FC2ブログ

カティンの森 

2010, 03. 03 (Wed) 17:07


1939年、ポーランドはドイツ軍とソ連軍に侵攻され、ポーランド軍将校たちはソ連の捕虜となった。
アンジェイ大尉(アルトゥール・ジミエウスキー)の妻アンナ(マヤ・オスタシャースカ)と娘は、彼の帰りを待ち続ける…。

第二次世界大戦中の「カティンの森事件」を映画化。
長い間明らかにされてこなかった同事件の真相を描く。


犠牲者への鎮魂映画{★★★3/5}

1939年9月、西からドイツ、東からソ連の侵攻を受けたポーランド。
同盟国であったイギリスとフランスがドイツに宣戦布告し、ポーランド侵攻は第二次世界大戦に拡大。
ドイツとソ連に分割され占領されたポーランドで、ソ連の捕虜となった約1万5000人のポーランド将校が行方不明になり、1943年、カティンの森で遺体で見つかった。
独ソ戦の中、ソ連はドイツによる犯罪と主張。

カティンの森事件については
こちら
こちら

アンナは夫のアンジェイ大尉を探しドイツ側からソ連側へと入り、何とか再会を果たすが、アンジェイはソ連軍によって移送されて行きます。
アンナを中心に、帰りを待つ家族の心情を描きながら多くの悲劇が語られていきます。
オープニング、どちら側にも安泰があるわけではないけれど、橋の両端から逃げる人々が交差し、
紅白のポーランド国旗は二つに引き裂かれ、赤だけにされてしまう。
大学教授であるアンジェイの父は、強制的にナチに監禁され、ある大将夫人ルジャは、ドイツから事実を教えられプロパガンダに協力するよう求められます。
ソ連の捕虜として囚われたアンジェイは、出来る限り事実を手帳に記すことにします。
photo_01_hires.jpg
第二次世界大戦の虐殺がまだあったという事実とラストに見せられるむごいシーンは衝撃的でした。
加えて、ソ連の支配下に置かれたポーランドで、この虐殺の事実を公にすることはタブーであり、ソ連が事実を正式に認めたのが1990年になってからと言うことにも驚きと怒りを覚えました。
戦争映画を観るといつも思うことは同じですが、
これほど悲惨な出来事なのに真実を語ることを許されなかった国民感情や犠牲者に対して、より一層の虚しさを感じずにはいられませんでした。
私達はみな同じ人間なのにどうして……
大国に囲まれているポーランドが、常に他国からの侵略を受け続けてきた歴史の宿命なのでしょうか。
哀れみも戸惑いもなく次々と機械的に行われていく衝撃的な映像が終ると、無音で流れるエンドロールは黙祷だと感じました。
アンジェイ・ワイダ監督の父親が虐殺の被害者の一人であったそうで、
このような事実を世界に知らしめた意味でとても意義のある作品だと思います。

ただ、戦争映画としては登場人物の関連性や必要性が少し分かりづらくて、信じて待ち続ける家族の苦悩など伝わりにくかったです。
アンナを匿った将校やアンナの甥のエピソードなど、サクサクと進んでいくので、それぞれの人に感情移入をする暇がなく、ルジャ夫人の元家政婦が市長夫人になったとか、その経緯なども推測するしかないエピソードが多かったように思います。
なのでこの映画はドラマ構成などで人々に感銘を与える目的ではなく、偏に知られざる“カティンの森事件”の真実を描き上げたかった監督の執念のような作品だと感じました。
ドキュメンタリーの側面で観た方が良いかも知れませんが、またひとつ戦争の史実に向き合わされる深い作品でありました。

2009年 12/5公開 ポーランド映画
監督 アンジェイ・ワイダ