FC2ブログ

心のままに映画の風景

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。
2016年04月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2016年06月
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2016年05月
ARCHIVE ≫ 2016年05月
      

≪ 前月 |  2016年05月  | 翌月 ≫

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告 | Comments(-) | Trackbacks(-)

シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ

CAPTAIN AMERICA CIVIL WAR

人類の平和を守る“アベンジャーズ”の戦いは全世界へと広がり、その人的・物的被害の大きさから、国際的な政府組織の管理下に置くことが議論される。
一般市民を危機にさらしてしまったことへの自責の念から、トニー:アイアンマン(ロバート・ダウニー・Jr) は、アベンジャーズを守るためには受けざるを得ないの考えを示すが、「自らの行動は自らの責任で持つべき」というスティーヴ:キャプテン・アメリカ(クリス・エヴァンス)は反発、2人の意見はすれ違い、一色触発の緊張感が高まっていく。
そんな中、ウィーンで新たなテロ事件が発生し、バッキー:ウィンター・ソルジャー(セバスチャン・スタン )が容疑者として指名手配され、アイアンマンとの対立が深まる中、重い決断を迫られるキャプテン・アメリカだったが…。


「キャプテン・アメリカ」の第3弾。
“アベンジャーズ”の意見対立から2つに分裂、おなじみの面々に、アントマンやブラックパンサー、そしてスパイダーマンと新たなヒーローも参戦し、それぞれが信じる正義を胸に、敵・味方に別れて壮絶な戦いを繰り広げるさまを描く。

2016年 4/29公開 アメリカ映画
監督 アンソニー・ルッソ ジョー・ルッソ
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。