2013_03
18
(Mon)18:16

偽りなき者

THE HUNT10

デンマークの小さな町。
親友の娘クララ(アニカ・ヴィタコプ)の作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス(マッツ・ミケルセン)は、潔白を訴えるが耳を貸すものは誰もいなく、仕事も信用も失うことになる。
周囲から向けられる憎悪と敵意が日ごとに増していく中、静かに耐え忍ぶルーカスだったが…。


世間から迫害される無実の人間の尊厳と誇りを懸けた闘いを描いた人間ドラマ。
マッツ・ミケルセンは、第65回カンヌ国際映画祭で主演男優賞はじめ3冠を達成。

2013年 3/16公開 デンマーク映画
監督 トマス・ヴィンターベア
押されてしまった烙印{★★★★㊤4/5}

教師として務めていた学校が閉鎖され、幼稚園に再就職した42歳のルーカスは、園児から慕われる人気者。
原因は語られないが、妻とは離婚し、一人息子のマルクスに会うのもままならない状態。
忠実な愛犬ファニーと狩仲間や親友に囲まれ、自然が美しい故郷の田舎町で暮らしている。
ある日、ルーカスの幼馴染で親友テオの娘、6歳のクララが幼稚園の園長先生につぶやいた。
「ルーカスって嫌い。だって、、、、、、、、、、、、、、」
この些細な嘘が、大人たちの手によって、あれよあれと言う間に一人の人間の人生を大きく狂わせる事態になっていく。
JAGTENTHE HUNT11
デンマークには「子供と酔っ払いは嘘をつかない」という諺があるそうですが、この園長ものっけから「子供は嘘つかない」と言い切ります。
クララの発言の真意を探ろうとせず、ルーカスを変質者と決め付けて言い分も聞かない。
更にクララや他の生徒に、それが事実であるかのように思い込ませる誘導尋問にまで発展させていく。
立場上の理解はできるが、この時点では、できるだけ冷静な判断をすべき幼稚園側が、これは一大事と先走り過ぎるようで、対応のまずさが露頭。
園長が別れた妻にわざわざ電話で連絡する必要まであるのか?!

予告を観た時、思い出したのは、オードリー・ヘプバーンとシャーリー・マクレーンの「噂の二人」。
女学校を経営する二人が、生徒にレズビアンだと噂され、それを真に受けた大人たちによって人生を狂わされてしまう。
嘘をついた女生徒は、悪知恵が働き、我儘と保身から同級生を脅してまで大人たちに嘘を信じ込ませてしまう、実に憎らしく腹立たしい子供でしたが、その点、クララはちょっとシャイで繊細な少女、決して悪意だけの嘘ではありません。
子供の嘘から追い詰められていく大筋の流れはどちらも同じ、悪しき者を排除しようと働く集団心理に苛立ちを感じ、はらわたが煮えくり返りながら考えさせられる作品でした。
THE HUNT14
クララは、迷子になった時や両親の代わりに幼稚園へ連れて行ってくれたルーカスに、淡い気持ちがあったのでしょう。
死んだふりをするルーカスを真剣に心配するクララは、一生懸命作ったプレゼントとキスをさりげなく注意され、幼心が傷ついてしまう。
お兄ちゃんとお兄ちゃんの友達には、iPadの嫌な画像を見せられて、嫌な言葉も聞かされた。
クララの中で“嫌だった事”が重なり、つい園長先生に口走ってしまったのではないだろうか。

そんなこんなを知らない大人が、話を聞かされ面食らうのは当然のこと。
ところがやっぱりここからが問題で、悪意があろうがなかろうが、子供の発言だけを鵜呑みにし、人間性に関わる問題を慎重に対応できない大人たちが軽率すぎる。
ルーカスの親友であるクララの父親が、「あいつはそんな奴ではない」と思わなかったのも酷すぎるし、早い段階でクララが母親に、あれは嘘だったの告白するが、「辛いことは忘れようとするものよ」と返す始末。
夫婦関係や家庭環境を見直してごらんなさいっ!
THE HUNT12
「噂の二人」でも、初めは信じなかった生徒の祖母が、具体的な内容を語る孫に、子供が想像だけで言えることではないと確信するが、この生徒は、何やら隠れて読んでいた情報源があったし、クララも思春期の兄から性的な画像をふざけて見せられた経緯がある。
子供が知る由が無いと大人が勝手に思い込んでいる事が実に多く、特に今のように情報ソースが溢れかえる世の中では、子供を守る義務が増える一方で、子供は無垢だと安心してはいけないのだと思う。

それと子供は嘘をつく。
何でも嘘だとひとくくりにはできないし、スキャンダルな問題に関して、子供を深く追求するのは避けたいところだけれど、大人の冷静な知恵と正しい検証で、嘘やごまかす経緯に至った子供の心理を探ることが、教育上重要なのではないでしょうか。
THE HUNT08
間違った対応をした世間から背を向けられたルーカス。
冤罪を晴らすため必死に耐えるルーカスの味方となるのは、マルクスと狩仲間の一人だけ。
警察に連行されるが、子供の証言が曖昧ですぐに釈放された。
だが、住人たちは許さない。
家に石が投げ込まれ、見せしめのように愛犬ファニーが殺される。
近所のスーパーでは立ち入り禁止だと暴力を振るわれ、まさに村八分となってしまった。
それでも怯むことなく、真直ぐに力強く立ち向かっていくルーカスに心うたれる。
(私なら名誉毀損で裁判起こすぞー!)
生々しく演じるマッツ・ミケルセンが本当に素晴らしい!!
THE HUNT15
親友テオは過ちに気づき、うつらうつらと眠るクララは、うっすらとファニーの姿を見る。
思いもよらぬことになった娘の言葉を親も背負うことで、クララなりの苦しみがこれで終わることになるのかもしれない。
子供ながらの戸惑いや困惑をびっくりするほど見事に演じた(のか、自然なのか)この子役が凄かった!

1年後、マルクスの成人を祝う狩が催され、ルーカスと仲間たちは和解したよう。
安堵のラストと思いきや、この場に集う仲間の中に、石を投げ込んだ奴、ファニーを殺した奴、スーパーの関係者がいると思うと、一度壊れた信用や信頼を元に戻すことの困難さ、それでも許せない人間の恐ろしさを見せ付けられた。
綺麗ごとのように締めくくらない後味の悪さだが、やはり現実はこうなのだろうと思わされるし、迫害される側、する側、もし自分だったらと考えさせられ、原題の「狩猟」の意味が見えてくる秀作だった。

C.O.M.M.E.N.T

わざと?

ルーカスの愛犬と、彼の夢を見るクララの告白のあと、
テオが妻にも説明もなくルーカスを訪ねて、1年後、
何の経緯の説明もなく1年後の和気藹々、、、アレはわざと?
きっとキチンとした謝罪もなく、オトナたちの間だけで暗黙の内に片付けられた感があるんだけど・・(-_-;

もうね、あの園長の誘導尋問、意義アリ!だったし、
クララの母親にも余計な先入観植え付けたし、
警察の捜査を待たずに父兄を呼んで説明ーが、もう、報告になっちゃってる時点で告訴を考えたよv-31

クララちゃんは、苦手ダンスト嬢に似てて、ちょっと小憎らしくなったわ(笑)

2013/03/20 (Wed) 19:36 | kira #klq26XPE | URL | 編集 | 返信

kiraたんへ

こんにちは~。

ああ、わかる、わかる!!
このお嬢ちゃん、子役の頃のキルにどことなく似てる!!
キルよりは目つきがいいけどね(笑)
ラインを踏まないように歩くとか、自分の子供だったら、ちょっと面倒な子(苦笑)
想像力や感受性が強いと園長も分かってるんなら、他にやりようがあるよね。
こんな小さなコミュニティだからこそ、慎重にならなければいけないのに、家族から聞き取りとか内部調査を通り越して、この園長はやることがおかしいわ~腹立つ。
あのハートの贈り物にしたって、ちゃんと調べれば分かりそうなことなのに、もっとルーカスから話を聞けよって感じ!!

>何の経緯の説明もなく1年後の和気藹々、、、

テオが過ちに気づいたあと、せめて園長が謝罪にでも来るのかと思ったら、そんなありきたりと言うか、観客の願望を無視するかのようなラストには少々面食らったけど、当事者同士はそうであっても、回りの人間には一度植え付けられたものを拭い去るのは難しいとは思ったわ。

2013/03/23 (Sat) 11:49 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

こんばんわ

『噂の二人』『つぐない』『それでもボクはやってない』
古今東西、こんな偽りの正義で人生を狂わされる様を描いた映画がたくさんあるんですよね。
なんて恐ろしい!

とにかくあの園長が腹立たしいです!ジュディ・デンチにそっくりなクララよりも腹立たしいです!立場上もっとしっかりせい!ですよ。

2013/03/26 (Tue) 21:22 | にゃむばなな #- | URL | 編集 | 返信

にゃむばななさんへ

こんばんは。

>『噂の二人』『つぐない』『それでもボクはやってない』

観客側からは、そうじゃないよっ!って前提なので、余計に腹立たしくてイラっとするんですよね!
今作のクララには、ある意味、同情というか、「つぐない」のブライオニーにも通じる微妙な感傷みたいなものは感じましたが、あの園長は相当な能無しだったですよねっ!!
とっかかりだけだったけど、結局、根源はお前さんでしょ!!
良識ある判断こそが、大人であるべき行動の証明なんだと痛感しました。

2013/03/29 (Fri) 23:21 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

クララが嘘をつく場面で嫌な予感がして観るのをやめたんだけど
案の定な展開・・・

結局クララは悪いことをした罰を受けていないんでしょうか。
小さい子供だから許されるってのは納得がいかない。
これもある意味魔女狩りですね。
レッテルを貼って徹底的に攻撃するという。

にしても主人公は聖人みたいな心の強さですねえ・・・

2013/10/13 (Sun) 18:21 | クララの微妙な顔がリアル #/6JQIzeE | URL | 編集 | 返信

園長

オリーブリーさん、こんにちは!
>「つぐない」のブライオニーにも通じる微妙な感傷みたいなものは感じましたが、あの園長は相当な能無しだったですよねっ!!

そういえば、「つぐない」のあの子も、罪な一言で、好きな人の人生をめちゃくちゃにしてしまいましたっけね・・・・。
確かに園長がひどかった。

無実の罪って、見ていて本当に歯がゆい気持ちにさせられますよね。

2013/10/16 (Wed) 14:10 | latifa #SFo5/nok | URL | 編集 | 返信

クララの微妙な顔がリアルさんへ

こんにちは。

ですねー、本当にクララのお顔が、、、(苦笑)

>結局クララは悪いことをした罰を受けていないんでしょうか。

そういうものはありませんでしたが、ルーカスの息子が「おまえは嘘つきだ!」みたいに、クララに詰め寄り責める場面はありました。
クララも自分の何気ない発言で街中の雰囲気が違うと感じている様子や、悪いことをしたみたいけど、どうすれば良いのかわからない、幼いながらの戸惑いはありました。
母親に嘘だったと告白する場面もあったけど、それは受け止めてもらえないし、彼女なりに悩んでいたと思いますよ。
結局、大人が一番悪い。
こんなデリケートな問題は、触らない方が良いと、回り全てが被害者意識に陥るのは最悪だと思います。
まさに魔女狩りです!

2013/10/17 (Thu) 13:19 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

latifaさんへ

こんにちは。

「つぐない」のブライオニーには十分な自覚があって、罪の意識を背負い続ける結果になったけど、クララが自覚できるのはいつのことか、またどんな解釈をするのかは、この先分かりませんよね。
でもそんな幼さだからか、ルーカスが彼女に対して変わらない優しさを示すのがスゴイ人だと思いましたよ。

子供相手のことは、大人の判断ミスが大きく左右されるんですよねー。
ホント、園長が大間違いですよ。
あと両親もね、、、。
クララの発言を家族で話し合ってみたら、「あれ?」と思うこともあるんじゃないかと…。
特にお兄ちゃん、気づくかもしれない。
園長にああいう風に聞かされ、娘を思えばショッキングなことだけど、被害者になる前に、加害者になるのかもしれないと、冷静に考えるべきだと思いますよ!

2013/10/17 (Thu) 15:29 | オリーブリー #ZJmJft5I | URL | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

『偽りなき者』

(原題:JAGTEN) ----この映画って、 ラース・フォン・トリアーらと ドグマ85の運動を起こした トマス・ヴィンタ―ベアの作品だよね。 「うん。 でも、予告編を覗いてみたら、 ドラマトゥ...

2013.03.18 (Mon) 19:34 | ラムの大通り

偽りなき者/マッツ・ミケルセン

デンマーク映画ということで先ず興味を抱いたのですが、どんなお話なんだろうとあらすじを読んでますます興味津々となってしまいました。何気ない子供の作り話をきっかけに主人公 ...

2013.03.18 (Mon) 21:56 | カノンな日々

偽りなき者 /THE HUNT/JAGTEN

ランキングクリックしてね ←please click 「セレブレーション」「DEAR WENDY ディアウェンディ」のトマス・ヴィンターベア監督作で、 主演のマッツ・ミケルセンが、カンヌ映画祭で

2013.03.18 (Mon) 23:35 | 我想一個人映画美的女人blog

映画・偽りなき者

2012年 デンマーク 原題 JAGTEN 英題 THE HUNT 森と湖が美しい村 幼稚園で働くルーカス(マッツ・ミケルセン) 温和な性格で園児たちと元気よく遊び、休日には幼馴染の友人たちと

2013.03.20 (Wed) 14:12 | 読書と映画とガーデニング

偽りなき者

“真っ直ぐ”が災いの元 公式サイト。デンマーク映画。原題:Jagten(狩猟)、英題:The Hunt。トマス・ヴィンターベア監督、マッツ・ミケルセン、アレクサンドラ・ラパポート、トマス・ボ ...

2013.03.20 (Wed) 15:41 | 佐藤秀の徒然幻視録

偽りなき者

決して、譲れないものがある―― 原題 JAGTEN/THE HUNT 製作年度 2012年 製作国・地域 デンマーク 上映時間 115分 脚本 トマス・ヴィンターベア 、トビアス・リンホルム 監督 トマス・ヴィ

2013.03.20 (Wed) 18:47 | to Heart

偽りなき者・・・・・評価額1650円

無垢なる者は、存在しない。 幼稚園教師として平凡な人生を送っていた男が、親友の幼い娘の小さなウソによって破滅へと追い込まれてゆく。 「光のほうへ」で知られるデンマークの...

2013.03.23 (Sat) 17:13 | ノラネコの呑んで観るシネマ

『偽りなき者』

自ら確認しない限り、それは偽りの正義でしかない。それが分からぬ者はこの世で最も愚かである。 これは現代の魔女狩りを描いた秀作、いや第65回カンヌ国際映画祭で主演男優賞を受 ...

2013.03.26 (Tue) 21:33 | こねたみっくす

偽りなき者

 『偽りなき者』を渋谷のル・シネマで見ました。 (1)本作はデンマーク映画。  主演のマッツ・ミケルセンはカンヌ国際映画祭で主演男優賞を獲得しました。  映画の舞台は、デンマ

2013.03.27 (Wed) 20:11 | 映画的・絵画的・音楽的

偽りなき者・・・・・評価額1650円

無垢なる者は、存在しない。 幼稚園教師として平凡な人生を送っていた男が、親友の幼い娘の小さなウソによって破滅へと追い込まれてゆく。 「光のほうへ」で知られるデンマークの...

2013.03.29 (Fri) 23:26 | ノラネコの呑んで観るシネマ

偽りなき者

2013年3月22日(金) 21:10~ 109シネマズ川崎10 料金:1200円(レイトショー) パンフレット:未確認 それでも僕はやってないinデンマーク 『偽りなき者』公式サイト 冤罪とま

2013.04.01 (Mon) 22:55 | ダイターンクラッシュ!!

偽りはなき

1日のことですが、映画「偽りなき者」を鑑賞しました。 親友の娘クララの作り話が原因で、変質者のレッテルを貼られてしまったルーカス 無実を訴えるが誰にも話を聞いてもらえず 仕

2013.04.18 (Thu) 23:43 | 笑う社会人の生活

偽りなき者

デンマークの小さな町の幼稚園で働くルーカス。面倒見の良い彼は友人の子供クララの事も可愛がり、彼女もそんなルーカスが大好きだった。が・・

2013.04.26 (Fri) 21:40 | rambling rose

偽りなき者 ★★★★

『セレブレーション』『光のほうへ』などの名匠トマス・ヴィンターベアが、無実の人間の尊厳と誇りを懸けた闘いを重厚に描いた人間ドラマ。子どもの作り話がもとで変質者扱いされて...

2013.05.06 (Mon) 14:17 | パピとママ映画のblog

『偽りなき者』 ウイルスと嘘が似てるのは?

 【ネタバレ注意】  『コンテイジョン』はウイルスの蔓延にさらされた人々のパニックを描くと同時に、偽情報の感染力の強さも描いた映画だった。  デンマーク映画『偽りなき者...

2013.05.08 (Wed) 19:46 | 映画のブログ

偽りなき者

『偽りなき者』---JAGTEN THE HUNT---2012年(デンマーク)監督: トマス・ヴィンターベア出演:マッツ・ミケルセン 、トマス・ボー・ラーセン、アニカ・ヴィタコプ 、ラセ・フォーゲルストラム 少女の何気ない嘘によって人生を破壊された男が、理不尽な迫害を...

2013.10.16 (Wed) 22:41 | こんな映画見ました〜

偽りなき者

【JAGTEN/THE HUNT】 2013/03/16公開 デンマーク R15+ 115分監督:トマス・ヴィンターベア出演:マッツ・ミケルセン、アニカ・ヴィタコプ、ラセ・フォーゲルストラム、スーセ・ウォルド、ラース・ランゼ 決して、譲れないものがある―― [Story]デンマークの小さな町で幼...

2013.11.22 (Fri) 14:46 | ★yukarinの映画鑑賞ぷらす日記★

偽りなき者

【概略】 離婚と失業の試練を乗り越え、ようやく穏やかな日常を取り戻した幼稚園教師・ルーカス。そんなある日、親友の娘の作り話が元で、彼は変質者の烙印を押されてしまう。 ドラマ きっかけは少女のささやかな嘘。疑惑は憎悪となり、小さな町を埋め尽くす。 デンマークには「子供と酔っぱらいは嘘をつかない」ということわざがあるそうです。誰もがこのことわざを盲信しているかのように、幼稚...

2015.09.14 (Mon) 11:32 | いやいやえん