2012_04
26
(Thu)11:44

デスパレートな妻たち シーズン7

第3話 「幸せの在りか」 Truly Content (4/20放送)
Truly Content 11
ガブリエルカルロスは、赤ん坊取り違え事件の法的処置を取らないと誓約書にサインし、本当の子供探しを打ち切ることにした。
しかし、知らない女の子に母親と間違えられたガブリエルは、カルロスも承知だからと嘘をついてボブに調査を依頼をした。
ソリス家の本当の娘を見つけたボブに、相手方が感情的になっていると報告されたカルロスは、ガブリエルに怒りをぶつける。

うつ病と診断されたトムは抗鬱剤を処方されるが、薬に依存してしまうのは危険だとリネットはセカンドオピニオンを勧める。
今度は医療用マリファナが処方され、リネットは中身をオレガノとすりかえる。
気付かずにハイになってたトムは、落ち込んでいたカルロスとマリファナを吸おうとするが、これはオレガノだとカルロスに教えられ、リネットを責める。

スーザンの仕事は順調に進み、ボーナスまで手にするが、ある日、ステイシーという女性から、自分のパフォーマンスを盗むなと文句を言われる。
身に覚えがないスーザンだったが、動画を見ると自分のパフォーマンスをステイシーが演じていたため、こっそりステイシーの部屋に侵入し掃除機に細工をする。
スーザンとステイシーは、ボーナスを巡りバトルとなる。
Truly Content 16
ブリーたちに誘われ、ポーカーに参加したべスは、ポールがみなから嫌われていると感じる。
何かあるのではとマクラスキーさんに訪ねると、フェリシアの妹マーサ・フーバーを殺害した犯人だと、ご近所全員が疑っているのだと教えられる。

レネは、離婚した者同士で新しい男探しに繰り出そうとブリーを誘う。
自分にはその必要はないと断るブリーは、キースにガールフレンドを紹介され、気が変わる。
クラブで偶然キースと遭遇し、目をつけたレネは声をかけに行く。
彼女がいるから断ると安心していたブリーだったが、キースは今さっきフラれたばかりで、レネにお持ち帰りされてしまった。
慌てたブリーは、家のスプリンクラーを壊し、至急の用でキースを呼び出す。
ブリーの妨害を察知したレネは、「あなたを打ち負かすことが新しい趣味になった」と宣戦布告する。
Truly Content 10


うーん、やっぱりソリス家には大事件ですね(~ヘ~;)ウーン
これまで育てた子供が我が子じゃないと言われても、手離すことなんて出来ないし、本当の子供がどこでどんな暮らしをしているのか気になるのも当然。
でも相手がどんな状況かも知らず、真実を打ち明けるのはどうかと…
あのガブリエルがすんなりと納得できるわけはないとは思ったけど、見切り発射ですね~
ホワニータに深い愛情を持つなら尚更、軽率です。
カルロスにしてもとても複雑なんだろうしなァ~。
予告でチラッと出た相手方の娘と母親!
まんまジャン!!o(*^▽^*)o~♪

今週のトムちん(笑)
医療用マリファナもらってルンルンヽ(^◇^*)/ ワーイ
オレガノで土星の輪が見えたんかいっ(爆)
なんかな~本当にいつまでもボクちゃんなのよね
本当にうつの人に申し訳ないでしょ~ってなわけで、あっさり完治?!(爆)
しっかし、あちらは薬依存体質ですナァ~日本人は健全です

レネブリーのバトルが勃発(笑)
どちらもキツい女だわ(^_^;)
さしずめ、今回の乳バトルはレネの勝ち(笑)

スポンサーサイト
2012_04
20
(Fri)14:38

Black & White/ブラック & ホワイト

This Means War10

CIAエージェントのFDR(クリス・パイン)とタック(トム・ハーディ)は、偶然、同じ女性ローレン(リース・ウィザースプーン)と知り合い、恋に落ちてしまう。
公私において固い絆で結ばれてきた2人だったが、ローレンのハートを射止めようと、互いに諜報テクニックを駆使して相手のデートを妨害し始めるのだったが…。


ひとりの女性を巡り、恋のバトルを繰り広げるCIAエージェントの男たちを描くラブコメディ。

2012年 4/20公開 アメリカ映画
監督 マックG

続きを読む »

2012_04
19
(Thu)11:20

デスパレートな妻たち シーズン7

第2話 「ぎこちない結婚」  You Must Meet My Wife (4/13放送)
22You Must Meet My Wife
リフォーム業者のイケメンで年下のキースを意識し始めたブリーは、外出しようと車をバックした瞬間、自転車で通りかかったホワニータをひいてしまう。
幸い、大した怪我はなく、数日の入院で済んだが、義母の次は娘を殺すつもりかとガブリエルは大激怒!!
キースの存在が自分に刺激を与えすぎると感じたブリーは、彼をクビにする。
「人生降りるのはまだ早い、後で後悔しないことだよ」マクラスキーさんに言われたブリーは、また仕事に戻って欲しいとキースを訪ねる。
You Must Meet My Wife 90
O型同士のソリス夫妻から、A型のホワニータは生まれないと看護師に言われたガブリエルは、スキー旅行に出かけた時に知り合ったフランス人と、酔っ払ってエッチしたのではないかと思い込む。
カルロスに疑われないよう策を練るが、血液型の箇所が破られた退院手続き書類を見られ「全く記憶にないけれど、酔っ払ってフランス人と寝てしまったみたい…」と話した。
カルロスは赤ん坊が取り違えられた事実をガブリエルに話す。
You Must Meet My Wife 18
体調がすぐれないトムは、医者から「父親に起こる産後のうつ病」と診断されたとリネットに告げる。
男が産後うつだなんてと相手にしないリネットに代わり、レネはトムをディナーに連れ出し話を聞いてやる。
暇つぶしで夫婦の問題に口を挟まないでくれとリネットはレネに言うが、旦那が苦しんでいるのに話しをちゃんと聞いてやっていないと忠告される。
リネットは「男性と産後うつ病 子育ての不安」のパンフレットを読み、トムと何でも話し合うことにする。
ウィステリア通りに住むと決めたレネは、イーディーの家へ引っ越すことを決める。
それを聞いたトムは、「僕らに何があったか、リネットには一生知られたくない」とレネに言う。
You Must Meet My Wife 77
スーザンマイクに内緒でインターネットのセクシーサイトの副業を始め、大金を稼ぐ。
ウィステリア通りには、ポールを訪ねてベスという女性がやってきた。
ポールは妻だと紹介するが…。



わ、わ、わ~トムはレネと過去に何やらあったらしいっ
親友と、、、なんて、リネットが知ったら、一体、どうなるやら…
今回は、オープニングの病院シーンが爆笑でしたo(*^▽^*)o~♪
ポールがやってきてのお祈りや、アンドリューとブリーに激怒するガブリエルの言い草が最高
にしても、エッチしたかも・・・の言い訳が、セクソムニアだって、、、今更、、、(爆)
それに、ホワニータがフランス人って、、、(~ヘ~;)ウーン(大爆)
スーザンの副業もおっかしいですねぇ~~
彼女のポールダンスも見事だったけど、このハウスワイフも笑えるわぁ~
単調な家事は、ランジェリーとやり方でこんなにエロチックになるんだ(爆)
2012_04
12
(Thu)15:59

デスパレートな妻たち シーズン7

第1話 「戻ってきた男」 Remenber Paul? (4/6放送)
Remember Paul14
殺人罪で服役中だったポール・ヤングがウィステリア通りに戻って来た
死んだと思われていたフェリシアがスピード違反でつかまり、生きていることが判明し、ポールは刑務所から出ることができたのだった。
不動産仲介業のリーから、賃貸物件のスーザン宅を借りる。

5人目の赤ちゃんペイジを産んだリネットの元に、プロ野球選手の妻となったリッチでスタイリッシュな旧友レネ(ヴァネッサ・ウィリアムズ)が突然やってきた。
自信家でストレートなレネは、才能あるリネットが、ただの普通の主婦になって残念だと言い、主婦達に学生時代の勇ましい(笑)過去を話し出す。
気分を害したリネットは、ホテルへ行くように促すが、実は夫の不倫が原因で離婚を切り出され、NYの自宅を飛び出してきたのだとレネは言う。
それを聞いたリネットは、このまま暫く自宅に置いてあげることにする。
Remember Paul10
ブリーは、カルロスの母親をひき逃げしたのはアンドリューだとガブリエルに告白した。
もっと早くに話すべきだったと謝るブリーに「一生、話すべきじゃなかった。聞いた以上、カルロスに話さなくてはならないけど、言えば、アンドリューを殺して犯罪者になる」と言われる。
一方、カルロスは、赤ちゃんを取り違えたと病院から真実を聞かされ、ショックを受ける。
ホワニータを可愛がるガブリエルに真実を告げることができず、病院を訴えるか、なかったことにするかだと詰め寄るが、病院側ではソリス家の子供を捜し始めていた。
ガブリエルは「家族が安定して幸せに暮している今、カルロスの心を乱すようなことはできないから黙っている」とブリーに告げる。

ブリーとの離婚を決意したオーソンは家を出て行くが、何かと気をかけてくれるヘルパーのジュディと付き合っていると聞かされ、ブリーは唖然とする。
オーソンが選んだ壁紙を全部はがしリフォームを決めたブリー。
新しい壁紙を張りに内装業のキースがやってきた。
Remember Paul18
スーザンたちは、安い賃貸アパートで暮し始めた。
大家はスーザンがお金に困っていることを知ると、ウェブサイトに下着姿で家事をする主婦の映像を流す副業に参加しないかとすすめる。
いかがわしいと断るスーザンだったが、銀行のローンを断られ、アラスカへ出稼ぎに行くというマイクを留まらすため、内緒でその仕事を引き受けることにした。


いよいよ始まりましたァ~~
色々と波乱を予想できるような幕開けですねo(*^▽^*)o~♪
新メンバーは、強気で毒舌な超セレブなレネ
腕のタトゥーが凄い肉体派なキース
カムバック組のポールにフェリシアと、今回も一癖も二癖もある、濃いメンバーと濃い内容になりそう

レネがスカボー家や主婦達を混乱させるのかな(笑)
相変わらずなトムのオトボケぶりが笑える~反応するのは3Pかっ(爆)
スーザンは変なバイトに手を(身体?)を出し、ブリーはまさかこの内装業の男と…
当面の問題は、ソリス家の赤ん坊取り違え事件でしょうか
確かに、体型がカルロス似としても、ガブリエルには似てないホワニータ…
そう言えば、カルロスに髭がなく、、、一瞬、ダレ?役者が変わったかと思った~別人のようだったわぁ
6ヶ月、楽しみましょう~~(*^-゚)vィェィ♪
2012_04
07
(Sat)00:17

アーティスト

artist76.jpg

1927年、ハリウッド。
サイレント映画の大スター、ジョージ・ヴァレンティン(ジャン・デュジャルダン)は、新作のオーディションで新人女優ペピー(ベレニス・ベジョ)と出会う。
ジョージの何げないアドバイスをきっかけに、ぺピーはトーキー映画のスターへと駆け上がる一方、芸術家であることに誇りを持つジョージは、かたくなにサイレント映画に固執し、瞬く間にスターの座から滑り落ちてしまう…。


サイレントからトーキーへと移り変わるハリウッドを舞台に、スター俳優の葛藤と愛を美しいモノクロ映像でつづるサイレント映画。
ロマンチックなラブストーリーとサイレント映画へのオマージュで数々の映画賞に輝いた。
第84回アカデミー賞作品賞、監督賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞と5部門でオスカー受賞。
犬のアギーは第1回“ゴールデン・カラー賞”で最優秀俳優犬を受賞。

2012年 4/7公開 フランス映画
監督 ミシェル・アザナヴィシウス

続きを読む »

2012_04
05
(Thu)02:00

ドライヴ

The Ides of March48

自動車修理工場で働く卓越したドライビング・テクニックのドライバー(ライアン・ゴズリング)は、映画のスタントマンとして活躍する一方、夜は強盗の逃走を手助けする闇の仕事を請け負っていた。
ある日、同じアパートに暮らす人妻アイリーン(キャリー・マリガン)と出会い、次第に距離を縮めていく。
ほどなく服役中の夫スタンダード(オスカー・アイザック)が出所してくるが、多額の借金を背負っていた彼と家族のため、スタンダードが強要された強盗計画のアシストを引き受けるが…。


孤独で寡黙な男が、ある女性への愛のために危険な抗争へと突き進んでいくクライム・サスペンス。
デンマーク人監督ニコラス・ウィンディング・レフンは、本作で第64回カンヌ国際映画祭監督賞を受賞。

2012年 3/31公開 アメリカ映画
監督 ニコラス・ウィンディング・レフン

続きを読む »

2012_04
03
(Tue)15:55

スーパー・チューズデー ~正義を売った日~

The Ides of Marchp

ペンシルベニア州知事のマイク・モリス(ジョージ・クルーニー)は、米合衆国大統領の座を目指し、民主党予備選に出馬する。
モリスの選挙キャンペーンチームで広報官を務めるスティーヴン・マイヤーズ(ライアン・ゴズリング)は、決戦のキーポイントとなるオハイオ州予備選討論会の後、ライバル陣営であるダフィ(ポール・ジアマッティ)から密会の依頼を受け…。


アメリカ大統領予備選挙を舞台に、選挙戦の裏側をスキャンダラスに描いた政治サスペンス。
ハワード・ディーンの選挙キャンペーンでスタッフとして働いていたボー・ウィリモンによる戯曲「ファラガット・ノース」をジョージ・クルーニーが映画化。

2012年 3/31公開 アメリカ映画
監督 ジョージ・クルーニー

続きを読む »

2012_04
01
(Sun)11:36

4月公開映画

4月7日

「アーティスト」
アーティスト
監督:ミシェル・アザナビシウス
キャスト:ジャン・デュジャルダン ベレニス・ベジョ
第84回アカデミー賞、作品賞、監督賞、主演男優賞、衣装デザイン賞、作曲賞受賞。
犬のアギーは、第1回ゴールデン・カラー賞を授賞


4月14日

「青い塩」
青い塩
監督:イ・ヒョンスン
キャスト:ソン・ガンホ シン・セギョン 


4月20日

「Black & White/ブラック & ホワイト」
Black  White ブラック&ホワイト
監督:マックG
キャスト:リース・ウィザースプーン クリス・パイン トム・ハーディ
ティル・シュワイガー


4月21日

「裏切りのサーカス」
裏切りのサーカス
監督:トーマス・アルフレッドソン
キャスト:ゲイリー・オールドマン キャシー・バーク コリン・ファース
ゲイリー・オールドマンは第84回アカデミー賞主演男優賞ノミネート

「少年と自転車」
少年と自転車
監督:ジャン=ピエール・ダルデンヌ、リュック・ダルデンヌ


4月28日

「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」
ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン
監督:ポール・フェイグ
キャスト:クリステン・ウィグ マーヤ・ルドルフ ローズ・バーン ウェンディ・マクレンドン=コービー エミリー・ケンパー メリッサ・マッカーシー
第84回アカデミー脚本賞、メリッサ・マッカーシーは助演女優賞ノミネート

「アンネの追憶」
アンネの追憶
監督 アルベルト・ネグリン

「アーティスト」
「裏切りのサーカス」
「ブライズメイズ 史上最悪のウェディングプラン」
こちらの3本が今月の楽しみ

「青い塩」
「Black & White/ブラック & ホワイト」


「バトル・シップ」
「ジョン・カーター」
「テルマエ・ロマエ」

気分と時間次第^^
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。