スポンサーサイト 

--, --. -- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

危険なメソッド 

2012, 11. 02 (Fri) 13:30

A DANGEROUS METHOD10

1904年、チューリッヒ。
若き精神科医ユング(マイケル・ファスベンダー)は、精神分析学の大家フロイト(ヴィゴ・モーテンセン)が提唱する“談話療法”を新たな患者ザビーナ(キーラ・ナイトレイ)に実践する。
彼女が抱える性的トラウマを突き止めたユングは治療に成功するが、二人はいつしか医者と患者の一線を越え、愛人関係となり、フロイトとの間にも溝が生じ始める…。


デヴィッド・クローネンバーグ監督が脚本家クリストファー・ハンプトンの戯曲を映画化した伝記ドラマ。
ユングとフロイトの友情と決別の軌跡を、知られざる史実をベースに実在したある女性患者との関係に焦点を当ててミステリアスかつ官能的に描き出す。

2012年 10/27公開 イギリス/ドイツ/カナダ/スイス映画
監督 デヴィッド・クローネンバーグ
キーラはスゴイ{★★★3/5}

デヴィッド・クローネンバーグ作品ではお馴染のヴィゴ・モーテンセンと、いまやあらゆるジャンルで引張りだこなマイケル・ファスベンダーが、偉大な心理学者であるジークムント・フロイトとカール・グスタフ・ユングを演じ、この二人に影響を与えたとされるザビーナには、キーラ・ナイトレイ、「快楽に身をゆだねろ」の一言で、ユングに火をつかせたフロイトの弟子、オットー・グロスにヴァンサン・カッセル(出番わずか)と豪華なメンバー。
一時は親密な交友関係にあったフロイトとユングが、理論や主義、環境、境遇の違いから、次第に懐を別つ過程と、統合失調症で精神病院に収容されたザビーナと一線を越えたユングの葛藤が軸となり、精神を病んだ経験者が精神科医を目指し、治療にあたった精神科医が心に不安を覚えていくというような、人間の精神の複雑さがあらゆる側面で描かれていました。
A DANGEROUS METHOD11
まるでサルのように下顎を突き出した表情、喋り方から身体の線ひとつひとつにまで、怒りや恐怖に囚われた内面感情を表現しつくしたキーラが見事でした。
その怪演は最初だけで、治療の効果で段々と普通になっていくので(そんなものなのか?と不思議だが)、後は全体的に地味な印象。
ヴァイオレンスも封印されてますから(苦笑)
でも病んでるキーラを観てると、こちらまで顔にシワが寄ってしまうから、これがもっと続くと、ホントに疲れたと思う。
(洗濯板の)胸ポロリ、お尻ペンペンと熱演でした(笑)
A DANGEROUS METHOD28
*精神、心理、性に対する議論を交わすシーンが多く、真面目に考えたことが無いので辛かった。
*わずかなワンシーンごとに、年代や場所が変わり、これも分かりにくくて戸惑った(ユングの奥さん、いつの間にか子だくさんで、時の経過だけが把握できる)
*ロケーションは美しい。
*四つんばいになったキーラの胸を見ると、相当な貧乳でビックリする(汗)
*「シェイム」以来、マイケルさんのラブシーンにはつきまとわれるモノが…。

コメント

めえめえ

キーラ、確かにコルセットから何かはみ出していましたね(汗)
「パイレーツ~」のときはかなり締め付けていたから、
お胸が盛り上がっていましたが、
胸で勝負しなくても、今回は冒頭の顔の部分だけで名演技でした…
精神分析学は難しかったです。

2012/11/02 (Fri) 23:49 | めえめえ | 編集 | 返信

dai

こんばんは

キーラを始め優陣は良かったと思うのですが、
会話劇という部分で盛り上がりに欠けているように
どうも感じてしまったのが残念でした。

2012/11/03 (Sat) 01:20 | dai | 編集 | 返信

オリーブリー

めえめえさんへ

こんばんは~。

段々と難しいセリフが多くなってきたけど、前半は見せ付けられましたねぇ。
キーラと同じように、下顎が出ちゃいそうになるほど、神経(?)が辛くなってきました(苦笑)
「パイレーツ」の時は、メイクさんがかなりの時間をかけて、ドレスの谷間を作り上げたそうですよo(^▽^)o

2012/11/04 (Sun) 23:24 | オリーブリー | 編集 | 返信

オリーブリー

daiさんへ

こんばんは。

俳優さんたちはみんな印象に残りましたが、お話はそんなにノレませんでした。
やはり舞台劇向きなのかもしれませんね。

2012/11/04 (Sun) 23:26 | オリーブリー | 編集 | 返信

ノルウェーまだ~む

しゃくれ顔

オリーブリーさん☆
BIGLOBEが5日間もメンテ中で、すっかり暇な日々でした(笑)

キーラ熱演でしたね。
私も途中からあっさりと治ってしまって、あとはなかったかのような振る舞いだったのが、ちょっと?でした。
途中の難しい会話でしっかりウトウトしてしまい、それで時代と場所が混乱したのかと思ったら、皆さんそうだったのね。安心した~~
オリーブリーさんがキーラの貧乳にビックリしていて笑っちゃいました!

2012/11/06 (Tue) 18:06 | ノルウェーまだ~む | 編集 | 返信

オリーブリー

まだ~むさんへ

こんばんは。

わわっ、、、メンテが5日間って、長いですっ!!
時間の余裕がある時に、何も出来ないって、辛いですよね、、、。

>途中からあっさりと治ってしまって

ですよね~~(苦笑)
あの状態のキーラで引っ張られる物語かと思ってたので、ちょっと肩透かしな感じはしました。
それだけユングの治療法に効果があったと取れるけど、結局、実体験(?笑)云々って、何だかなぁ~~でした(^_^;)
私も数回、声を殺して大あくびしましたけど、キーラの貧乳に眼が冷めました(大爆)
前半に良い演技しただけに、あの脱ぎっぷりは返ってマイナスでは??~なーーんて^^

2012/11/08 (Thu) 22:04 | オリーブリー | 編集 | 返信

にゃむばなな

こんばんわ

確かにこの作品は舞台向きなのかも知れませんね。
それにしてもキーラ・ナイトレイのまな板っぷり、もとい演技はお見事。
ちょっとオーバーアクトにも見えたところもありましたけど、この女優さんがオスカーを手にする日を楽しみに待ちたいと思えましたよ。

2012/11/28 (Wed) 17:44 | にゃむばなな | 編集 | 返信

オリーブリー

にゃむばななさんへ

こんばんは。

キーラは脱ぐ必要は全くありませんね(笑)
余計なモノは出さなくても、演技で勝負できます^^

2012/11/30 (Fri) 16:49 | オリーブリー | 編集 | 返信

sakurai

洗濯板!!

ヨシヒコ流にいうと、「ムネタイラ」なようですが、それでも惜しげなく(こんだけビッグネームになっても)さらけ出す魂には感服です。
わたくし、倫理などを教えながら、この二人のことを、きちんとわからず、適当に(すいません!)教えていたのですが、これでしっかとわかりました。
すんごくお勉強になったです。
クローネンバーグの映画でお勉強できるとは思わなかったです。
考えてみりゃ、ずっと精神世界を探求してきた方ですから、ここに行きつのも道理かも!と思ったところっす。

2012/12/19 (Wed) 13:53 | sakurai | 編集 | 返信

オリーブリー

sakuraiさんへ

先生っ!!!
さすが、こ、こんなお方まで教えるんですねぇ~ハイ(^-^)/
のんべんだら~~りと生きてる私には、一番難しい精神世界でしたわ(苦笑)
ただ、ユングって人が、プライベートでは妻頼りで周りの空気読めない鈍感な人だってことだけ分かりました(^_^;)
キーラは出さなくてもいいですよ、男性から見てもそそられないでしょう(笑)

2012/12/22 (Sat) 20:00 | オリーブリー | 編集 | 返信

コメントの投稿

非公開コメント

トラックバック

この記事へのトラックバック
  •  危険なメソッド/キーラ・ナイトレイ
  • デヴィッド・クローネンバーグ監督がクリストファー・ハンプトンの戯曲を映画化した伝記ドラマです。精神分析学者であるジークムント・フロイトとカール・グスタフ・ユングの師弟 ...
  • 2012.11.02 (Fri) 18:03 | カノンな日々
この記事へのトラックバック
  •  危険なメソッド
  • 精神分析のイノベーションを導いた美しき女性 公式サイト。A Dangerous Method。デヴィッド・クローネンバーグ監督、マイケル・ファスベンダー、ヴィゴ・モーテンセン、キーラ・ナイト ...
  • 2012.11.02 (Fri) 18:16 | 佐藤秀の徒然幻視録
この記事へのトラックバック
  •  危険なメソッド
  • Dangerous Method [DVD]クチコミを見る二人の偉大な心理学者と美しい患者との関係をスリリングに描く「危険なメソッド」。患者兼愛人をキーラ・ナイトレイが異様な表情で怪演する。1904年 ...
  • 2012.11.02 (Fri) 19:30 | 映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子の映画評
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  危険なメソッド
  • 無意識の意識 【Story】 1904年、若き精神科医ユング(マイケル・ファスベンダー)は高名な精神分析医フロイト(ヴィゴ・モーテンセン)が提唱する画期的な治療法を、新しく受け
  • 2012.11.03 (Sat) 01:17 | Memoirs_of_dai
この記事へのトラックバック
  •  危険なメソッド
  • 自分の精神分析はむずかしい公式サイト http://dangerousmethod-movie.comクリストファー・ハンプトン作の戯曲“The Talking Cure”の映画化監督:デヴィッド・ク
  • 2012.11.03 (Sat) 20:36 | 風に吹かれて
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  まとめ【危険なメソッド】
  • 1904年、チューリッヒ。 若き精神科医ユング(マイケル・ファスベンダー)は、精神分析学の大家フロイト(
  • 2012.11.04 (Sun) 23:15 | まっとめBLOG速報
この記事へのトラックバック
この記事へのトラックバック
  •  「危険なメソッド」イタくて、スキャンダラスな史実。
  • [デヴィッド・クローネンバーグ] ブログ村キーワード  ジークムント・フロイトとカール・グスタフ・ユング、精神医学の世界じゃ非常に名の知れたこのお2人。そんなに…って言うか、...
  • 2012.11.13 (Tue) 20:27 | シネマ親父の“日々是妄言”
この記事へのトラックバック
  •  危険なメソッド
  • 2012年11月3日(土) 19:35~ TOHOシネマズ川崎プレミアスクリーン 料金:0円(シネマイレージカード ポイント使用) 『危険なメソッド』公式サイト いつの間にやら色物から巨匠っぽ
  • 2012.11.14 (Wed) 00:33 | ダイターンクラッシュ!!
この記事へのトラックバック
  •  『危険なメソッド』
  • デヴィッド・クローネンバーグらしくない映画。ゆえに睡魔との闘いを強いられる。 精神科医の大家ジークムント・フロイトと心理学者カール・グスタフ・ユングの友情に決別をもた ...
  • 2012.11.28 (Wed) 17:50 | こねたみっくす
この記事へのトラックバック
  •  危険なメソッド ★★★
  • 「イースタン・プロミス」のデヴィッド・クローネンバーグ監督が、2人の精神分析学者、フロイトとユングの交流を、ユングの前に現れた魅力的な女性患者との関係を交えて描く。出演
  • 2012.12.07 (Fri) 14:55 | パピとママ映画のblog
この記事へのトラックバック
  •  フロイトとユングと1人の女性
  • 6日のことですが、映画「危険なメソッド」を鑑賞しました。 精神科医ユングとフロイトの出会い、交流、確執・・・ その間に大きな影響を与えた 女性ザビーナ ここまで、本格的にフ...
  • 2012.12.07 (Fri) 23:15 | 笑う社会人の生活
この記事へのトラックバック
  •  危険なメソッド
  • とっても勉強になりました。フロイトとユングの人となりが、よーくわかった。
  • 2012.12.19 (Wed) 13:54 | 迷宮映画館
この記事へのトラックバック
  •  映画『危険なメソッド』を観て
  • 12-83.危険なメソッド■原題:A Dangerous Method■製作年、国:2011年、イギリス・ドイツ・カナダ・スイス■上映時間:99分■字幕:グレイヴストック陽子■観賞日:10月27日、TOH...
  • 2013.01.09 (Wed) 23:35 | kintyre's Diary 新館
この記事へのトラックバック
  •  危険なメソッド
  • 1904年のチューリッヒ。精神科医ユングの元に運ばれてきた女性患者ザビーナ。彼女は幼い頃からの性的トラウマを抱え苦しんでいた。
  • 2013.01.12 (Sat) 21:10 | rambling rose
この記事へのトラックバック
  •  危険なメソッド
  • キーラ・ナイトレイ、ヴィゴ・モーテンセン、マイケル・ファスベンダー共演。 心理学の巨星、フロイトとユング。この二人が同じ学問を追究し師弟関係にありながらも決別した過程に迫る作品です。二人の間にはザビール・シュピールラインという女性心理学者が存在し、彼女が担当医だった妻子あるユングと不倫関係に陥った事で師であるフロイトを巻き込んだスキャンダラスな内容が描かれています。 三人の人生が重なり合...
  • 2013.10.31 (Thu) 08:34 | いやいやえん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。