FC2ブログ

備忘録として更新します。コメントありがとうございました。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- / Top↑
4798_12340232458THE KIDS ARE ALL RIGHT

レズビアンカップルのニック(アネット・ベニング)とジュールス(ジュリアン・ムーア)は、 同じ男性の人工授精で生まれた18歳のジョニ(ミア・ワシコウスカ)と、15歳のレイザー(ジョシュ・ハッチャーソン)と仲良く暮らしていた。
ある日、レイザーは、精子を提供した“父親”をジョニに探して欲しいと頼む。
レストランのオーナーであるポール(マーク・ラファロ)が、生物学上の父親であることが判明し、2人は母親達に内緒で彼を訪ねる…。


精子提供で、それぞれが妊娠出産したレズビアン・カップルと、次第に父親の存在が気になり始めた子供たちが織りなす人間模様を、ユーモアとコミカルなタッチで綴る家族ドラマ。
アネット・ベニングは、アカデミー賞主演女優賞にノミネート、マーク・ラファロはアカデミー賞助演男優賞にノミネート。

2011年 4/29公開 アメリカ映画
監督 リサ・チョロデンコ
スポンサーサイト
2011.05.06 / Top↑
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。