--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013_03
29
(Fri)15:35

ザ・マスター

The Master10

第2次世界大戦後のアメリカ。
軍病院のメンタルテストで問題を指摘された元海兵隊員のフレディ(ホアキン・フェニックス)は、アルコール依存を抜け出せず、トラブルを繰り返しす日々を送っていた。
ある日、宗教団体「ザ・コーズ」の教祖ドッド(フィリップ・シーモア・ホフマン)と出会ったフレディは、ドッドに自分を導いてくれる可能性を見出し、行動を共にするが…。


新興宗教「サイエントロジー」をモデルに、カリスマ教祖と迷える復員兵の愛憎入り交じる人間関係を描く。

2013年 3/22公開 アメリカ映画
監督 ポール・トーマス・アンダーソン
危険ゆえ{★★★3/5}

「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」から5年振りになるポール・トーマス・アンダーソンの新作。
今年のアカデミー賞で、ホアキン・フェニックス、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムスと、主要キャスト3人が揃って主演&助演賞にノミネートされた作品。
トム・クルーズが心酔する「サイエントロジー」らしき宗教団体の“マスター”と、その信者になった男の絆と魂の葛藤を描く。
The Master11
宗教は本当に心の拠りどころとなるのか、ましてやカルトと言われる団体に、人はどうして惹かれていくのか興味がありましたが、ポール・トーマス・アンダーソンは、ありがちな宗教批判をせず、逆に宗教と結びつけるのを避けたい印象すら受けました。
人生に迷い、不安定で悩みを抱える主人公が、怪しい教祖や思想に洗脳されていくお話かと思ってたけど、ちょっと違ってました。

挙動不審で怪しい酒を造るフレディ、いかにもありがちな教祖像のトッド。
面白いと言えるストーリーでなければ、ドラマティックな展開もなく(それがPTA監督らしい?)誰にも共感や共鳴はできない。
けれど、フレディとマスターの不思議な友情なのか?ホモ的な何かなのか?自分の投影なのか?
お互いが、こいつ、危なくない?と思いながらも離れられなくなっていく、そんなスリルをあえて望んでるかのよう。
「教祖と信者」という関係だけではない二人と、カリスマ性あるマスターの妻ペギー(エイミー・アダムス)が裏でしっかりと実権を握っているという、混沌とした人間関係や共依存は、役者達の演技力の高さで興味深く観れました。
とにかく、ホアキンとホフマンの演技合戦は見応え十分で、やっぱり何をやらせても上手い人は上手いもんだと感じます。
ザ・マスター
*砂で作った全裸の女性、老いも若いきもスッポンポンの女性信者、海上を進む船、デパートの店内など、印象に残るショットがたくさん。
*猫背や歩き方からも複雑な人間性が伝わってくるホアキンのお芝居が素晴らしかった。
そう言えば、彼もカルト教団員の両親と変な環境で育ったのでしたね…。
*フィリップ・シーモア・ホフマンは助演よりむしろ主演?!カリスマ性と薄っぺらさが絶妙だった。
こう言う弁舌なだけの人物に、人は惹かれていくものなんだな~。
*別の見方をすると、トッドとフレディは、過去と未来なのかもしれない。
「クラウド・アトラス」のようなふりもあったし(笑)

C.O.M.M.E.N.T

こんばんわ

フィリップ・シーモア・ホフマンってこういう胡散臭い役を演じると本当に上手いですよね。
そしてその教祖様に負けず劣らずのホアキン・フェニックスも素晴らしいの一言。

そんな2人が演じたドッドとフレディの関係性。友人でもあり、ホモ的な関係であり、ライバルでもあるような面白さがありましたね。
相互依存とは傍から見ると本当に面白いですわ。

2013/03/30 (Sat) 17:47 | にゃむばなな #- | URL | 編集 | 返信

にゃむばななさんへ

こんばんは。

内容のウケはさまざまでしょうが、この演技合戦は観る価値ありますよね。
フィリップ・シーモア・ホフマンって、あの外見が既に反則です(爆)
いつの間にかすっぽんになった女性信者の中で、歌い踊る教祖なんて、もうこいつ絶対にまやかしですもん。
こーいうとこもホント、上手いし、不安定で疑心暗鬼なホアキンも凄かったです。

2013/03/31 (Sun) 22:53 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

ザ・マスター〜見果てぬドリス・デイ

中国行きのスロウ・ボート 公式サイト。原題:The Master。ポール・トーマス・アンダーソン監督、ホアキン・フェニックス、フィリップ・シーモア・ホフマン、エイミー・アダムス、ロー ...

2013.03.29 (Fri) 19:57 | 佐藤秀の徒然幻視録

ザ・マスター

救われなかった男公式サイト http://themastermovie.jp監督: ポール・トーマス・アンダーソン  「マグノリア」 「ゼア・ウィル・ビー・ブラッド」第二次大戦終結し、出征先から帰還し

2013.03.29 (Fri) 20:26 | 風に吹かれて

映画・ザ・マスター

2012年 アメリカ 原題 THE MASTER 第二次世界大戦中、海軍に勤めていたフレディ・クエル(ホアキン・フェニックス) 戦争が終り、故郷に戻ってデパートの写真店でカメラマンとして...

2013.03.29 (Fri) 21:55 | 読書と映画とガーデニング

ザ・マスター

ポスタ- A4 パターンA ザ・マスター 光沢プリント新興宗教団体を舞台に人間の心の闇をえぐる「ザ・マスター」。PTAの作品は見る側にも力を要求する。第二次世界対戦後の1950年代のアメ ...

2013.03.29 (Fri) 22:11 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評

ポール・トーマス・アンダーソン監督『ザ・マスター(The Master)』パートナーを変えてワルツを踊る(Changing Partners)

注・内容、台詞に触れています。『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・トーマス・アンダーソン監督、昨年のベネチア国際映画祭で銀獅子(監督)賞、男優賞に輝いた5年ぶりの

2013.03.29 (Fri) 23:17 | 映画雑記・COLOR of CINEMA

ザ・マスター / The Master

ランキングクリックしてね ←please click 男たちの関係性を巧みに描き 第69回ヴェネチア映画祭4冠達成(銀獅子賞 監督賞・主演男優賞W受賞・国際批評家連盟賞) マニア&...

2013.03.30 (Sat) 09:45 | 我想一個人映画美的女人blog

ザ・マスター/ホアキン・フェニックス

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・トーマス・アンダーソン監督が5年ぶりに手がけた新作で、第2次世界大戦後のアメリカを舞台に心に傷を負った元兵士と彼が心酔していく ...

2013.03.30 (Sat) 09:47 | カノンな日々

『ザ・マスター』

相互依存の先にある自由。 新興宗教サイエントロジーをモデルにしているとはいえ、これはカルト教団を描いた作品ではなく、心の自由を得ようともがく2人の男が過ごした長い時間 ...

2013.03.30 (Sat) 17:45 | こねたみっくす

過去への旅~『ザ・マスター』

 THE MASTER  第二次大戦に水兵として従軍していたフレディ(ホアキン・フェニックス)は、 退役後もアルコール依存から抜け出せずにいた。職を転々としながら放浪して いた彼は、...

2013.03.31 (Sun) 06:07 | 真紅のthinkingdays

ザ・マスター

 『ザ・マスター』をTOHOシネマズシャンテで見ました。 (1)本作は、ヴェネチア国際映画祭で様々の賞をとった作品だということと、フィリップ・シーモア・ホフマンの姿が見られるとい...

2013.04.02 (Tue) 21:54 | 映画的・絵画的・音楽的

ザ・マスター(2012)◇◆THE MASTER

 男はただ、信じようとした。 好き度:=70点 東宝シネマズ二条にて鑑賞。実は観たい映画にうっかり挙げるのを忘れていた作品です。 この前に「クラウド・アトラス」を観たので...

2013.04.04 (Thu) 22:23 | 銅版画制作の日々

アメリカクラシック映画の域で

24日のことですが、映画「ザ・マスター」を鑑賞しました。 第2次世界大戦後のアメリカ、アルコール依存の元海軍兵士のフレディは 宗教団体の教祖ドッドに出会い関係を深めていくのだ...

2013.04.07 (Sun) 00:37 | 笑う社会人の生活

映画好きの、新作映画紹介!「ザ・マスター」

毎週映画好きの菊次郎が、皆さんにおすすめの映画をご紹介する動画企画「暇人映画。」今回私がご紹介している映画は「ザ・マスター」です!

2013.04.09 (Tue) 06:01 | 菊次郎の映画おぼえがき

映画「ザ・マスター」まさに演技賞の熱演、でもストーリーはもうひとつ

映画「ザ・マスター 」★★★☆ フィリップ・シーモア・ホフマン、ホアキン・フェニックス エイミー・アダムス、ローラ・ダーン 出演 ポール・トーマス・アンダーソン監督、 138分、...

2013.04.17 (Wed) 20:01 | soramove

ザ・マスター ★★★.5

『ゼア・ウィル・ビー・ブラッド』のポール・トーマス・アンダーソンがメガホンを取り、新興宗教サイエントロジー創始者をモデルに人間の深層心理に鋭く迫る問題作。第2次世界大戦

2013.05.11 (Sat) 18:20 | パピとママ映画のblog

映画『ザ・マスター』を観て

12-29.ザ・マスター■原題:The Master■上映時間:138分■製作年、国:2012年、アメリカ■観賞日:3月31日、TOHOシネマズシャンテ(日比谷)■料金:1,800円 □監督・脚

2013.08.04 (Sun) 22:01 | kintyre's Diary 新館
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。