スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ムーンライズ・キングダム 

2013, 02. 14 (Thu) 01:08

Moonrise Kingdom10

1965年、アメリカ・ニューイングランド沖に浮かぶ小さな島。
家庭に恵まれず、自分の居場所がないと感じている12歳の少年サム(ジャレッド・ギルマン)は、ボーイスカウトのサマー・キャンプ中、置き手紙を残し姿を消した。
厳格な父と口うるさい母に辟易していた少女スージー(カラ・ヘイワード)と文通していたサムは、駆け落ちの計画を練り上げ、2人は秘密の場所“ムーンライズ・キングダム”を目指す。
一方、村ではシャープ警部(ブルース・ウィリス)やボーイスカウトのウォード隊長(エドワード・ノートン)、スージーの両親(ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド)が家出した2人の捜索を始めるが…。


架空の島を舞台に、少年少女のひと夏の冒険と右往左往する大人たちをメルヘンチックに描いたコメディ・ドラマ。

2013年 2/8公開 アメリカ映画
監督 ウェス・アンダーソン
小さな島のアンサンブル{★★★㊤3/5}

「ライフ・アクアティック」「ファンタスティック Mr.FOX」のウェス・アンダーソン監督が、少年少女のピュアな逃避行を中心に、周囲へ広がる波紋と大人たちの姿を独特なヴィジュアルで描き出す。
ビル・マーレイ始め、ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、フランシス・マクドーマンド、わずかながらのティルダ・スウィントンにハーヴェイ・カイテルと、豪華な脇役陣のキュートなお芝居と、まるでジオラマのような感覚が広がるレトロでポップな映像が楽しめる作品。
のんびりとした島時間や4コマ漫画を見るような遊び、デザイン画のように流れていくアート感覚が心地良い。
「イカとクジラ」「ダージリン急行」、↑の2作品など、ウェス・アンダーソン作品は苦手意識が強かったけれど、「小さな恋のメロディ」やトリフォー監督の「大人は判ってくれない」を思い出したりして、これは一番好きかも。
と言っても、特に感想は思いつかないが、子供も大人もさまざまな事情を抱え、自分なりに再生していこうとする姿と、誰のせいだとか、何が悪いとか、回りくどかったり説教臭くないのがいい。
Moonrise Kingdom15
小さな島で起こったひとつの珍事は、それぞれの冒険であり、それぞれの人生観を左右することになる。
正直で純粋で懸命なのが子供の特権、それが大人の心を動かすことは多々あるが、それを認めながらも、「まだ分別を知らない子供を守るのが大人の役目」と言うシャープ警部がカッコいい!
ムーンライズ
*スヌーピーが可哀相…。
*オープニングとエンドロールが楽しい♪

コメント

ituka

今はもう空港かな^^

『小さな恋のメロディ』を彷彿させるピュアなカップルでしたけど
圧倒的に違うのは「ぼくオネショするかもしれないよ」でした(笑)
対し彼女は「いいよ」と、このやりとりだけで笑いのツボだったかも(爆)

上の大人たちの写真、見るからに頼りない雰囲気ぷんぷんで
たまには、こういうのんびり笑える小品もいいモノですね(笑)

外は寒いから厚着でゴー!ですよ(笑)

2013/02/16 (Sat) 14:07 | ituka | 編集 | 返信

オリーブリー

itukaさんへ

こんばんは。

空港は吹きっさらしなので、ただでさえ風がキツイのに、昨日は、メチャ寒かったですよぉ~!!
末端冷え性なので、一度寒さを感じると、指先がいつまでも冷たくて…。
早く温かくなって欲しいです。

そうそう、普通、「おねしょ」なんて言われたらドン引きなのに、なかなか微笑ましいカップルで(笑)
女の子のブルマみたいなショーツが初々しかったです(笑)
この映画では、純粋な子供達の方が現実を見ていて、大人の方が虚偽の中にいるようでしたね。
ところでブルースはつけ毛だったのかしら?(また髪ネタ~笑)

「小さな恋のメロディ」は、まだ小学生でしたが、何度、親にねだって劇場へ観に行ったことか(笑)
色んな色のワンピースの制服やバレエの時間に憧れました(爆)

2013/02/17 (Sun) 19:39 | オリーブリー | 編集 | 返信

cyaz

ほっこり~

オリーブリーさん、おはようございます^^
TB&コメント、ありがとうございましたm(__)m

仰るように「ほっこり」する作品だったと思います。
子供の恋心と大人の恋愛、それをそれぞれの俳優陣が上手に
表現していたと思います。特に子供の部(笑)の二人は初演なのに
なんか自然な演技で楽しませてくれましたネ~♪

2013/02/18 (Mon) 08:29 | cyaz | 編集 | 返信

sakurai

そうそうそう

明確な感想とか、思いはないのですが、なんとなくいい!って感じですかね。
やけにさわやかな気分にさせてもらいました。
気になったのは、ノートンのほっぺの落ちぶりくらいで。

2013/02/19 (Tue) 13:41 | sakurai | 編集 | 返信

風子

TBとコメントありがとうございました

オープニングとエンディングが同じ曲なのに、味わいが違って聞こえるのがよかったです。

2013/02/21 (Thu) 11:19 | 風子 | 編集 | 返信

オリーブリー

cyazさんへ

こんにちは~こちらこそ、いつもありがとうございます!

この男の子、大きな眼鏡をかけていたけど、色白でぽっちゃりした可愛らしいコでした^^
初々しさとぎこちなさが微笑ましい若い二人が良かったです。
それに比べ、ドタバタジタバタって感じの大人たちがコミカルでしたね(笑)

2013/02/21 (Thu) 11:51 | オリーブリー | 編集 | 返信

マリー

こんばんは~

↑のポスター、外国版かな?いいねっ!コレ好き~。
雰囲気が素敵~。

なんとも豪華なキャストで~
でも主役は子どもたちってカンジでしたね。
ノートンさんの緩さ、ブルースの緩さがツボでした。
ビル・マーレイのお腹も凄かったけど・・・

けど、スヌーピーが本当にかわいそうで・・・死んだふりかと思ったのに~。
エンディングも楽しかったね!

2013/02/21 (Thu) 21:58 | マリー | 編集 | 返信

オリーブリー

sakuraiさんへ

こんにちは。

語るより感じる映画ですね。
この監督の作品は、絵本のページをめくるような感覚になるので、内容の好き嫌いはともかく、映像の印象はいつまでも残っていますよ。
ボーイスカウト姿のノートンがきゃわいかったです(笑)

2013/02/24 (Sun) 13:11 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

風子さんへ

こんにちは~こちらこそ、いつもありがとうございます!

最後に、「ご清聴ありがとうございました」なんて言われた映画も初めてだったかも(笑)
思わず、「こちらこそ」と肯いてましたよ^^

2013/02/24 (Sun) 13:21 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

マリーさんへ

こんにちは~。

うんうん、このポスター、絵画っぽくてアートだよね(笑)
大人たちのジタバタぶりと、意外と冷静で淡々としてる子供達の対比が面白かったわハイ(^-^)/
ウェス・アンダーソンと言えば、ビル・マーレイだけど、今回も独特なオーラと存在感だった。
確かに、お腹は好き放題って感じ(爆)
スヌーピー、ビックリだったよぉ~~(泣)

2013/02/24 (Sun) 14:24 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  ムーンライズ・キングダム/MOONRISE KINGDOM
  • 意外と有名な俳優さんが出演・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 1965年、ニューイングランド沖にある小さな島で、12歳のサムはボーイスカウトのキャンプから脱走する。 1
  • 2013.02.16 (Sat) 06:38 | いい加減社長の映画日記
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ムーンライズ・キングダム/ジャレッド・ギルマン
  • 『ダージリン急行』のウェス・アンダーソン監督が60年代を舞台に、とある小島で起きた少年少女の逃避行劇と彼らを追う大人たちの騒動をユーモラスに描いたハートフル・コメディ。 ...
  • 2013.02.16 (Sat) 09:38 | カノンな日々
この記事へのトラックバック
  •  ムーンライズ・キングダム
  • ページェントの起源のような物語 公式サイト。公式マップ。原題:Moonrise Kingdom。ウェス・アンダーソン監督、カーラ・ヘイワード、ジャレッド・ギルマン、ブルース・ウィリス、エドワ ...
  • 2013.02.16 (Sat) 10:01 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  •  ムーンライズ・キングダム / MoonriseKingdom
  • ランキングクリックしてね ←please click 「アンソニーのハッピーモーテル」「天才マックスの世界」とインディペンデント通な人たちから 愛されてきたウェス・アンダーソン監督
  • 2013.02.16 (Sat) 10:26 | 我想一個人映画美的女人blog
この記事へのトラックバック
  •  『ムーンライズ・キングダム』
  • オーケストラのように子供たちが見事なアンサンブルを奏でた時、ウェス・アンダーソン版『小さな恋のメロディ』が生まれる。 独特の映像世界観を持つウェス・アンダーソン監督作 ...
  • 2013.02.16 (Sat) 11:28 | こねたみっくす
この記事へのトラックバック
  •  ムーンライズ・キングダム
  • 評価:★★★☆【3,5点】(12) 冒頭から不思議な世界に迷い込んだ子羊のワタシ。
  • 2013.02.16 (Sat) 13:58 | 映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  ムーンライズ・キングダム
  • 【MOONRISE KINGDOM】 2013/02/08公開 アメリカ PG12 94分監督:ウェス・アンダーソン出演:ブルース・ウィリス、エドワード・ノートン、ビル・マーレイ、フランシス・マクドーマンド、ティルダ...
  • 2013.02.16 (Sat) 23:17 | 新・映画鑑賞★日記・・・
この記事へのトラックバック
  •  小さな恋の王国~『ムーンライズ・キングダム』
  •  MOONRISE KINGDOM  1965年。ニューイングランド沖、周囲約26キロの小島。12歳のサム(ジャ レッド・ギルマン)とスージー(カーラ・ヘイワード)は駆け落ちをする。出会って すぐに惹
  • 2013.02.16 (Sat) 23:46 | 真紅のthinkingdays
この記事へのトラックバック
  •  『ムーンライズ・キングダム』
  • □作品オフィシャルサイト 「ムーンライズ・キングダム」□監督 ウェス・アンダーソン □脚本 ウェス・アンダーソン、ロマン・コッポラ□キャスト ジャレッド・ギルマン、カーラ・...
  • 2013.02.17 (Sun) 08:14 | 京の昼寝〜♪
この記事へのトラックバック
  •  [映画『ムーンライズ・キングダム』を観た(未完成)]
  • ☆・・・「小さな島の、小さな恋のコメディ・・・、というには深みもあり」・・・。  この作品も、全く予備知識がないままに観た。  かなりの傑作なのでびっくりした。  その作...
  • 2013.02.17 (Sun) 08:30 | 『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭
この記事へのトラックバック
  •  映画・ムーンライズ・キングダム
  • 2012年 アメリカ 原題 Moonrise Kingdom 「月の昇る王国」とは一体どんなところなのでしょう? 1965年、夏 アメリカのニューイングランド沖に浮かぶ小島、ニューペンザンス島 12歳の
  • 2013.02.17 (Sun) 14:27 | 読書と映画とガーデニング
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  映画「ムーンライズ・キングダム」感想
  • 映画「ムーンライズ・キングダム」観に行ってきました。1960年代、アメリカ北東部に浮かぶ小さな島を舞台に、一組の少年少女の行動とそれに振り回される大人達の姿を描いたコメ...
  • 2013.02.19 (Tue) 21:38 | タナウツネット雑記ブログ
この記事へのトラックバック
  •  『ムーンライズ・キングダム』
  •           12歳、サムとスージーの“駆け落ち”が               みんなに魔法をかけました。            『ムーンライズ・キングダム』 監
  • 2013.02.20 (Wed) 21:56 | pure breath★マリーの映画館
この記事へのトラックバック
  •  ムーンライズ・キングダム
  • ちょっと変な人たちのアンサンブル 公式サイト http://moonrisekingdom.jp監督: ウェス・アンダーソン 「ザ・ロイヤル・テネンバウムズ」 「ダージリン急行」1965年、アメリカの
  • 2013.02.26 (Tue) 10:34 | 風に吹かれて
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  小さな恋と子供と大人
  • 12日のことですが、映画「ムーンライズ・キングダム」を鑑賞しました。 1960年代ニューイングランド島 ボーイスカウトに所属する少年サムと少女スージーは文通を始め、駆け落ち 逃避...
  • 2013.03.04 (Mon) 21:20 | 笑う社会人の生活
この記事へのトラックバック
  •  ムーンライズ・キングダム
  • 欠点だらけの大人たちを、少年少女の純粋な恋が変えていく。 黄色がかった色彩はまるで絵本を見てるよう。横スクロールで進む映像もそれに拍車をかける。 ブルース・ウィリス、エ
  • 2013.08.02 (Fri) 09:48 | いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。