ヒッチコック」を鑑賞しました。 1959年、アルフレッド・ヒッチコックは「サイコ」の製作に着手したが資金繰りは難航し数々の困難に見舞われ さらに最大の
  • 2013.04.24 (Wed) 18:27 | 笑う社会人の生活
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック
  • 彼の人となりが分かって結構面白かった。
  • 2013.04.28 (Sun) 01:09 | だらだら無気力ブログ!
この記事へのトラックバック
  •  ヒッチコック
  • 『ヒッチコック』---HITCHCOCK---2012年(アメリカ )監督:サーシャ・ガヴァシ出演:アンソニー・ホプキンス 、ヘレン・ミレン 、スカーレット・ヨハンソン 、トニ・コレット 、ジェシカ・ビール 、ジェームズ・ダーシー 巨匠アルフレッド・ヒッチコック監督...
  • 2013.10.24 (Thu) 17:54 | こんな映画見ました〜
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。