--_--
--
(--)--:--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2007_05
11
(Fri)13:49

ミート・ザ・ペアレンツ2



恋人パム(テリー・ポロ)の父親ジャック(ロバート・デ・ニーロ)から、ようやく結婚の許しを得たグレッグ(ベン・スティラー)
今度は自分の両親に会うため、西海岸の実家に出かけることになった。

グレッグはジャックに、父は弁護士、母は医者と説明していたのだが、
本当は父・バーニー(ダスティン・ホフマン)は、本業を休業中で専業主夫、
母・ロズ(バーブラ・ストレイザンド)も医者ではあるのだが、高齢者向けの性生活カウンセラーを営んでいた。
おまけに2人は、開放的で変わっている。
堅物のジャックとは何もかもが対称的だった。

『ミート・ザ・ペアレンツ』第二弾。
“父親”VS“娘の恋人”のドタバタを描いた前作から、
“花嫁の父”VS“花婿の父”の対決に。

息子に“ゲイ”ロードと名付けるような、超個性的な両親。
そんなフォッカー家と厳格で子どもの躾にうるさいバーンズ家…
まったく違う性格でありながら、どこか似た者同士の父親二人が激しいバトルを繰り返す。

面白かった!!
私は、前作よりこちらの方が、楽しかった。
オスカー俳優が揃いも揃って下ネタ連発する映画、いいんだろうかあ?(爆)
下ネタがダメな人は苦手かもしれないけど…

ジャックの最愛の孫、リトル・ジャック君の登場で更にコネタ満載。
この赤ちゃん、本当に可愛い。
彼用のグッズも笑いの対象だし、
グレッグとリトル・ジャックの絡みも笑える。
何よりグレッグの両親が変人で個性的で面白すぎ。
愛犬までエロ君。
でも息子を愛してるんですよねえ~部屋に飾ってあるものもユニーク。この夫婦に段々感化(?)されていくママの様子も可愛い♪

ストーリーは単純。
前作のメンバーに、ダスティン・ホフマンとバーブラ・ストレイザンドが強烈な色を加えて、笑いは最高潮に。
どうぞ、末永くお幸せに♪
二人の孫が誕生して、両家のドタバタなど続編も観てみたいかな(笑)

*ジャックの特注品のキャンピングカー、す、すごいです!

2005年 11/6公開 アメリカ映画
監督 ジェイ・ローチ

C.O.M.M.E.N.T

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。