--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_03
30
(Sat)19:06

アンナ・カレーニナ

..Anna Karenina30

19世紀末のロシア。
政府高官カレーニン(ジュード・ロウ)の妻にして、社交界の華と注目されるアンナ・カレーニナ(キーラ・ナイトレイ)は、華やかな生活の裏で夫との愛なき結婚に空虚なものを抱いていた。
ある日、離婚の危機に陥った兄夫婦オブロンスキー(マシュー・マクファディン)とドリー(ケリー・マクドナルド)の関係を修復させようと、モスクワに降り立ったアンナは、青年将校ヴロンスキー(アーロン・テイラー=ジョンソン)と出会う。
ヴロンスキーに想いを寄せるドリーの妹キティ(アリシア・ヴィキャンデル)は、田舎の地主で純朴な青年リョーヴィン(ドーナル・グリーソン)の求婚を断り、ヴロンスキーとの結婚を待ち続けていたのだが、強く惹かれ合ったヴロンスキーとアンナに、燃え上がる情熱を抑える術はなかった。


ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作を実写化したドラマ。
全てを捨て、真実の愛に生きる道を選んだ政府高官の妻が辿る悲痛な運命を、舞台劇を取り込んだ演出を織り交ぜ、絢爛豪華に描き出す。
第85回アカデミー賞衣装デザイン賞を受賞。

2013年 3/29公開 イギリス映画
監督 ジョー・ライト
ジョー・ライトの味付けを楽しむ{★★★★4/5}

コスプレ女王(?)キーラ・ナイトレイが、「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督と3度目のタッグとなる新作。
同2作品で、アカデミー賞衣装デザイン賞にノミネートされ、今回3度目で初受賞となったジャクリーン・デュランの豪華絢爛な衣装の数々、総額2億円近いCHANELのジュエリーたちが目を楽しませてくれる♪
豪華なドレスやアクセサリーを身にまとうに相応しい、キーラの上級な美しさが際立っていた。

許されぬ恋のお相手になるのは、「ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ」「キック・アス」のアーロン・ジョンソン。
金髪姿はおそらく初見だったけど、「アルバート氏の人生」で、モテ系ダメ男も上手かったし、作品を見るごとに実力つけてる気がする。
今作から、歳の差婚妻の旧姓を加え、“アーロン・テイラー=ジョンソン”とクレジット(飼いならされてく気がする…汗)
アンナとヴロンスキーのような禁断の恋は、ふたりの役者のビジュアルで、これは仕方がないと思わされる力があった(笑)
舞台劇を併用するような美術セットや舞台裏の活用も見所で、音楽もいい!!
こちらもジョー・ライト監督と3度目のタッグとなるダリオ・マリアネッリです♪
アンナ・カレーニナ11
名作文芸の映画化というと、手法によって好みが分かれそうですが、読むにも相当な時間を要した長編の主なところを思い出しながら、目の保養にもなる映画でした。
言葉での説明は難しいのですが、客席、舞台、セットや配置、舞台裏と、劇場スペースを存分に活用しながら、スクリーンで演じている俳優たちが、これまたその中で舞台劇を演じているかのように、特殊な演出で構成されています。
カメラワークや俳優たちのひとつひとつの動きがとても美しい。
アンナ・カレーニナ 10
↑冒頭のこのシーンは、スルスルと流れるような華麗さで、ミュージカルダンスみたい。
屋外シーンもあるけれど、競馬なんて、まさかここで?!の展開で驚きました。
当時のロシア貴族界の閉塞感を舞台劇仕立てで演出し、その分、農園や別荘地の屋外シーンには、より一層の開放感に包まれる。
中だるみは多少あったけれど、こういった演出は、例えば、ローレンス・オリビエのシークスピア劇のような重苦しい重厚さがないので、構える必要がなく入りやすいと思います。
アンナ・カレーニナ15
不倫に走るアンナ。
自己主張が強く、愛を求める女性。
「愛しているのなら、赦すことが出来るはず」と兄嫁に忠告するけれど、赦すことより赦されることを望み、人妻の身でありながら、随分と身勝手なもんだわと思うけど、上品で聡明、女性として魅力的であるのは間違いなし。
罪悪感に苛まれながらも、アンナのイライラや嫉妬、哀しみや不安というものは、辛辣な社会や人間関係の中で解消されず、彼女の転落と解放には、自己中心ながらの愛の深みを感じる。
“愛されている実感”を求める気持ちは、同じ女性として分かる部分は多いが共感はできない。

キーラは力強さと危なさの微妙なラインを上手く演じていたと思う。
アンナ・カレーニナを演じるのは、女優冥利に尽きるのだとか。
..Anna Karenina13
若くして歳の離れたカレーニンに嫁いだアンナは、人としても女性としても未熟であったため、後々、本当に愛する人と巡りあっただけなのかもしれないけど、「どうして僕がこんな目に…」とつぶやくカレーニンが、ホント、気の毒。
夫の役割を果たし、暴君ってわけでもないのに、不貞な妻に災難を浴びせられたようなものだわ。
社会的な立場で評価され、道徳心が強くまじめな男だからこその許しと憎しみ。
面子を重んじ、失ったものがあれば、精神的に得たものもある大人の渋さがあるようでした。

カレーニンの役作りのため、ただでさえ薄くなってる髪を更にそったというジュード…。
厳格で体裁を重んじても、アンナへの愛情はあると感じたので、私なら、子供のためにもあなたの元へ戻ります(だって、ジュードだもん~笑)
..Anna Karenina14
この眼!!
はい。イチコロですね(^_^;)
髭は、チョットね、、、(苦笑)
威厳のある静かなカレーニンに対し、社交的で話題が豊富、笑顔を絶やさない明るい性格のヴロンスキーに惹かれるのはよく分かる。
..Anna Karenina24
↑ダンスシーンが幻想的で素敵だった!
華麗な衣装と音楽の中、二人の高揚感とキティの失望が伝わってくる。
ヴロンスキーへの愛だけに生きるアンナは、屈辱や嫉妬、罪悪感から精神状態を崩していく。
次第にアンナを理解出来なくなったヴロンスキーは、「君が穏やかになるにはどうしたらいい。何だってする」という。
アンナが求めてるのはそんなことではないのだ(苦笑)
男女の愛の違いは厄介…。
面倒くさいね(苦笑)
..Anna Karenina16
アンナの三角関係と対照的に描かれるキティとリョーヴィン。
↑このプロポーズシーンは、ロマンティクながらもお互いの誠実さを感じる素敵な場面でした。
トルストイが言いたいことは、実はここではないのかと思うリョーヴィンのパートは、今作でも明暗を分けるように重要。
華やかなキティのままで結婚生活が始まると思っていたリョーヴィンは、当たり前の事とエプロン姿で義理兄の世話をする姿を見て驚く。
ヴロンスキーへの失恋も含め、人間的に成長し、女性として妻として覚悟の出来たキティに、リョーヴィンに限らず、多くの女性は頭が下がるのではないだろうか。
破滅へと向かっていくアンナに対して、キティの人生は、愛情を結び家庭や子供を得て、実りあるものとなっていく。

*雰囲気のある様々な愛のポスター。
..Anna Karenina9889
*オスカー受賞の衣装の数々は、キーラ着用に限らず、どれもこれも本当にステキ♪
アンナ・カレーニナ20
*豪華絢爛な衣装の裏には、こんな努力が必要だった時代^^
アンナ・カレーニナ14
アンナの兄オブロンスキー夫妻、アンナの三角関係、キティとリョーヴィン。
女性が「愛される存在」になるためにはどうあるべきなのか、それぞれの恋愛や夫婦関係から、女性の生き方が読み取れますね。

C.O.M.M.E.N.T

こんにちは♪

ジュードの髪型には驚きました。実際に剃っちゃったんですね、、、
キーラの豪華な衣裳にはうっとりしながら見てました。
でも不倫をかなり美しく描きすぎてるように思いましたケド^^;

ところで今日からブログタイトルを変更しました。
今後ともどうぞよろしくお願いいたしまーす♪

2013/04/01 (Mon) 12:59 | yukarin #- | URL | 編集 | 返信

こんばんわ

アンナの人生だけを見ると愛に生きた女性に見えるんですけど、リョーヴィンとキティの愛を見るとアンナの愛は愛ではなく恋ですよね。

恋と愛の違い。これが分からぬと泥沼の不倫劇に突入。
何か最近ラジオのお悩み相談で似たような話を聞いたような気が…。

2013/04/01 (Mon) 20:54 | にゃむばなな #- | URL | 編集 | 返信

世間知らずで、、

未熟な女性であり、母であったアンナに、キーラが嵌ってましたね~。
撮影時は27歳、日本で言えば綾瀬はるかチャンとか宮崎あおいチャンと同年代ですよ~。
大人びた綺麗がありますよね~☆

「何も知らなかった」からこそ突き進んでいったアンナと、
18歳で「痛みを知った」キティの、結婚の明暗がくっきりでしたね~。

舞台風の演出。ストップモーション。
ジョー・ライト監督ってば、飽きさせないで魅させてくれましたよね♪

2013/04/02 (Tue) 23:58 | kira #klq26XPE | URL | 編集 | 返信

yukarinさんへ

こんにちは。

ジュード、ただでさえなのに、刺激与えるようなことはしないで欲しいですよね(笑)
豪華な世界は、目の保養になりました^^

心機一転ですか?
春は気持ちの転換にいい季節ですよね♪
こちらこそ、また宜しくね!

2013/04/03 (Wed) 13:44 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

にゃむばななさんへ

こんにちは。

そうですね~愛にはいろんなかたちがあるけれど、恋と言うと自分中心に回っていくようですものね。
鼻持ちならないタイプではないけど、何はともあれ、これだけの容姿ならば、自分大好き人間でもあるんでしょうしね(笑)
ジョー・ライトの古典はやっぱりいいですよね!!

2013/04/03 (Wed) 14:05 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

kiraさんへ

ジョー・ライトの古典、好きだな~~!
またこんな役にドンピシャとキーラが嵌るンだよね。

この前さ、どちらも知り合いなんだけど、再婚するって知らせが来て、いつの間にどーいうことなん??ずっと付き合っていたわけ??と思ってたら、旦那に話しに来たらしいんだけど、最近、昔仲間の飲み会で再会して、男の方が離婚したって聞いた女の方が、1年かかって旦那やまだ小学生の子供を説得して離婚したんだってさ!(子供は旦那のところ)
説得ったって、小学生ぐらいに何が分かるんだろうよね?
もちろん、不倫状態よりはけじめがついてるのかもしれないけど、分かる?この心理??(爆)
愛に生きるって、こーいうことなの??(爆)
ここんちの旦那さん、ある意味、懐がデカイよ。

2013/04/03 (Wed) 15:18 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

アンナ・カレーニナ(2012)

公式サイト。イギリス映画。原題:Anna Karenina。レフ・トルストイ原作、ジョー・ライト監督、キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナ ...

2013.03.31 (Sun) 22:30 | 佐藤秀の徒然幻視録

アンナ・カレーニナ

原題 ANNA KARENINA 製作年度 2012年 製作国・地域 イギリス 上映時間 130分 原作 レフ・トルストイ 監督 ジョー・ライト 出演 キーラ・ナイトレイ/ジュード・ロウ/アーロン・テイラー=ジョ...

2013.03.31 (Sun) 22:52 | to Heart

脳科学の証明。『アンナ・カレーニナ』

ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作を実写化した作品です。

2013.03.31 (Sun) 23:27 | 水曜日のシネマ日記

アンナ・カレーニナ

映画 アンナ・カレーニナ オリジナル・サウンドトラック [CD]ロシア文学の古典をオリジナリティあふれる演出で映画化した「アンナ・カレーニナ」。人生を文字通りの舞台にたとえた演 ...

2013.03.31 (Sun) 23:33 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

アンナ・カレーニナ

アンナ・カレーニナ@よみうりホール

2013.04.01 (Mon) 06:01 | あーうぃ だにぇっと

アンナ・カレーニナ (試写会)

舞台劇でした公式サイト http://anna.gaga.ne.jp3月29日公開米アカデミー賞衣装デザイン賞受賞原作: アンナ・カレーニナ (レフ・トルストイ著)監督: ジョー・ライト  「プライド

2013.04.01 (Mon) 09:27 | 風に吹かれて

アンナ・カレーニナ

本作は飛行機の中で鑑賞しました。 旧式の機種で、一斉上映システムだと知らず最初に「リンカーン」を選択したのですが、 画像のトーンが暗い上に、時々映像がぶれたりと鑑賞に堪え...

2013.04.01 (Mon) 10:32 | 映画の話でコーヒーブレイク

アンナ・カレーニナ

【ANNA KARENINA】 2013/03/29公開 イギリス 130分監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド、マシュー・マク

2013.04.01 (Mon) 12:55 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★ (新・映画鑑賞★日記・・・ 改め)

アンナ・カレーニナ /ANNA KARENINA

ランキングクリックしてね ←please click  ロシアの文豪トルストイの小説を「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督&キーラ・ナイトレイコンビで 新たに映画化し

2013.04.01 (Mon) 14:56 | 我想一個人映画美的女人blog

アンナ・カレーニナ ★★★★

ロシアの文豪レフ・トルストイが地位のある夫を持ちながら道ならぬ愛に身を焦がす妻を描き、世界中で読まれ続けている小説を、「プライドと偏見」「つぐない」のジョー・ライト監督...

2013.04.01 (Mon) 18:23 | パピとママ映画のblog

『アンナ・カレーニナ』

男の不倫は気弱な遊び、女の不倫は強欲な本気。 リアリズムの巨匠レフ・トルストイの代表作を文芸作品だけが得意なジョー・ライト監督がリアリズムとは真逆の舞台劇のような展開 ...

2013.04.01 (Mon) 20:52 | こねたみっくす

アンナ・カレーニナ/キーラ・ナイトレイ

ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作で世界的にも有名な「アンナ・カレーニナ」を『つぐない』のジョー・ライト監督がキーラ・ナイトレイを再び主演に迎え19世紀ロシアを舞台に愛 ...

2013.04.02 (Tue) 09:39 | カノンな日々

アンナ・カレーニナ・・・・・評価額1600円

そこは出口の無い、愛の牢獄。 19世紀末の帝政ロシアの社交界を舞台に、青年将校と禁断の恋に落ちる人妻の悲劇を描いたトルストイの古典「アンナ・カレーニナ」。 過去に幾度とな

2013.04.03 (Wed) 15:24 | ノラネコの呑んで観るシネマ

『アンナ・カレーニナ』

□作品オフィシャルサイト 「アンナ・カレーニナ」□監督 ジョー・ライト□脚本 トム・ストッパード□原作 レオ・トルストイ □キャスト キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ

2013.04.06 (Sat) 08:42 | 京の昼寝〜♪

アンナ・カレーニナ/ANNA KARENINA

名前は聞いたことあるけど、どんなストーリーだったかは、まったく記憶になく・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 貴族階級のアンナ・カレーニナは、政府高官の夫と結婚

2013.04.07 (Sun) 17:57 | いい加減社長の映画日記

アンナ・カレーニナ

トルストイとかさっぱりですが、豪華な衣装に惹かれて何の前知識も無しに『アンナ・カレーニナ』を観てきました。 ★★★★ 踏まえてもう一度観直したく映画。 幕が上がり舞台劇が

2013.04.08 (Mon) 22:10 | そーれりぽーと

アンナ・カレーニナ

トルストイとかさっぱりですが、豪華な衣装に惹かれて何の前知識も無しに『アンナ・カレーニナ』を観てきました。 ★★★★ 踏まえてもう一度観直したく映画。 幕が上がり舞台劇が

2013.04.08 (Mon) 22:11 | そーれりぽーと

『アンナ・カレーニナ』

(原題:Anna Karenina) ----久しぶりに、二日続いての映画のお話。 最近ではスルーしてしまうことも多いのに、 まさか『アンナ・カレーニナ』とは…。 「そうだね。 ぼく自身も驚き。 ま

2013.04.08 (Mon) 22:14 | ラムの大通り

映画「アンナ・カレーニナ」誰でも作品名くらいは知ってる原作の映画化

映画「アンナ・カレーニナ」★★★☆ キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ アーロン・テイラー=ジョンソン、ケリー・マクドナルド アリシア・ヴィキャンデル、ドーナル・グリーソン

2013.04.21 (Sun) 20:45 | soramove

アンナ・カレーニナ

『アンナ・カレーニナ』---ANNA KARENINA---2012年(イギリス)監督:ジョー・ライト出演:キーラ・ナイトレイ、ジュード・ロウ、アーロン・テイラー=ジョンソン 、ケリー・マクドナルド

2013.05.22 (Wed) 23:08 | こんな映画見ました〜

アンナ・カレーニナ

ざっくり言ってしまえば不倫ドラマなのですが。トルストイの有名な文芸作品なので何となくは知っていましたが、ちゃんと作品に触れるのは実は初めて。 時代コスと言えばこの人、キーラ・ナイトレイ主演。ジュード・ロウがその夫を演じていました。 舞台は19世紀後半のロシア。政府高官の夫を持つ貴族のアンナ・カレーニナは何不自由ない豊かな暮らしを送り、その美貌から社交界の花。しかし夫との関係が冷めきっ...

2013.09.26 (Thu) 09:15 | いやいやえん

アンナ・カレーニナ (2012年)

何度も映像化されてる、ロシアの文豪L・N・トルストイの代表作だけに、あえて斬新なアプローチ。映画全体を舞台劇とし、場面転換の際には映像が隣のステージに移動するという独特の手法を用いています。でも、大いに目の保養作品でした。美男美女で、映像的にも、とてもキレイ十代の頃に読んだ原作の、イメージに程近いキャスティングで、大納得。女優さんが、とても良くお見かけする、意志の強そうな美貌… と思ってたら...

2014.08.11 (Mon) 08:26 | のほほん便り
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。