心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2018年06月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2018年08月
TOP映画 ら行 ≫ ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日

lifeof49.jpg

小説のネタ探しをしていたカナダ人ライターは、パイ・パテル(イルファン・カーン)というインド人男性の冒険譚を聞く。

1976年のインド。
動物園を経営していたパイ(スラージ・シャルマ)の一家は、カナダへ移住するため貨物船に乗り込んだ。
しかし、途中で嵐に遭遇し、船は沈没。
運良く救命ボートに乗り移ることができたパイは、シマウマやハイエナ、オランウータン、そしてリチャード・パーカーと名付けられたベンガルトラと漂流することになる…。


ヤン・マーテルのベストセラー小説「パイの物語」を映画化。
ベンガルトラと大海原を漂流することになった少年のサバイバルを描く。

2013年 1/25公開 アメリカ映画
監督 アン・リー

二つの物語{★★★★㊤4/5}

獰猛なトラと漂流するなんて、奇想天外なストーリーの結末はどんなものか。
アカデミー賞では、監督賞、作品賞と11部門でノミネートされた期待の作品です。

冒頭、インドの豊かな色彩など映像は美しいのですが、名前やパイというあだなの由来、家族のお話に、ヒンドゥー、カトリック、イスラム教と、3、40分近くの回想でしょうか、もしかしたら、これ、ダメかも…と不安になっちゃうくらい長さを感じました。
ここに時間を割くんだから、伏線になるのだろうと頑張りましたけど、結構、きつかったです…。
が、、、一家が動物連れて、日本の貨物船に乗り込んでから、恐怖とファンタジー、不思議と驚きの空間世界が続き、一緒に大海原を体感しているようで、あっと言う間のエンディングでした。
2D版でも臨場感のある映像体験だったので、3Dは見応えあるでしょうね。
ファンタジックな漂流話のような予告でしたが、想定外に深い内容で、大きく展開するラストには、そういうことかと納得でき、入り込みには時間がかかるんだけど、手がけるジャンルの幅広さを証明したアン・リー監督の傑作ではなかろうかと思います。
LIFE OF PI88
脚を折ったシマウマ、子供を見失ったオランウータン、ハイエナ、そしてベンガルトラの“リチャード・パーカー”が“パイの箱舟”に乗り込んだ。
やがて小さなボートでは、自然界のルール弱肉強食が始まる。
パイはパーカーに占領されたボートに“別荘”を結びつけ、果てしない太平洋をただ彷徨い続けることになる。
クラゲの大群、トビウオの群、クジラのジャンプ、満点の星空など、究極のサバイバルを経験した者にだけ与えられる自然の神秘が、圧倒的な映像美でスクリーンに広がり、太平洋の漂流にもかかわらず、まるで宇宙空間を漂っているような幻想的で不思議な感覚にさせられます。
笛を吹き、餌付けしながら次第にリチャード・パーカとの距離を縮めていくパイ。
襲い来る不運を前に神を冒涜し、奇跡に感謝する。
そして本当なのか嘘なのか?現実的でありながらもファンタジーな映像の種明かしに、苛酷な状況を耐え抜いた精神力の強さと、イマジネーションが生きる力になったことを教えられる。
LIFE OF PI04
ミーアキャットが住む不思議な島には冒頭の伏線が活かされています。
わずかなシーンにジェラール・ドパルデューが登場したのも意味があったのですね。
貨物船の食事シーンは重要な場面でもあるようです。
リチャード・パーカに与える魚を何度も叩きつけ、命が果てたとき涙を流しながら謝ったパイ。
夜の海を静かに見つめるリチャード・パーカの後ろ姿、海面に浮かび上がるパイとリチャード・パーカの顔。
終った後、リチャード・パーカ側から考えてみると色々と見えてくることがあるようです。
けれど私もライターと同じように解釈したい。
LIFE OF PI888
円周率が無限に続くように、命も永遠に続いていく。
生命の尊さが心に響いてくる作品でした。
3Dでもう一度観てみたい。(IMAXで観ました~3Dは苦手ですが、こちらはお薦め~~!!)
“リチャード・パーカ”の名前の意味は公式ページでチェック!
こちら

Comment

こんにちわ
編集
この映画って、人間4人の話かトラと漂流した話か、どちらを信じるかによって、その人の人生観みたいなものが見えてくるのかも知れませんね。
前半のしんどさを抜けた後に待っている漂流記は素晴らしかったです。
2013年01月26日(Sat) 16:33
こんばんは♪
編集
私も最初の30分ちょいくらいは長く感じました。
でもその後の映像の美しさは素晴らしかったです。
いつも文句言う3D字幕で観ましたがちゃんと3D効果も感じられて良かったです。トビウオのシーンは思わずよけましたから(笑)
2013年01月26日(Sat) 22:48
こんにちは。
編集
実は、海にでるまでがキツクってウトウトしかかったです(^^;
ヒエラルキーの頂点に居るのはやっぱり人間になるのだなーとか、その知恵が人間を愚かにもするのだとか、まぁ考えることはいろいろあるのだけど、私にとっては、この映画は映像美を楽しむ映画でした。

2013年01月27日(Sun) 09:41
こんにちは
編集
現実的な話と非現実的に感じる話のどちらが
正しいかは一切分からないですが、
展開のまとめ方、映像の素晴らしさを含めて
アン・リーの巧さを感じました。
2013年01月27日(Sun) 12:21
映像にため息・・・
編集
児童文学だから、と思って気楽に行ったら
意外と奥が深かったね~!

3D、字幕で観たんだけど、かなりストーリーに効果的だったv-221
トビウオのシーンは、身の危険を感じて寸でのところで避けたわ(笑)
ラスト、想いはオリブリたんと一緒(u_u;
2013年01月27日(Sun) 13:03
にゃむばななさんへ
編集
こんにちは。

ですね~本当でもそうでなくても、それが問題ではないということを最後には観客にも体験させる。
それぞれの人生観で解釈できる作品だと思います。
それにしても、前半はしんどかったですよね。
2013年01月27日(Sun) 13:23
yukarinさんへ
編集
こんにちは。
やっぱり3Dは良さそうですねぇ~。
地元では通常字幕だけでしたが、近いうちにIMAXでも行ってこようかな~。

2013年01月27日(Sun) 13:26
たいむさんへ
編集
こんにちは。

前半のモチベーションから抜け出せなかったとか(笑)
わたし、数回、ウルっとしてしまいましたよ^^
ラストの流れはともかく、やせ細ったパーカーの背骨や立ち去る時の後姿とか切なくて。
海洋生物の映像は魅力的でしたね~臨場感タップリで、あれがCGだなんて、信じられないくらいリアルでした。
2013年01月27日(Sun) 13:34
daiさんへ
編集
こんにちは。

どちらが正しいかを問う作品ではなく、映像の素晴らしさを通して、生命の尊さを見せられましたね。
アン・リー監督の作品では、苦手な内容もあるのですが、さまざまなジャンルで確実に才能を発揮されますよねぇ~天才でしょうか^^
2013年01月27日(Sun) 14:25
kiraたんへ
編集
こんにちは。

トラと漂流?って、怖いもの観たさのファンタジックなイメージでいったら、ちょっと面食らうかも(^_^;)
小さいお子様向けではないね。。。
苛酷なサバイバルをズバリ見せるのではなく、幻想的な中にも恐怖と厳しさ、神秘性を圧倒的な映像で魅せられて、そういうことなのね、と思ってみても、やっぱりパーカーと漂流したと思いたいな^^
わかった!!
3D行く!!(爆)
2013年01月27日(Sun) 14:36
不覚にも、、
編集
映像派のワタシとしては(←なにをえらそうに)3D映像の数シーンで
飛び出し映像にびっくりしてしまいました(爆)

日本の貨物船の保険請求用のための報告書の物語りと
作品の物語りどちらが人は信じるか?だけですよね。
内藤さんと斎藤さんも報告書の最後の一行に粋な言葉で綴ってました(笑)

ワタシももう一回観たい!(笑)
2013年01月27日(Sun) 20:32
編集
大物俳優のドパルデューが、なぜちょっとしか出演していないんだろうと思ってみていましたが、重要なキャラだったんですね。
たった2シーンで人物の性格をちゃんと表さないといけなかったんですね。
2013年01月28日(Mon) 11:48
編集
オリーブリーさん
こんばんは、3Dで観直すんですね!すごい。
私は1回でいいかなぁ
そう考えると☆8つけたのはあまかったかなって気もスルけど
でもなかなか映像で楽しんだところが大きかったかも。
ぜひまた3dの感想聞かせて下さいネー
2013年01月29日(Tue) 00:25
itukaさんへ
編集
こんばんは~。

ふんふん、映像派もうならせたのですね~~(笑)
IMAXは年がら年中2200円。
利点は、会員だとその料金でエグゼシートに座れるぐらい^^
明日、エグゼ取れたので、観てきますよ!
トビウオのウロコ(?)が肌とかにこびり付いてるのリアルでした~確かに、あの飛び交う大群とか避けそうな感じがする(笑)

>内藤さんと斎藤さん

えーー?!
そんな名前まであったのぉ~気づかないかったわん(^_^;)

どちらを信じるか信じないか、観客次第ということですよね。
経験値や人生観でも違うと思うし、何事も真実を追究するのが人生で大切なことだとも思えませんね。
2013年01月30日(Wed) 00:25
風子さんへ
編集
こんばんは。

私もこんなわずかなのに、、、と思いましたが、なーるほど、だからか~と思いました。
アナザーストーリーの船上のシーンが、こうだったのではないかと、何となく頭に浮かんできますよね。
ジェラール・ドパルデューのキャスティングは重要でした!
2013年01月30日(Wed) 00:29
migさんへ
編集
こんばんは~。

昨日、IMAXで観てきましたよぉ~。
海洋生物のシーンは、3Dで観て良かったです~何度か避けてしまいました(笑)
改めて、パーカーの存在がどんなものだったかと考えました。
自分自身であり、友であり、神だったのだろうな~と漠然と感じました。
2013年01月31日(Thu) 22:09
編集
映像も物語も、すごかったです。
最後に、あんなオチが待っているなんてねえ。
IMAXだったら、もう一回観てもいいなっ!
2013年02月01日(Fri) 23:34
ボーさんへ
編集
こんばんは。

>映像も物語も、すごかったです。

うんうん( ゚ー゚)( 。_。)ウン♪
どんなに映像が良さそうでも、物語がイマイチだったらリピートしようとは思わないんだけど、これは「アバター」以来、3Dだわ!と思いました(笑)
漂流シーンは波の動きとかもめちゃリアルでした。

ずっと信じて観てきたのに、えーそうきたっ?!な別物語!
パーカーは、パイ自身であり、友であり、神であり、、、深い物語になりましたよね。
後姿の別れのシーンは、忘れらない名場面となりましたよ。
2013年02月03日(Sun) 02:27
もう一度
編集
見て、じっくりと考えたいものですが、普通の3Dしかないんで、画面がどうしても暗くなるんですよね。
再見も2Dかな。
いや、これくらいは3Dで見ておくか。

私は、その眠くなりそうな前半が面白くて、面白くて、どう宗教と折り合いをつけていくのか、神をどう見出すのか!!そこに興味が行ってしまいました。
で、何かぼやかされたような。。。
どこか居心地の悪さを感じさせたのが狙いだったのか、自分の中でも収まりがついてないです。
2013年02月04日(Mon) 09:59
sakuraiさんへ
編集
こんばんは。

苦手な私が見直したくらいですから、せっかくだから、1度は3Dでどうぞ~^^(笑)

二度目では、前半がそんなに退屈ではなかったのですよ。
宗教観の深いところまでは分かりませんが、パイは神と共に漂流したのだろうとは思いました。
まあ、なんていうか、都合の良い時だけ神頼みの日本人にとっては、「神」の存在や信仰について、それなりの解釈ができるような内容だったと感じました。
2013年02月08日(Fri) 00:40
ラストの解釈
編集
オリーブリーさん☆
幻想的な映像にすっかり心を奪われる作品でしたね。
私もIMAXで観て、大正解でした~~

ラストで保険調査員のレポートにもトラと漂流と書かれていて、彼らがライターと同じ解釈をしてくれていたことに、ちょっと安堵しました。
哲学的な部分はじっくり考えれば考えるほど深いですね~
2013年02月14日(Thu) 10:10
まだ~むさんへ
編集
こんばんは。

IMAX上映用に撮影されているみたいなので、割高な料金でも損はないですよね!

>彼らがライターと同じ解釈をしてくれていたことに、ちょっと安堵しました。

粋な計らいでした^^
単純なファンタジー・アドベンチャーかと楽しみにしていたら、意外な方向へ導かれ、深い展開に大満足でした♪
2013年02月17日(Sun) 19:12












非公開コメントにする
Trackback

Trackback URL

劇場鑑賞「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」
希望は、失わない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301250003/ Life of PiSoundtrack Sony Classics 2012-11-20売り上げランキング : 2018Amazonで詳...
2013年01月26日(Sat) 15:50
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
22/7≒円周率=π(パイ) 公式サイト。原題:Life of Pi。ヤン・マーテル原作、アン・リー監督。スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、ジェラール・ドパルデュー、タッブー、アディ ...
2013年01月26日(Sat) 16:10
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
トラと漂流した227日に及ぶ神秘の世界。 ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルの小説を映画化したこの作品は、あのラストをどう解釈するかで評価も別れてくるものの、宗教という神秘 ...
2013年01月26日(Sat) 16:31
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日
原題:Life of Pi監督:アン・リー出演:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー
2013年01月26日(Sat) 16:48
ライフ・オブ・パイ
人生って冒険なのよね。  
2013年01月26日(Sat) 17:20
ライフ・オブ・パイ / トラと漂流した227日 ジャパン・プレミア
二つの物語あなたが選ぶのは?公式サイト http://www.foxmovies.jp/lifeofpi1月25日公開原作: パイの物語 (ヤン・マーテル著/竹書房)監督: アン・リー小説のネタを探し
2013年01月26日(Sat) 18:10
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日@ユナイテッドシネマ豊洲
2013年01月26日(Sat) 19:07
映画レビュー「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」
Life of Pi◆プチレビュー◆摩訶不思議なサバイバル劇「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」。圧倒的に美しい3D映像に息を呑む。 【85点】 インドで動物園を経営するパテル ...
2013年01月26日(Sat) 19:22
映画:ライフ・オブ・パイ  当ブログ的には、ぶっちゃけ!! かなりの問題作扱い(笑) ネタバレ注。
当ブログの歴代ベスト3D映画は「アバター」 その理由は、J キャメロン渾身の3D 映像美だった。 そして! その J キャメロンもが絶賛する3D 映像美がこの映画。 漂流する小舟で主人
2013年01月26日(Sat) 20:23
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 IMAX-3D/スラージ・シャルマ
カナダ人作家のヤン・マーテルが2001年に発表し 世界的な文学賞ブッカー賞に輝いたベストセラー小説「パイの物語」をオスカー受賞監督であるアン・リー監督が映画化した作品です。16 ...
2013年01月26日(Sat) 22:22
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
【LIFE OF PI】 2013/01/25公開 アメリカ 127分監督:アン・リー出演:スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、アディル・フセイン、タブー、レイフ・スポール、ジェラール・ドパルデュー ...
2013年01月26日(Sat) 22:29
[映画『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』を観た(寸評)]
☆なかなかの傑作でした。  物語展開上、良くも悪くも、あまりにもスムーズに話が進むので、ご都合主義的に思えようが、そこは、私、一種の大人のファンタジーとして見たので、問
2013年01月26日(Sat) 23:23
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
散りばめられたπ 【Story】 小説のネタを探していたカナダ人作家(レイフ・スポール)は、パイ・パテル(イルファン・カーン)というインド人男性を訪ね、彼の語る驚愕の冒険話
2013年01月27日(Sun) 12:17
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
なぜ少年は、生きることができたのか。 命を奪うのか、 希望を与えるのか 原題 LIFE OF PI 製作年度 2012年 上映時間 127分 原作 ヤン・マーテル『パイの物語』(竹書房刊) 脚本 デヴィッ
2013年01月27日(Sun) 12:53
『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』
(原題:Life of Pi) 「この映画。 実は次の言葉ですべてを言い表せられる。 『Miracle&Beautiful』。 ほんとうは、もうそれだけで語らなくてもいいほど。 導入部、 少年パイが船に乗るまで...
2013年01月27日(Sun) 17:53
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
評価:★★★★【4点】(13) いろんな解釈のできる映画ならではの語り口の広がり
2013年01月27日(Sun) 19:58
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
幻想的な映像美は見応えあり。
2013年01月27日(Sun) 22:50
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日(3D字幕) / LIFE OF PI
ランキングクリックしてね ←please click  文学界の権威あるブッカー賞を2002年に受賞した世界的ベストセラー小説『パイの物語』を、 アン・リー監督(「ブロークバック・マウ
2013年01月27日(Sun) 23:49
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」君は生き延びることができるか?
[ライフ・オブ・パイ] ブログ村キーワード  「ブロークバック・マウンテン」で、≪アカデミー賞・監督賞≫を受賞したアン・リー 監督が挑む、3Dアドベンチャー超大作。「ライフ・
2013年01月28日(Mon) 00:10
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
ヤン・マーテル著の『パイの物語』をアン・リー監督が映画化したファンタジックな作品です。 トラと漂流している予告編を観た時から、一体どうなるのだろうと気になっていました。
2013年01月29日(Tue) 08:38
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 ★★★★
世界的な文学賞ブッカー賞に輝いたヤン・マーテルのベストセラー小説「パイの物語」を、『ブロークバック・マウンテン』などのアン・リー監督が映画化。動物園を経営する家族と航行...
2013年01月31日(Thu) 14:41
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日 3D
全く期待せず、とりあえず映像だけでも楽しめそうなんて思いながら『ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日』をIMAX3Dで観てきました。 ★★★★★ ごめんなさい。 映画としてサイコ
2013年02月01日(Fri) 01:01
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」
映像の美しさ。動物、とくにトラの動き。驚きの物語。 映画芸術を堪能させていただきました!
2013年02月01日(Fri) 21:52
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 ★★★*☆
主人公パイは幼少のころからヒンドゥー教、キリスト教、イスラム教、さらにはカバラ秘術までを学ぶ。 ここまで見たところで、アン・リー監督の旧作「グリーン・デスティニー」が
2013年02月02日(Sat) 19:48
少年と海、リチャード・パーカー ~『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 【2D・字幕版】
 LIFE OF PI  インド・フランス領区に住む少年パイ(スラージ・シャルマ)は、動物園を営む 家庭に育った。一家でカナダに移住することになったパイは、家族と、動物たち とともに...
2013年02月03日(Sun) 00:01
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 3D字幕
                  なぜ少年は、生きることができたのか。 『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』 3D字幕 監督・・・アン・リー 原作・・・ヤン・マ
2013年02月03日(Sun) 00:42
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
2013年1月31日(木) 21:15~ TOHOシネマズ川崎6 料金:1500円(レイトショー料金+3D料金メガネ持参) パンフレット:未確認 その名は、リチャード・パーカー 『ライフ・オブ・パイ/
2013年02月03日(Sun) 14:14
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日/LIFE OF PI
ずいぶん溜め込んでしまった・・・ 「オフィシャルサイト」 【ストーリー】 モントリオール在住のインド系カナダ人のパイ・バテルのもとに、新作に行き詰まった若いライターが訪ね
2013年02月03日(Sun) 18:14
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」
2月1日のファーストデーに話題の映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」を鑑賞しました。
2013年02月03日(Sun) 21:44
ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日間
これはファンタジーと考えていいのでしょうかねえ。見てて違和感を感じた自分はやっぱリアリスト?
2013年02月04日(Mon) 10:00
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」映像の魔法に身をゆだねる心地よさ
映画「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日/3D鑑賞」★★★★ スラージ・シャルマ、イルファン・カーン、 ジェラール・ドパルデュー出演 アン・リー監督、 127分、2013年1月25日よ
2013年02月05日(Tue) 07:24
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日・・・・・評価額1800円
割り切れない、宇宙の理。 太平洋のど真ん中を、トラと共に救命ボートで227日間に渡って漂流・・・。 一人のインド人少年の極限のサバイバルを描いた、ヤン・マーテル原作のベスト...
2013年02月05日(Tue) 22:55
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日  監督/アン・リー
【出演】  スラージ・シャルマ  イルファン・カーン  ジェラール・ドパルデュー 【ストーリー】 モントリオール在住のインド系カナダ人のパイ・バテルの元に、新作に行き詰まった...
2013年02月07日(Thu) 00:38
映画:「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」~劇場で
3Dで見てきました。どうせ見るなら、よくよくの理由のない限り3Dをお勧めします。なにせ、監督自身が「2Dで作れってなら、俺は降りる」って言ったようですから~。 → 「2D
2013年02月11日(Mon) 23:56
映画:「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」~劇場で
3Dで見てきました。どうせ見るなら、よくよくの理由のない限り3Dをお勧めします。なにせ、監督自身が「2Dで作れってなら、俺は降りる」って言ったようですから~。 → 「2D
2013年02月11日(Mon) 23:56
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」小説は奇なり
当初は全く眼中になかったこの作品。 アカデミー賞で11部門もにノミネートされただけでなく、周りの評価も高いものだから、俄然期待が高まっちゃった。 満を持してIMAXで鑑賞して
2013年02月14日(Thu) 10:04
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 動物ものはあまり好みではありませんが、世評が高いので観に行きました。  予想していた筋立ては、少年とトラの漂流という牧歌的でありながら緊張感を孕む展開という程度にすぎ
2013年02月16日(Sat) 09:51
『ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日』
 動物ものはあまり好みではありませんが、世評が高いので観に行きました。  予想していた筋立ては、少年とトラの漂流という牧歌的でありながら緊張感を孕む展開という程度にすぎ
2013年02月20日(Wed) 05:18
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
【=15 うち今年の試写会2】 今日と明日は滋賀県大津市でお仕事、この週末は波乗り出来そうにないので、出張出発前に地元の海で1ラウンドやっておきたかったので昨日寝るのが遅かった...
2013年02月26日(Tue) 13:11
漂流の果てに
28日のことですが、映画「ライフ・オブ・パイ トラと漂流した227日」を鑑賞しました。 1976年 インドで動物園を経営するパイの一家はカナダへ移住するため太平洋上を航行中に嵐に襲わ...
2013年02月27日(Wed) 20:10
ライフ・オブ・パイ   トラと漂流した227日
映画館をチェックしたら3Dは吹き替えが多くて・・・字幕版で時間帯もよかったので TOHOシネマズMM横浜で鑑賞しました。 今まで、3D映画は109シネマズで観ることが多かったので...
2013年03月12日(Tue) 17:07
映画「ライフオブパイ」
※この記事は私の極めて個人的な感想であり、しかも重大なネタバレを含んでいますのでご注意ください。また、下記に書く登場人物の台詞はみな私のうろ覚えなので、正確さに欠けるこ...
2013年04月28日(Sun) 02:04
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
普通に考えるとトラと漂流したら真っ先に喰われちゃうものと思います。…が、人がもつ生命力というものは凄いものですね。主人公であるパイは自分が襲われないように、トラの腹をす...
2013年06月12日(Wed) 13:50
ファンタジーにしといてほしかったな〜。〜「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」〜
漂流してるうちにトラと仲良くなりましてんっていう ありえない奇跡かと思ってたんですが、全然違ってましたね。(^^; DVDで鑑賞。 ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日 2枚組ブルー
2013年06月20日(Thu) 10:29
ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日
LIFE OF PI 2012年 アメリカ 127分 アドベンチャー/ドラマ 劇場公開(2013/01/25) 監督:アン・リー 製作:アン・リー 原作:ヤン・マーテル『パイの物語』 出演: スラージ・シャ...
2013年07月27日(Sat) 01:19
「ライフ・オブ・パイ〜虎と漂流した227日間〜」
公開当時「あの虎は全部CGなんだって!!」と、朝のワイドショーの受け売りで息子が興奮して叫んできたので、一緒に観に行く事を決意。 素晴らしい映像美!鮮やかで美しく、ロ
2013年09月18日(Wed) 12:59
「ライフ・オブ・パイ/トラと漂流した227日」 だから人は物語る
世界は無慈悲なまでに人とは関係なく存在する。 圧倒的な世界を前にして、人は自分と
2014年04月19日(Sat) 16:44