2018_01
08
(Mon)17:25

お知らせです

2018年、平成30年、戌年。
長い間続けてきましたが閉幕します。
ここ数年は諸事情で忙しく、「観たい映画を観る」だけで精一杯。
「映画を観た。自分はこう思ったけど、他の人はどう感じたんだろう?」
そんな興味と言うのか、以前は気になっていたことに関心が薄れてしまったのがひとつ、ふたつめは引越して環境が変わり、これまでのような自分だけの時間と言えるものが少なくなり、有効に時間を活用しなくてはならなくなったこと。
そして、なにより「書く」と言う作業が私には重荷となり、書くために時間を作るというモチベーションにはなれませんでした。
映画はこれからも観続けていきますが、自分の感想云々を残したいと思わなくなった今、インスタとか簡単に「これ観た」で済ませてしまう方が気が楽になっています。
それでも「他の人はどう感じたんだろう?」と思う映画は必ずあると思うので、そんな時は、どんな映画もしっかりと観てしっかりと書かれているブロガーさんを参考にさせて頂きます。
10年11か月、多くの映画に出会い、多くの話題を知り、多くの方々の意見や感性に触れ、大変参考になりました。
今後は鑑賞記録としてタイトルだけを残していこうかなと考えています。
今日はGG賞授賞式もあり、「スリー・ビルボード」「レディ・バード」「シェイプ・オブ・ウォーター」など公開が待ち遠しく、3月には90回を迎えるアカデミー賞も楽しみです。
最後に、2017年劇場鑑賞映画は23本。
「ラ・ラ・ランド」「マンチェスター・バイ・ザ・シー」「マイティ・ソー バトルロイヤル」がマイ・ベストです(´▽`)
皆さまお世話になり、本当にありがとうございました。
これからも素敵な映画にたくさんたくさん出会えますよう♪
スポンサーサイト
2018_01
06
(Sat)18:16

WOWOWで観た。

「テッド2」
ted_two_ver5.jpg
もう何も言わない(/ω\)
★2
2015年公開

「サウスポー」
southpaw.jpg
王道ストーリーだけど、ジェイク・ギレンホールの肉体改造と役作りで素敵な作品に。
★4
2016年公開

「アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅」
alice through the looking glass
個人的には前作より良かった。
★3.7
2016年公開

「ニュースの真相」
truth.jpg
フェイクと言われるのは仕方ない感じ。
美味しいとこ取りばかりのロバート・レッドフォード(苦笑)
★3.5
2016年公開

「スーサイド・スクワッド」
suicide_squad.jpg
面白さが分からなかった。
ジャレット・レトのジョーカーは良かったわ。
★2.5
2016年公開

「高慢と偏見とゾンビ 」
pride and prejudice and zombies
姉妹がアクティヴで強い(笑)
★3.6

「マイ・ベスト・フレンド」
miss you already
女の友情モノ。
トニコレの闘病生活は本当に辛そうで、望まれれば親友として出来るだけの事をしてあげたいと思うのは最もだけれど、病を盾にしてとってもイラつくキャラでもあったので、共感とか同情とかあまり出来なかった。
★3

「ハンズ・オブ・ラヴ 手のひらの勇気」
freeheld.jpg
「アリスのままで」のように衰弱していくジュリアン・ムーア。
強い信念を感じる作品。
★3.8
2016年公開

「ジェーン」
jane got a gun
女性が主役の西部劇。
盛り上がりがない。
ラストは意外と強かだったわ(苦笑)
★2.5

「手紙は憶えている」
remember.jpg
後半、もしかしたらと予想がつくんだけど、面白かった!!
クリストファー・プラマーのヨタヨタ感と痴呆による曖昧な記憶のサスペンスが絶妙!
★4

「マダム・フローレンス! 夢見るふたり」
florence foster
仏版では訳が分からなかったけど、周りがフローレンスにオンチを伝えれなかった理由が納得。
彼女と夫と伴奏者とのトライアングルが微笑ましい。
★3.7
2016年公開

「ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー」 
rogue one a star wars story
良くできたスピンオフだった!
(最後のジェダイより面白かった、、、💦)
★4
2016年公開

「マリアンヌ」
allied.jpg
ミステリアスで美しく哀しい映画だった。
悶々と葛藤するブラピが気の毒で、、、(苦笑)
★4.3
2017年公開

「パッセンジャー」
passengers.jpg
宇宙船内の設定やロケーションは未来感がいっぱいだったけど、登場人物はほぼ2人、特にひねりもなく先が読める展開で目新しさはなかった。
ジェニファー・ローレンスは綺麗。
★3
2017年公開

「ジョイ」
joy.jpg
ジェニファー・ローレンスがGG賞最優秀女優を受賞、アカデミーにもノミネートされ、ブラッドリー・クーパーとロバート・デ・ニーロのデヴィット・O・ラッセル組?キャスティングでも未公開となった作品。
アイディア商品で一発逆転した主婦の実話、これまでのラッセル監督作品にしては身近な印象でストーリーも分かりやすく面白かった。
★3.8
日本未公開
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。