FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

Anonymous10.jpg
16世紀末、エリザベス1世統治下のロンドン。
巷では演劇が盛んに行われ、人々を夢中にさせていた。
しかし、女王の側近ウィリアム・セシル卿(デヴィッド・シューリス)は、芝居に民衆が扇動されることを恐れ、息子のロバート(エドワード・ホッグ)とともにその弾圧を強めていく。
文才に長けた知識人であるオックスフォード伯エドワード・ド・ヴィア(リス・エヴァンス )は、牢に捕われた作家ベン・ジョンソン(セバスチャン・アルメストロ)を釈放し、自分が書いた戯曲をベンの名で上演するよう提案する。
セシルと対立を深めるエドワードは、芝居を利用して政治を動かそうと試みるが…。


シェイクスピア別人説の謎に迫った歴史ミステリー。
あるひとりの貴族の愛憎と陰謀渦巻く数奇な運命を描く。

2011年 12/22公開 イギリス/ドイツ映画
監督 ローランド・エメリッヒ
異説と思えない{★★★★4/5}

「インデペンデンス・デイ」など、SFや娯楽性が強いローランド・エメリッヒが、文学的な作品をどう料理するのか。
年末は忙しくて、持ち越したけど、リピート除けば新年最初となったこちらの作品、面白い歴史ミステリーからスタートできて満足でした。
フィクションとして割り切ってみても、詳しい方からはツッコミ必須な内容かと思いますが、実在の人物と歴史的な出来事、CG再現された16世紀チューダー朝のロケーション、現在と過去を行き来しながら、シェイクスピアの舞台劇と絡ませていくストーリーに惹きつけられました。
権力闘争やエリザベス女王との恋愛、戯曲家同士の争い嫉妬、戯曲に誘導される世論など、大胆な異説ミステリーは、エンタメ映画として楽しめる一品です。
Anonymous002.jpg
キャストも豪華。
現代の舞台から、ナレーションと共に16世紀のイングランドへと導くのは「ハムレット」のデレク・ジャコビ。
エリザベス女王にヴァネッサ・レッドグレイブ。
オックスフォード伯エドワードにリス・エヴァンス。
若きエリザベスには、ヴァネッサ・レッドグレイブの娘、「ドラゴン・タトゥーの女」のジョエリー・リチャードソン。
若きオックスフォード伯は、「スウィーニー・トッド~」のジェイミー・キャンベル・バウワー。
「ハリポタ」シリーズのデヴィッド・シューリス、ストラットフォードのウィリアム・シェイクスピアには、ティモシー・スポイルの息子、レイフ・スポール。
他、イケメンが数名(笑)
Anonymous003.jpg
原題は「Anonymous」=匿名。
シェークスピア本人筆の原稿がないとか、田舎育ちの職人の息子が王侯貴族の戯曲を書けるのかと、別人説が語られるなら、貴族の身分で文武両道のエドワードが、実は、、、という流れは説得力がある。
本作では、「誰が書いたのか(誰がシェークスピアなのか)」という謎解きより、エドワードが秘密にしなければならなかった事情が、過去を遡りながら紐解かれていきます。
臨終、作品を渡していた劇作家のベン・ジョンソンから称賛され、エドワードは後世に名を残すことより、自分の言葉を多く残せた喜びに満たされる。
この場面、エドワードの人生観がギュッと凝縮されているようで胸が熱くなります。
エセックス伯だけに限らないエリザベスの隠し子説、エドワードの出生の秘密、なかなかスリリングなものでした。
もうひとりの

シェイクスピア別人説

フランシスコ・ベーコンもエセックス伯と同じくエリザベス1世の隠し子説があるならば、その二人の後見人であるウイリアム・セシルがオクスフォード伯エドワードの後見人でもあり、自分の娘を嫁がせていることから、うーん、なるほど、、、と肯いてしまう(洗脳された~苦笑)
2013.01.10 / Top↑
Secret

TrackBackURL
→http://jdyk060911.blog93.fc2.com/tb.php/1023-d3fc9693