fc2ブログ

僕たちのアナ・バナナ 

2008, 11. 10 (Mon) 15:25

PCBP50865_l僕たちのアナ・バナナ
ニューヨークに住むカソリックの神父ブライアン(エドワード・ノートン)と、
ユダヤ教のラビ、ジェイク(ベン・スティラー)は幼な馴染みで大の親友。
二人の説法は、斬新で楽しく人気を集めていた。

ある日、幼馴染みのアナ(ジェナ・エルフマン)から、仕事でニューヨークに数ヵ月間滞在すると連絡が入る。
憧れのアナと再会した二人は再び恋心を抱くが、ラビと神父という立場が思わぬ障害に…。

エドワード・ノートンが監督デビューを果たした作品。
変わらない友情と愛情を描く。
ben_stiller7KEEPING THE FAITH
宗教の事は解からなくても、気楽に楽しめるラブコメでした。
会話がスマートだしNYの街並みも雰囲気あります。
主人公二人の神父とラビの設定は、普通の人のような恋愛には発展できない…
神父は結婚を禁じられているし、ラビはユダヤ教の女性としか結婚できないので、
色々と制約がある中、魅力的なアナの存在は戒律を破りたくもなるでしょう~(笑)
しかもアナが惚れるのは、ジェイクの方だったから(何で?)
勘違いしちゃうノートンが、可愛い♪
カラオケも歌ってましたねぇ~バリー・マニロウだったかな♪
神父姿も似合っていたし、彼のなで肩が一層の情けなさを表していました(笑)
ben_stiller4KEEPING THE FAITH
edward_norton3KEEPING THE FAITH
アナがどうしてジェイクを好きになったのか?
普通なら、ブライアンでしょう?!(笑)
ブライアンに、神父の恋愛やセックスはどうなるの?と確認してたから、
もしや、こりゃダメだと思ったのかな(意地悪目線~笑)
ジェイクのことが子供の頃から好きだったの!!みたいな~何か熱いエピでもあれば良かったのになあ~とも思いました。
ちょっとブライアンとアナは身勝手な印象は残りますが、彼女も改宗するほどだから愛は本物なんでしょう。
ben_stiller2KEEPING THE FAITH
「アマデウス」「宮廷画家ゴヤは見た」のミロス・フォアマン監督が出ていたと後で知りました。
多分、ブライアンの上司(?)神父さんだったと思います。

コメディなノートンも良かった。
「ハルク」もノートンが?!想像できない!と思ったけど、どんな役柄でもすんなりと演じていて、違和感を与えない器用な人ですね。
ベン・スティラーの笑いは好きなほうなので、最初のお見合いした女性との絡みはかなり笑えました!
カラオケ販売店の店員くんも可笑しかったです!
 
2001年公開 アメリカ映画
監督 エドワード・ノートン